毎日読書する7つのメリット

· 2018年9月26日

以前にも増して本は手に入れやすく安価になりました。様々なフォーマット(ハードカバー、文庫本、ペーパーバック、電子書籍)によって、誰でも読書がしやすい環境です。本は手に入りやすく、様々なものが存在します。どれくらいの時間を読書に割いていますか?いつ最後に本を読んだか思い出せないようなら問題です。毎日読書をすることは、逃すべきではない経験です。 

読書は、精神的に人を豊かにして、脳を最高のレベルに保ってくれます。ここでお話ししているのは、雑誌、新聞、お気に入りのブログではなく、本を読むことです。読書は、登場人物、アクション、それぞれの章とつながった深いものであるべきです。それを現実世界と比べていきます。本記事では、今すぐ本を見つけるべき理由をご紹介します。

 

読書は、脳を最高のレベルに保ってくれます。

より高いこころの知能

読書によって、物語の中の様々な人と共感することができます。多くの人は自分自身では経験したことのないような感情を経験し、それによって他人の立場に立って考えることができます。もちろん、習慣的に読書をすれば、実生活でももっと相手の立場に立って考えられるようになります。

窓際で読書

語彙の増加

良く知られた読書のメリットです。毎日行うことで、口に出す言葉と読む言葉の間にコネクションが生まれます。読めば読むほど、多くの語彙を学びます。様々なジャンルを読み漁ると特にです。

世界や文化に関する一般的な知識

ノンフィクションでもフィクションでも同じです。ファンタジーであっても、神話や歴史、この世に存在するストーリーからインスピレーションを得ています。読書をすることで、たくさんの役立つ面白い情報を得ることができます。

スペル/漢字ミスが減る

これも読書のメリットです。読書をすることによって、ライティングのスキルがあがります。スペルや漢字の覚え方をただ記憶するより、ずっと面白い方法です。目にする回数が多いほど、簡単に思い出せるようになります。

ストレス軽減

やらなくてはいけないことから休憩して毎日読書することは、とてもメリットの多いことです。読書は心ををとらえる何かに自分の注意を注ぎ込むことでもあります。本で起こっていることに集中すれば、するべきこともしばし忘れることができます。 

コーヒーと本
クリティカルシンキング

読めば読むほど、多くの問題にぶち当たります(もちろん本の中の話です)。これは、現実の対立で自分のスタンスを取るのに役立ちます。問題を目の前にして意見を持たないことはあまりないからです。読書をしながら、キャラクターが問題に関する考えをのべ、それに対して賛成か反対か考えることができます。

面白い

近年、オーディオ・ビジュアルのメディアに時間を割くことが多いため、読書をしているときは自分の想像力が一番のオーディオ・ビジュアルであることを忘れがちです。キャラクターや場所を想像することは、とても楽しい経験です。自分の好み、経験、希望に合わせることができるからです。

どうやってこのゴールを達成するか

習慣づけができていないのであれば、読書は簡単ではないかもしれません。その習慣をやめてしまった人もいれば、そもそも読書の習慣がない人もいます。読書は重要であるとわかっていただけたかと思うので、今度はそれを習慣づけする方法をご紹介します。

  • 読書は楽しいものです。習慣づけができていないと、読書が楽しく、力を与えてくれるものであると忘れてしまいがちです。読書の楽しさを知るためのチャンスを作ってください。
  • 読書を達成と見るようにしてください。本を読み終わった後に得るポジティブな感情は、また次の本を読むモチベーションになります。
  • 本はどこにでも持っていきましょう。実際の本であろうが、デジタルであろうが(実際の本のほうが好ましい)、常に本を持っていることはいいことです。もし読む気になったら、移動中や待ち時間に携帯電話をチェックする代わりに読書できます。
  • ひとりになりたいときに読書をしてください。ひとりの時間を読書の時間にできたら、読書の時間が増えます。
  • 好きなものを読みましょう。読み始めた本すべてを読み切らなくてはいけないことはありません。本が気に入らなかったら、読むべきではありません。読書はポジティブな経験であるべきなため、入り込めるものに時間を使いましょう。

最後に、読書はゆっくりとしたプロセスであるということを覚えておいてください。一夜にしてたくさん読む必要はありません。シンプルに安定して続けると、習慣づけがしやすくなります。そこまでできたら、楽しんでその経験を共有してください。