コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた3つの実践

· 2019年6月12日
コンパッション(思いやり)の概念は、哲学や宗教を越えたものです。私達は、この最も一般的な言葉が、どんなに超越したものであるかを忘れがちです。「コンパッション」は自分に役立ち、より敬い合う世界をつくるクオリティオブライフの象徴です。

コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた実践には、人間関係を深める力があります。その目的のひとつは、健康とバランスを促進することです。それはあなたを洗い流す大きく素晴らしい波のようで、苦しみからあなたを救い、サポートと気付きを与えてくれます。

このセラピーを知らない人はたくさんいます。一見、科学的というより、哲学的にみえます。いずれにしても、このセラピーのすばらしさを理解するには、まず実践してみる必要があります。コンパッション・フォーカスト・セラピーは、「第三の波セラピー」とも呼ばれるものの一部です。

「生きていることを共有し、より人間的な世界を作る基礎がコンパッションである」

-マーティン・ローウェンタール-

この種のセラピーは、有効で、現場に大きな前進をもたらしました。セラピーでは、問題となっている病気や障害の症状のみに焦点があてられることがよくあります。しかし、コンパッション・フォーカスト・セラピーでは、人間としての基礎である、少し深い問題まで見ていきます。この種のセラピーでは、感情、気持ち、個人的または患者の抱える状態が、要点になります。

コンパッション・フォーカスト・セラピーは、J.ボウルビィの愛着理論、仏教の思考、脳の進化心理学、心の理論を元に、ポール・ギルバートが発展させたことをここで言及しておくことも重要でしょう。

これらの原則の組み合わせは、人間の思いやりの力と価値が基礎になっています。成長の力を思い出させてくれ、人間関係を高めるのに有用なツールです。

コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた3つの実践

 

コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた3つの実践

コンパッション(思いやり)の概念は、哲学や宗教を越えたものです。私達は、この最も一般的な言葉が、どんなに超越したものであるかを忘れがちです。「コンパッション」は自分に役立ち、より敬い合う世界をつくるクオリティオブライフの象徴です。

心理学者ポール・ギルバートは、幅広く様々なテクニックを提案しました。この興味深いストラテジーでは、行動ストラテジーから、認知、ナラティブ、ゲシュタルトセラピー、マインドフルネスまで、すべてが使われます。では、コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた実践を学んでいきましょう。

 

1.自分のために安全なスペースを作る

この種のセラピーは、思いやりに関する非常に重要なことを教えてくれます。自分が始める必要があり、そこからスタートするということです。自分への思いやりがなければ、人への思いやりをもつことはできません。

自分を愛することを学ぶだけでなく、自分をうまく愛することを知ることが重要です。これには、長所を高める、自分のニーズや恐怖を直観する、悩みと向き合う、邪魔な思考を止めることなどが含まれます。

  • そのためには、視覚化から始めましょう。自分のために安全なスペースを作ることが目的です。避難所を求め、平穏を見つける精神的スペースを作りましょう。そこでは、自分を気にかけ、より良い決断をすることができます。
  • 自分がガラスの家に住んでいることを想像すると良いでしょう。穏やかな海に囲まれ、優しい光がすべてを照らします。調和が隅々で反響します。すべてが平和ですガラスの家の中は、自分が安心できる温かく、歓迎される場所です
  • 毎日30分、または必要なだけ、この心の避難所で過ごしましょう。ここでは、自分にやさしく、素直に話すことができます。外の騒音や自分の恐怖は入り口に置いておきましょう。
コンパッション・フォーカスト・セラピーに基づいた3つの実践

 

2.思いやりのある自分になる

コンパッション・フォーカスト・セラピーでもっとも重要なことのひとつが、思いやりのある自分を高めることです。この特別な作業では、あるカギとなるアイデアに焦点を当てる必要があります。

  • まず、自分の感情、ニーズ、痛みを意識しましょう。
  • 親切心は、他者にのみ実践するものではありません。自分への親切心を鍛えることは極めて重要です。例えば、ポジティブな内なる対話を発展させることが大切です。自分の内なる傷、弱点、深いところにあるニーズを認めることを恐れないでください。
  • 同様に、ある程度の悩みがあるのが普通であると理解しましょう。否定したり、隠したり、無視する必要はありません。
  • 思いやりのある自分は、「不安な自分」「強迫的な自分」「ネガティブな自分」と向き合うことが度々あります。これは難しいことかもしれません。そして様々な壁や障害を作る内なる敵と向き合うことを意味します。これは、あなたの傷を癒す過程を邪魔しようとします。

 

3.思いやりの流れを活性化する

コンパッション・フォーカスト・セラピーにおいて、もうひとつ重要なのが、思いやりの流れの活性化です。これはどういうことでしょう?それはつまり、あなたが自分のために育んだ思いやりが他者への流れを作るということです。

この訓練には、様々な方法があります。重要なのは、人の幸せを促したいという真の願いから行動することです。親切心と認識を通して、人を包みたいと思うことです。仲間に関し、ポジティブに、希望をもって考えましょう

次のシンプルな3つの言葉で、この流れを作ることができます。

  • あなたに元気であってほしい
  • あなたに幸せであってほしい
  • そして、あなたに苦しんでほしくない
コンパッション・フォーカスト・セラピー 実践 思いやり

さいごに、この種のセラピーは、単なる願い事ではありません。否定することのできない科学的事実に基づいたものです。コンパッション(思いやり)は、自分と人を癒し、変化を生み出します。恐怖や不安を鎮めることのできる生命の力です。実践しましょう。思いやりを意図的な人生の一部にしましょう。