ピアジェと学びに関する彼の理論

· 2018年11月8日

ジャン・ピアジェは、心理学において非常に尊敬された権威のある人物です。彼が展開した子ども時代の認識的学びにおける理論によって、彼は現代教育学の父と考えられるようになりました。論理的思考の原則が、言語の習得より先に形成し始めるということを発見したのはピアジェです。感覚・運動活動や環境とのコミュニケーションの中で形成されます。特に、社会文化的環境です。それでは、ピアジェの研究と学びについてみていきましょう。

生まれてから始まり、大人になって完了する心理的な成長は、体の成長に似ています。均衡状態に向けて常に進化を遂げているのです。私たちの体は、成長の完了から器官の成熟までは比較的安定したレベルにあります。同じように、精神生活も成人として到達する最後の均衡に向かって進化し続けると考えられます。

ピアジェと学び

学びの心理に関するピアジェの理論は、精神的な発達、言語、遊び、理解力に基づいています。だから、教育者の初めの課題は興味を抱くことです。この興味が、生徒を理解しコミュニケーションをとるための道具になります。これに関する研究は、40年以上にわたって行われてきました。この理論は子どもをより良く知り、教育法を改善するだけでなく、子どもを人として大切にすることを目的としています。

「学校での教育の主な目標は、先人が行ったことを繰り返すだけでなく、新しいことを行う能力がある人を育てることだ。クリエイティブで、感覚的で発見者である人。自分の前に差し出されたすべてに関して、批評的で、ただ受け入れるだけでなく検証できる人間だ。」

-ジャン・ピアジェ-

勉強

ピアジェの主な考え方は、子どもの本質と大人になってからの機能性を得るためには、子どもの精神的なメカニズムを理解することが必須としています。彼の教育理論は、心理、理論、生物学に基づいています。これは、彼の思考の定義の仕方や、どのように遺伝子によって条件づけられているか、どのように文化的な刺激によって構築されるかに現れています。

どんなに無意識的で受け身的に思えても、人は情報をアクティブに受信しているのです。

適応することを学ぶ

ピアジェの学びの理論によれば、学びとは変化を経験しているときにこそ意味を成すプロセスです。それゆえに、学びとはこれらの変化に適応することを学ぶことでもあります。この理論は、同化と順応のプロセスを通じた適応の力学を説明しています。

同化とは、社会的レベルで環境から刺激を受ける方法を指します。順応は、環境の要求への反応としての現在の社会の変更を暗示します。同化と順応を通じて、人は精神的に成長しながら学びを再構築しています。 これを表わす単語が、認識再構築です。

同化と順応

この順応は、新しいものを構造に組み込むために、本人が計画や認識的構造を変更するプロセスです。これは、新しい計画を作ったり、既成のものを変更して新しい刺激やその関連行動が組み込まれるようにすることで可能になります。

同化と順応は、認識的発達における2つの平行したプロセスです。ピアジェにとって、同化と順応はバランスを取るためにお互いに影響しあう要素です。これは同化と順応の間の関係を決める、高次の統制の過程だとも言えます。

パズル

ジョン・レノンは、人生とは他の計画を立てているときに起こることであり、ほとんどの場合はそうであると感じると語っていました。人間は、安心して生きるためのある程度の安定が必要です。だから、永遠という幻想を作り出すのです。すべてが静的で何も変わらないと想像しますが、それは事実ではありません。自分を含め、すべてがコンスタントに変化しています。しかし、変化が明らかになってそれに直面する以外選択肢がなくなるまで、私たちがそれを意識することはあまりありません。

「知性とは何をすべきかわからないときに使うものだ。」

-ジャン・ピアジェ-

言語を通じて社交する

子ども時代の初期には、知能の変化が見られます。簡単な感覚的運動機能あるいは実用的なものから、言語と社交の影響を受けてきちんとした思考へ変化していきます。

言語は、その人が自分の行いを説明するのを可能にすることで知能に影響します。過去の構築を可能にし、以前のふるまいの助けや導きとなった瞬間や状況を思い出させてくれます。

それを言葉に変換して、まだ起こっていない未来の行動を予期する助けにもなります。これは、認識プロセスとしての思考のスタートポイントで、ピアジェ自身の考えです。(Piaget 1991)

言語自体は、すべての人に備わっており、集団思考の広いシステムを通じて個人の思考を強化する理論と気づきを結びつけます。自分をこのように表現できた時、子どもは成長の後期の段階に到達します。こういった意味で、かつ一般的なレベルで、姿勢と思考に同じことが起こります。

発見した新しい現実を受け入れ構築する代わりに、子どもはもっとゆっくり進まなくてはいけません。子どもはこの情報を自分の性格と行動に統合しなくてはいけないんです。その自己中心的な同化は、子どもの思考の始まりと社会への溶け込みの始まりを意味します。

