認知刺激のカギとなる運動

2019年9月17日
認知刺激の基本的な運動について知りましょう。

ここ数年で脳に関する様々な重要なことが分かってきています。例えば脳はとても弾力性があり、形を変化させることが出来ます。また神経変性疾患の脅威に直面した時に重要な役割を果たす、認知予備力があることも分かっています。今回は認知刺激のカギとなる運動をご紹介します。

それにはまず、刺激、リハビリテーション、認知トレーニングの違いについて説明しましょう。

こちらもご覧ください アルツハイマーにおける精神錯乱

 

認知セラピーの異なる種類

認知リハビリテーション損傷を受けた認知機能の再生を目的としたアクティビティが含まれます。この損傷の要因はトラウマ、中度の認知欠陥、または鬱なども含まれます。

認知刺激認知欠陥を遅らせることを目的としたアクティビティが含まれます。

認知トレーニング;認知パフォーマンスを最善の状態にし、それを維持するアクティビティです。将来的な認知低下の予防や認知予備力の改善に役立ちます。

これら3つは、認知機能に対する非薬理学的介入です。これらを使用することによって、能力を改善したり、少なくとも低下にブレーキをかけることが出来る場合があります。

ハラ(2007)によると、認知欠陥のある高齢者にとって、これらは生活の質を向上させることに役立つ手段になるそうです。

認知刺激 運動

 

認知刺激

今回は認知刺激に焦点を当てます。ビバルラとエスパート(2014)によると、この治療には多くのメリットがあるそうです。彼らはこの手法には副作用もなく、またどのような薬剤を用いることがないという事を強調しています。

加えてセラピストや他人と個人的に関与する機会が増えるため、患者の態度や認知スキルの向上がみられます。

また持っているリソースをどのように最大限に活用すれば良いかを学ぶことの出来るアクティビティもあり、これは確立されたスキルを実践するのに役立ちます。

認知刺激は他の治療のように多額の資金がかからないことも魅力的です。

それでは効果が確認されている簡単な運動をいくつかご紹介しましょう。

 

認知刺激のカギとなる運動

認知刺激の運動は、従来のものから、注意力や記憶の改善に役立つもの、新たなテクノロジーを使った脳トレーニングまで色々あります。

こちらもご覧ください 集中力;簡単な技で改善する方法

 

記憶に関連する認知刺激の運動

画像や写真;これは短期記憶の向上に役立ちます。まずは写真をじっくりと観察し、数分後、今度はそれを出来る限り詳細に至るまで思い出します。

・神経衰弱などの昔からあるトランプゲーム;カード全部を伏せた状態で広げ、どこにペアが置いてあったか思い出しながらめくります。

・誰かが作った言葉のリストを使った手法;オンラインで見つけることも出来ますが、自分で作っても良いでしょう。

認知刺激 運動

 

注意力の範囲に関するアクティビティ

家庭で出来るものとして、異なる様々な種類の文章を声を上げて読むという方法があります。自分1人で読んでもいいですし、誰かに向かって読んでも良いです。一通り読んだら、いくつかそれに関する質問、回答をして注意力を広げていきましょう

また記憶に関するアクティビティでしたように、画像や写真を使ってすることも出来ます。出来るだけ細かい部分まで覚えるよう努力しましょう。

 

計算力を刺激するアクティビティ

このスキルを磨く方法はいくつもあります。ひとつはランダムに与えられた数字を高い順、または低い順に並べます。

頭の中で計算するのも良いです。最初は簡単なものから始め、徐々に難しくしていきます。

また適当に思いついたランダムな高い数字から、一定の数字を引き算していくやり方もあります。例えば27から3を連続して引いていきます。

 

認識とオリエンテーションアクティビティ

認識またはオリエンテーションでは、時間、空間、個人の社会環境の3つの領域に働きかける必要があります。認識の欠如のサインが出始めた時に行うと良い作業、一般的な認識の向上には次のような方法があります。

・今日は何年、何月何日

・現在の季節は

・その時間帯、普段は何をしている?(朝ごはんを食べる時間、など)

生年月日、また年齢は?

・今住んでいる場所は?(町、市、通りの名前など)

本人の氏名、または家族の氏名は?

 

個人の生活に関連させる

個人の日常生活に関連付けると、より効果的です。あらゆることをリストにするのも良いですが、買い物リストなどを作ると良いでしょう。毎日の生活の中に組み込める認知刺激の運動はたくさんあります。

もちろん専門家もアドバイスしてくれます。本屋や雑誌、これまでの研究などを参考にしても良いですが、サポートはあらゆるところに存在します。

目標を決め、アクティビティをどのように進めて行けばよいのかを指導してくれます。必要な道具など、それぞれの状況に合わせて揃えられるようサポートしてくれるでしょう。また結果が出るには時間がかかるため、その間くじけないよう励ましてくれます。

, [336, 280]], 'ad-slot-generic_box_lower') .setTargeting('red', ['false']) .setTargeting('section', ['0']) .setTargeting('domain', ['kokoronotanken.jp']) .setTargeting('url', ['/ninchi-shigekino-kagitonaru-undou/']) .setTargeting('topic', ['default']) .setTargeting('tags', ['%e8%84%b3', '%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e5%88%ba%e6%bf%80', '%e9%81%8b%e5%8b%95']) .setTargeting('env', ['desktop']) .setTargeting('type', ['box']) .setTargeting('position', ['5']) .setTargeting('vertical', ['psychology']) .setTargeting('postId', ['30819']) .setTargeting('marfeeltype', [getMrfP()]) .setCollapseEmptyDiv(true, true) .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); googletag.display('ad-slot-generic_box_lower'); });

  • Madrigal, L. M. J. (2007). La estimulación cognitiva en personas adultas mayores. Revista cúpula, 4-14.
  • Tortajada, R. E., & Villalba, S. (2014). Estimulación cognitiva: una revisión neuropsicológica. Therapeía: estudios y propuestas en ciencias de la salud, (6), 73-94.
  • Valls-Predet, C., Molinuevo, J L. y Rami, L. (2010). Diagnóstico precoz de la enfermedad de Alzheimer: fase prodrómica y preclínica. Revista Neurol 51, 471-80.