子どもの感情の発達過程

2019年10月13日
子どもの感情の発達は、いつ、どのように起こるのでしょう? その答えを探りましょう!

子どもは感情の発達過程で、感情の起源や発達に気づきます。人の表情を読み、社会的属性に基づき、それを解釈し始めます(1)。子どもの感情の発達過程において期待される感情の変化や成長は、2つの分野に由来します。ひとつは、子どもの属性において生じる経験、もうひとつは成長です。

属性や環境を考慮することにより、子どもは、自分や人に関し、感情における目標を設定します。子どもが示す感情のタイプは、過去の経験に基づき大きく異なりますまた、今までの学習も関係します。これらの結果、理解、感情調整、共感的反応において重要な発達につながるのです(3)。

それでは、子どもの感情の発達の3つの側面についてお話します。感情面でこれがどんなに有能であるかおわかりいただけるでしょう(2)。

子ども 感情 発達

 

感情的理解

子どもの感情の発達過程で、理解の習得は非常に重要です。私達は子どもの感情を理解し、また、感情の交錯、表現規則も理解しています。

自分の感情を用いて物事を見る感情の理解は、幼い頃に発達します。幼稚園の男の子、女の子は様々な感情が発生する様々な状況を経験します(2)。友達や友達のしたいこと、必要としていることを考え始める時が、感情を理解し始める時なのです。

感情的視点や理解の度合いは、育った環境や家庭に左右されます。また、子どもの願いや期待は、属性的要因や個人の性格とも関係します(4)。

また、社会が感情表現の様々な規則を後押します。子どもはモデリングや非直接的学習を通し、これらの規則の理解を習得します。また、文化的要因は、感情表現を規定し、制限をかけます。感情表現の原則の理解には、次のような側面があります。

  • 表現の度合い
  • 抵抗
  • 抑制

もうひとつの側面は、感情の交錯の理解で、これは衝突しあう感情の存在をよく知り、識別する力です(2)。感情の交錯の理解の可能性は、小さな子どもが感情の大きな負荷と安定した関係をもつ時に、器用さを身につける基礎的ポイントになります(5)。

 

子どもの感情の発達における感情調整

私達と現実を近づけるのが感情です。これができるようになるためには、その状況や目的に対し一貫性と柔軟性が必要です

状況に合わせた、多様な感情調整ストラテジーの使い方があります。その状況から何を得たいかにより、子どもは次第にどのストラテジーがどんな状況にあうかを学ぶようになります。

コントロール、発達、吸収の柔軟性に、適応行動や社会感情調整の情勢の有効性が表れます

子ども 感情

 

子どもの感情の発達における共感

共感とは、人の感情を理解する力、人の感情にあわせて反応する力です(2)。感情的要素で、次を満たした時はじめて子どもは共感できるようになります。

  • まず、自分の感情を理解する
  • 次に、人の感情を理解する
  • そして、自分の感情を調整する

この3つは、社会的状況に向けられたもので、子どもは自分の目標の範囲を分析し、感情的行為を強調し、また、なぜ自分は様々な感情を抱くのか理解するようになります(7)。

そのため、多くの要因が子どもの感情の発達に影響を与えるのです。ストラテジーを発展させるためには、まず、家庭や社会的環境が、子ども達がうまく感情を発達させられる環境である必要があります。

  1. Izard, C. E. (1994). Innate and universal facial expressions: evidence from developmental and cross-cultural research.
  2. López, G. C. H., & Vesga, M. C. G. (2009). Interacción familiar y desarrollo emocional en niños y niñas. Revista Latinoamericana de Ciencias Sociales, niñez y juventud, 7(2), 785-802.
  3. López, F., Fuentes, M. J., & Etxebarria, I. O. MJ (1999) Desarrollo afectivo y social. Madrid: Pirámide.
  4. Gnepp, J., & Chilamkurti, C. (1988). Children’s use of personality attributions to predict other people’s emotional and behavioral reactions. Child development, 743-754.
  5. Brown, J. R., & Dunn, J. (1996). Continuities in emotion understanding from three to six years. Child development, 67(3), 789-802.
  6. Dennis, T. (2006). Emotional self-regulation in preschoolers: the interplay of child approach reactivity, parenting, and control capacities. Developmental psychology, 42(1), 84.
  7. Sroufe, L. A., & Donís Galindo, M. S. (2000). Desarrollo emocional: la organización de la vida emocional en los primeros años. Oxford University Press México,.