精神的成熟の7つの特徴

· 2018年10月23日

感覚は、ただの感情より複雑です。他人と深く結びつき、かつ理性的な要因も持っています。精神的成熟とは、経験と心の知能の産物である感情的なしるしと定義することができるでしょう。

精神的成熟には終わりがありません。特定のレベルに達した時、比較的安定した性格の一部になります。これは個人的な経験の結果であり、状況の変化に左右されることはありません。

「成熟とは、言い訳なく受け取ることができて、物事がうまくいっていなくても文句を言わない能力です。」

-ジム・ローン-

心理学のその他の現実同様、精神的成熟は理論でも議論でもありません。実践の中に現れるものです。それゆえ、様々な方法、姿勢、行動で示されます。その例をいくつか見てみましょう。

1. 自己認識

自己認識は、客観的に自分の特徴を認識できる能力です。本当の自分を見抜くことができる能力を育てることでもあります。自分の行動を見直して、そこから結論を見出す力です。

自己認識によって、様々な状況における自分の行動を予想することができます。自分の傾向や苦手なものを知ることです。自分の行動に対する責任を取り、自分のモチベーションを知る能力です。

 

絵画
2. 安定性の探求

感情的な安定の特徴のひとつは、安定性の探求です。これはコンフォートゾーンを作り出す必要性や、前に進むことを阻止するような欲求と混同してはいけません。

安定性の探求とは、行動に一貫性を持たせ、すべてが意味をなすようにすることです。それは分散の反対です。バックパッカーになることに生活の安定を得る人もいるでしょう。本当の不安定さとは、何かを始めて終わらせるのとは違って、新しい始まりを見逃してしまう継続的なサイクルの中にいることです。

3. 現実主義

これは、事実に適応する能力です。あるがままに受け入れ、主観を押し付けないようにします。つまり、自分の望むようにだけ見たり怖がるのではなく、世界をあるがままに見るということです。

現実主義は精神的成熟へ導きます。さらに、これによって現実主義と適応力がさらに強化されます。これはお互いがお互いを支え合う2つの異なる局面です。現実的でいることは、夢見たり、幻想を抱いたりすることをやめることではありません。自分の外の世界で起こっていることの違いを知ることです。

ドア
4. 自分の様々な側面への注意

生活に関わる様々な側面を探求できる能力も精神的成熟です。体、 精神、想像、思考、満足感、苦しみなどから人は成っています。

多くの場合、仕事の経験、感情的な側面、家族的な側面に注目してしまいがちです。苦しみや幸せにだけ空間を与えることも良くあります。完全な人生は、自分の存在の異なる側面を受け入れることです。

5. 人生のアップダウンへの理解

精神的成熟にたどり着く時、人生のアップダウンは人生の本質的な事実だと理解します。間違いも成功もあり、どんなに安定していても悲しみや幸せを生み出す状況は生まれます。

学べるのは、悪い経験はすべてが悪い方向に向かっているという意味ではないということです。良い経験はすべてが上手くいっているという意味でもありません。すべてが人生の一部で、逃げたりしないで生きる価値があるものです。

夕日
6. 感情、意思、コミットメントにおける一貫性

自己認識と現実主義によって、精神的成熟の一部である一貫性に到達します。別の言葉で言えば、責任を取りさえすれば好きなことができるということです。

コミットメント、実現するための意思、達成したいという願いに、基本的な一貫性があります。送っている人生を諦めたり、過去を忘れる余地はありません。ただ単に、責任を負いながら生きたいように生きるのです。

植物
7. 自制

自制は、反応や行動を調整して、状況や目的に適応させる能力です。つまり、感情や反応の激しさが自分にとっての妨害にならないようにすることです。

自制は、抑制とは違います。「耐えたり」、「見逃したり」することではありません。感情を表現する方法です。理解を育てながら理解される状況です。

人間は、これらの局面において成熟にたどり着くことはできます。人を導く様々な局面に直面して、バランスを見つけるために努力できます。この力を育てれば、人生はもっと充実するのです。