心の知能に対する9つの質問

· 2018年9月17日

「人は誰でも怒る。」かの有名な古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスはそう述べています。しかし、適切な相手に正しいタイミング、目的、温度を持って怒ることなんて、もちろん難しいことです。

今回は、このような問題に対処する時の、心の知能という複雑な感情管理のコンセプトについて話していこうと思います。

その前に、あなたは心の知能について詳しく知っていますか?まずは、このコンセプト明確にしてから進めていきましょう。

1.心の知能とは?

心の知能指数という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。しかし、心の知能が高いということは、何に対してもやる気があり、非常に楽観的で、高い自尊心を持っているということなのでしょうか?答えは「いいえ」です。これは様々なタイプの感情を処理することを意味するのです。

近年、自尊心や自己概念、そして心の知能を成長させる重要さについて繰り返し耳にしていると思います。このように、私達が身に付けなければいけないスキルはたくさんありますが、その方法を理解していないのが現実です。

なぜかというと、専門家(ピーター・サロベイやジョン・D・メイヤーなど)が心の知能について話すとき、達成するべき能力や特定の性質として捉えているからです。例えば、その中には性格、やる気、感情などの形質が挙げられます。(ダニエル・ゴールマンもそう述べています)

ハートと女性

2.心の知能は形質であるとする考えが意味するものとは?

1で述べた内容は、「非常に感情的な人」になるよう「強制」することの問題点を浮き上がらせます。心の知能を能力や形質と関連させることは、感情的な能力を共感や忍耐力、楽観性、そしてやる気と区別しないということです。

もちろん、大きな考え方で捉えると、全てのものは関係していると思うこともできますが、こんなにも複雑な感情を1つのタイプとして考えることはできるのでしょうか?誰かに自分の感情を、「あなたはこのタイプだね」と区別されたいですか?そんなことは無いと思います。ですので、心の知能は混乱を生みやすいのです。

「精神生活の様々な部分(心の知能など)を包括しているのは人格です。心の知能が人格を司るのではありません。」

もしこれを理解した上で批判的になれば、この考えを正しく理解しないままの心の知能を高めるアドバイスに惑わされることはないでしょう。感情的な安定を達成するためには、それを完全に自分のものにしなければいけません。

つまり、サロベイやメイヤーの心の知能を次のように解釈するべきです。

「自分自身や他人の感情を読み取るという、洗練された情報を処理できる能力。また、この情報を思考や行動のガイドとして利用できる能力。つまり、心の知能の高い個人は感情に気を払い、それを利用、理解、管理できる人であり、このような技能は応用することで自分自身や他人に役立つ。」

大きな手に摑まえられる女性

3.なぜ最近この言葉を聞くようになったのか?

心の知能に関する研究者やコーチ、そしてメディアが心の知能に注目してきたおかげで、社会は「目覚め」の時期にあります。これは世界中に浸透し、伝統的に感情を罰してきたような社会にも到達するようになりました。

一般的に、私たちが何かを決断する時、気持ちは自分たちを弱く、能力の低い人間にしてしまうと考える傾向があります。そして、感情の中には倫理的優位性は存在しないと気づくでしょう。人間の感情と思考、そして感覚を切り離すことはできないため、このような選別は間違いなのです。

4.感情が担う役割とは?

感情は必要不可欠な役割を持っています。感情や気持ちが無ければ、毎日生きていくことはできないでしょう。起きてから寝るまで、感情は私達の行動に影響します。寝ている時に見る夢に感情が存在しないと思っても、感覚は覚えているのです。

人間は感じると同時に何かを考えており、どのような状況でも感情を生み出します。そして、この感情は間違いなく、私たちの行動や決断、そして人生の歩み方に影響を与えているのです。

泡のハートと女の子

5.私たちはどんな間違いをしてしまうのか?

私たちはネガティブな感情を、痛々しく、居心地の悪いものだと考えているので、よくその感情を拒絶しがちです。そして、ただ無視するだけでなく、他人がそう感じていることに対しても責め立てます。例えば、子どもがかんしゃくを起こした時、よく「泣いちゃダメ」や「大丈夫でしょ」と彼らの感情を否定します。すると、子どもにとってその言葉が「強い人間は泣かないし、挫折しない」といったメッセージに変換されてしまうのです。

6.悲しみや怒りは健全なこと?

もちろんです。驚くかもしれませんが、悲しみや怒りなどのネガティブな感情は不合理なことではないと認識しなければいけません。むしろ、その感情はある目的を持って私たちの中に現れることを知っておきましょう。

自分の感情を受け入れないことは悪い影響を及ぼします。全ての感情には何らかのメッセージがあり、それを隠すことはできません。極端な例えでいえば、ほこりアレルギーの人が、自分には影響がないと言い聞かせてカーペットの下を掃除しようとしたりしないのと同じです。自分を知っているからこそ、そのメッセージや状況に対処できるのです。

「感情の重要性に気付かず、心の健康をチェックしなければ、そのネガティブなものから逃げることはできません。日々全ての感情には理由があり、それらが私たちに送っているメッセージを無視することはできないのです。」

鳩と女

7.感情を理解しないとどうなるのか?

感情が伝えることを正しく抽出しないと、決断や考えに影響を及ぼします。自分を知らないということは、自分自身を拒絶、抑制、そして責めることなのです。

自分の考えたことが活発で適切であるほど、感情は現れるようになります。私たちの基本的な幸福はこの心理状況と心の健康によって決まるのです。

8.職場での感情の役割とは?

仕事も常に変化しています。学力や訓練、そして経験など様々な評価がありますが、他人との関わり方も考慮しなければいけません。

自分の感情や他人の感情をどのように管理するのかは、私たちの能力によって左右されます。これは、「ポータブルスキル」と呼ばれており、心の知能の生みの親であるゴールマンが作った、性格や人柄など、資格や経験だけでは分からないスキルを評価するための基準です。心の知能は、「ただの知能」よりも成功に関係しています。職場での柔軟性と適応能力を助けてくれるでしょう。

「会社にとっても、働く人にとっても、そして社会にとっても、心の知能が低いことはマイナスです。働く以上、この現実を無視することはできません。」

ハートと靴

9.この社会で心の知能を学ぶには?

私たちが学ぶべきことはたくさんあります。しかし、子どもや若者にとって、学校での感情の教育は今なお解決していません。しかし、革命を起こすには、私たち大人が感情を管理するということを再学習し、理解する必要があります。どのように感情を育むかがとても大切だということを覚えておいてください。