手つなぎ

「良い教育は、子どもを本当の人生の経験ができる状況に送り込むことである。言語はこれらの状況を予期するのに役立つ。」

-ジャン・ピアジェ-

進化のエンジンとしてのふるまい

1976年、ピアジェは『進化の動力としてのふるまい』と題された小さな本を出版しました。この本の中で、彼はふるまいが進化的な変化における決定的な要因として機能していることに関しての見解を述べています。ピアジェによれば、進化は生体の行動によるメカニズムの結果だけのお陰ではありません。

ピアジェは、主にネオ・ダーウィン派的な立場を取っています。生物的な進化は自然淘汰だけで起こるわけではないと信じています。ここでいう自然淘汰とは、無作為の遺伝的変動、生存率や生殖能力の違いを指しています。

この見方では、進化とは私たちの振る舞いからは独立したプロセスであることになります。つまり、それが良いか悪いかは別として、完全に無作為の突然変異や世代を超えた遺伝によって引き起こされた変化によってのみ説明できる、ということです

ピアジェにとってふるまいとは、環境と常にやり取りするオープンシステムとしての生体の普遍的な力学の現れです。これは進化的変化の要因にもなります。

ふるまいがこの機能を全うしたメカニズムを説明するために、ピアジェはエピジェネティクスのコンセプトを、同化と順応における自らの適応の説明モデルにあてはめました。エピジェネティクスとは、経験に基づく表現型を構築するための遺伝子型と環境の相互のコミュニケーションです。

「子どもに何かを教えるとき、自分で何かを学ぶチャンスを奪ってしまっている。」

-ジャン・ピアジェ-

箱

ピアジェは、すべてのふるまいには内的な要因が介入すると言います。さらに、すべての動物・人間のふるまいは、環境の条件に適応することを含んでいるとも説明しています。これは、私たちが過去の振る舞いの構造に統合する方法として理解している認知的同化に加えて起こります。

現代の教育におけるピアジェの貢献

教育におけるピアジェの貢献は、教育論の形成において非常に大きなものです。ピアジェは、遺伝心理学の父です。これは、理論やそれを中心に生み出されてきた教育策に大きな影響を及ぼしました。これは、時間とともに形が変わっていく自然な変化とは異なるものです。

ピアジェの貢献によって、多くの重要な論文が発表されてきました。彼の功績は、生理的、心理的、論理的視点からの人間の思考に関する発見を中心としています。「起源的心理学」という用語は、ただの生物的、生理的文脈だけで考えられるべきではありません。(「起源的」は英語で「genetic」と表記され、「遺伝的な」という意味もある。)これは人間の遺伝子を意味しているわけではないからです。「起源的/genetic」とされているのは、彼の研究が創世記や人間の思考の起源に関連して行われているからです。

ピアジェの現代の教育における最も素晴らしい功績のひとつは、教育目標についてです。この目標は、子どもの教育の1年目には質の高い認知発達を達成するべきであるというものです。これこそ子供の学びにおいて一番初めに注目されるべきことです。欠かせないもので、子どもは家でこれを学ぶべきです。これらのルールや規制によって、子どもは学校環境にうまく適応していくことができます。

教育の2つ目の目標

これもまたピアジェの功績です。今日でもいくつかの学校で反映されています。子どもが教室で受ける理論的教えは、それだけでは知るべきことすべてを学ぶには十分ではないということです。学びは、知識の応用、実験、デモンストレーションなど他の教育法も含まれるべきです。

教育の2つ目の目標は、批判的な精神を育てることです。自分の前に差し出されたすべてに関して、批評的で、ただ受け入れるだけでなく検証できるようにトレーニングされるべきです。今日の脅威は、すでに存在している話題、集団的意見、傾向です。これらの考えに挑戦し、正しいものとそうでないものの見分けがつけられなくてはいけません。

-ジャン・ピアジェ-

挙手

教育の主な目標は、過去の世代の功績をただ繰り返すだけでなく、改革することができる人を作り出すことです。創造者、改革者、発見者であるような人を生み出すことが教育です。教育の2つ目の目標は、批判的な精神を育てることです。自分の前に差し出されたすべてに関して、批評的で、ただ受け入れるだけでなく検証できるようにトレーニングされるべきです。(Piaget, 1985)

ピアジェの理論を見ることで、先生たちは生徒たちの思考がどのように進化しているかを知ることができます。彼の理論の中心的な考え方は、知識は現実のまねではなく、人の環境とのコミュニケーションの産物であるということです。この知識は、個人個人によって違うもので、既存のどの知識とも違っているのです。

参考文献

Piaget, J. (1987). The moral judgment of the child. Ediciones Martínez Roca.

Piaget, J. (1981). The theory of Piaget. Childhood and Learning, 4 (sup2), 13-54.

Piaget, J. (1985). Building up reality in a childthe child.

Piaget, J. (1969). Psychology and pedagogy. Barcelona: Ariel.

Piaget, J. (1991). Six studies of psychology.

Piaget, J., & Inhelder, B. (1997). Psychology of the child (Vol. 369). Morata editions.