認知症の非薬物療法

2019年9月9日
認知症の非薬物療法をご存知ですか?この記事では、様々な非薬物療法についてご紹介します。

アルツハイマー病や非薬物療法についてご紹介する前に、まず認知症についてお伝えする必要があります。メリアム・ウェブスター辞典では、認知症を「複数の認知障害(記憶障害、失語症、複雑な行動の計画と開始の困難など)の発達によって特徴付けられる通常、進行性の状態(アルツハイマー病など)」と定義しています。

この定義を絞り込んでいくと、認知症には様々な原因があり、通常は記憶、コミュニケーション、注意力の低下を伴います。さらに、慢性であり、自律性と生活の質が徐々に失われます。

この定義を考慮すると、アルツハイマー病は、認知障害および行動障害の存在を特徴とする神経変性疾患だと定義することができます。認知症と同様に、徐々に発症する傾向があり、悪化していきます。通常、成人期、主に高齢者に発生します。

現在、この病気を完治したり止めたりする効果的な治療法はありません。しかし、専門家は認知症の進行を遅らせるのに役立つさまざまな方法を開発しました。

その中でも、効果があると言われているのが、患者の生活の質を向上させる非薬物療法なのです。

認知症 非薬物療法

非薬物療法には多くの利点があります。

  • 正常な機能を維持および/刺激します。
  • 患者の自律性と自立を促進します。
  • 社会的関係を改善します。
  • 自己イメージ、自尊心を向上させます。
  • 認知症に苦しんでいる患者に力を与えます。
  • 患者と周囲の人々の生活の質を改善します。

ご存知でしたか?:
音楽とアルツハイマー:感情を呼び覚ます

日常生活でのアクティビティ

非薬物療法中、専門家が認知症患者のパフォーマンスを評価します。

評価は、患者の依存度とサポートの必要性によって異なります。この治療法の最終的な目標は、日常生活でのパフォーマンスの低下を遅らせたり減らしたりすることです。

音楽療法

世界音楽療法連盟によると、音楽療法は、生活の質を最適化しようとする個人、グループ、家族、またはコミュニティのための医療、教育、および日常環境における音楽の専門的な使用と介入であり、身体的、社会的、コミュニケーション的、感情的、知的および精神的な健康と幸福を改善します。

音楽療法は、他の非薬物療法と組み合わせることも可能です。たとえば、ダンス療法と理学療法など、様々な分野を取り入れて治療することもできます。すべての療法は、常に各患者の能力に留意する必要があります。

笑い療法

笑い療法のテクニックは、笑いは感情的な分泌物の一種であり、不適合に関する理論(不一致概念が意外な方法で結合されることで、ユーモアが生起されるとする理論)に基づいています。笑うことが、健康にとって非常に効果的であるということが医療の現場でも認められています。患者の自発的で本物の笑いを引き起こすことが望まれますが、笑ったふり(作り笑い)をするだけの場合もあります。

この非薬物療法によって、患者は身体表現、遊び、ダンス、呼吸を練習します。これらはすべて、病気が引き起こす可能性のあるストレスを軽減するのに役立つのです。

スヌーズレンルーム

この感覚刺激療法はアン・ジャン・エアーズによって開発されました。その主な目的は、患者が感覚を通して、また周囲の人々と交流することによってリラックスすることです。

スヌーズレンルームは、人々に素晴らしい幸福感をもたらす心地よい刺激的な環境を提供します。

こちらもご参考に:
アルツハイマーの5つの警告サイン

回想療法

これは一般的になりつつあり、患者にまつわる話や自伝的記憶に作用する非薬物療法です。

セラピストは、写真、音楽、ニュース記事、ビデオなどの道具を使って、人生の特定の瞬間を思い出してもらいます。嗅覚、感情、音など記憶の感情的な側面を「再現」することができるのです。

認知症 非薬物療法

リアリティ・オリエンテーションセラピー

この治療法の主な目的は、患者が自分の現実にもっと気づくようにすることです。セラピストはそれらを3つの領域に分けます。

  • 天気(日付と時刻)
  • スペース(場所)
  • 個人的な認識(自分が誰なのか)

これにより、患者は何が起こっているかをより深く理解できます。コントロールの認識を維持するという点において非常に便利なツールです。

介助犬

犬によるドッグセラピーは、感情的、社会的、機能的、および認知レベルで大きな利点があります。さらに、気分、身体および心理的な健康、精神運動などを改善します。

作業療法

作業療法または運動療法は、認知、身体、および社会的スキルのリハビリを目指しています。この目的のために、患者はクラフト作りなど様々な活動を行います。

認知リハビリテーション/認知刺激/認知トレーニング

これらは似ていますが、それぞれに異なる目標があります。

  • 認知リハビリテーションは、損傷した認知機能の回復を目的とする活動です。この損傷は、さまざまな原因による可能性があります。たとえば、頭蓋骨の外傷、軽度の認知障害、うつ病などが挙げられます。
  • 認知刺激は、認知機能の低下を遅らせるために活動が行われるプロセスです。たとえば、記憶を失い始めていることに気付いたときに実施します。
  • 認知トレーニングは、認知パフォーマンスを最適化または維持しようとする一連の活動です。より多くの認知機能障害を防ぎ、認知予備力を改善するための良い方法です。
認知症 非薬物療法

非薬物療法を行うことができるのは資格を持った専門家のみで、事前に各ケースをよく理解した上で実施しなくてはなりません。

さらに、これらの治療法は認知症を完治するものではないことを覚えておいてください。けれども、非薬物療法によって症状の改善を期待することができるでしょう。

  • Tipos de Terapia no farmacológica. Recuperado el 21 de de Febrero 2019 de http://www.crealzheimer.es/
  • Valls-Predet, C., Molinuevo, J L. y Rami, L. (2010). Diagnóstico precoz de la enfermedad de Alzheimer: fase prodrómica y preclínica. Revista Neurol 51, 471-80.
  • World Federarion of Music Therapy. Recuerado el 21 de Febrero de 2019 de https://www.wfmt.info/wfmt-new-home/about-wfmt/