アルツハイマーにおける精神錯乱

2019年3月19日

アルツハイマー病は、痴呆の最もよくある原因です認知機能の低下が、この病気の認知症状の中心にあるようです。しかし、他の症状も重要な役割を果たしていきます。今回は、アルツハイマー病の精神錯乱に関して詳しく見ていくこととします。

この神経認知障害は、認知と注意を変容させます。大抵、これは合併症の生理的な影響です。さらに、アルツハイマー病は、コリン作動性神経の減少に特徴づけられる退化性の過程を伴います。コリン作動性神経とは、脳が正常に機能するために必要不可欠な要素です。

精神錯乱は、注意と認知に影響する臨床的障害です。しかし、その病態生理はよくわかっていません。科学者たちは、認知の低下や痴呆を主なリスク要因として体系的に特定していますが[2, 3]、このリスクを増加させるそのメカニズムに関してはまだわかっていません。

2009年の研究によれば、幻覚の表われは認知に影響を及ぼします。精神錯乱は、アルツハイマー病を患う66~88%の患者に現れます。これらの2つの病気は、切っても切れない関係にあります。この研究では、アルツハイマー病における精神錯乱は、患者の認知低下を加速させると示しています。

精神錯乱

病理学的に言えば、広範囲に及ぶ脳の機能障害が精神錯乱を引き起こします。精神錯乱にはいくつかの原因があるようです。ブラス氏とギブソン氏は、この原因を2つの可能性にしぼっています。

  • 麻薬
  • 脳の代謝機能障害

麻薬の使用は、精神錯乱を起こします。精神錯乱を引き起こす状態の多くは、長引けば痴呆を引き起こしてしまう傾向にあります。例えば、低酸素症や低血糖は脳の機能障害と幻覚を引き起こします。これが長引いてしまった場合、脳へのダメージと痴呆を引き起こします。 [5]

2重
アルツハイマー病の精神錯乱

近年では、科学者たちは、精神錯乱と痴呆を2つの異なる病気として分類しています。しかし、1930年から1970年までの間、この2つは同様の過程の異なる形式または異なる段階と考えられていました。例えば、1959年にはエンゲルとロマーノが次のように議論しています。[1]

 

「臓器機能障害のより馴染みのあるタイプとして、認知的機能障害というものは、全体としての脳の機能が何らかの理由で阻害された場合に発症するものである。これは、2つの基礎的な原因に分類される。脳の機能を維持するための代謝プロセスの停止、あるいは死滅による機能ユニットの喪失である。… 精神錯乱は、より治療可能な障害で、痴呆は治療不可能な障害だ。これらの2つの状態は、同じ過程の異なる度合いまたは段階と見るべきである。」

 

そのため、記憶障害とアルツハイマー病は、減少した脳の代謝率に関係していると言えます。さらに、どちらの状態も、変容したコリン作動性機能に関連しています。

痴呆を持つ患者は、体系的な脳傷害を見せます。しかし、アメリカでは、検死の際に元々は精神錯乱と診断されていた患者がアルツハイマー病であったことがわかり、死後に診断が翻されるということもありました。

男性
治療

アセチルコリンエステラーゼ阻害剤は、精神錯乱やアルツハイマー病を抑える働きをしてくれます。その為、アルツハイマー病に見られる精神錯乱ではこれが処方されています。アセチルコリンエステラーゼ阻害剤は、術後の患者にも特に効果を発揮するかもしれません。顕著な注意力問題を抱える患者にも、この薬が役立ちます。

スウェーデンでは、ベンジット・ウィンボールド医師がこの可能性に関しての研究を行っています。しかし、患者は慎重にアセチルコリンエステラーゼ阻害剤を使用しなくてはいけません。コリン作動薬が気管支痙や洞不全症候群を引き起こす場合があるからです。これを心に留めて、医師は慎重に扱うべきです。このような治療が代謝的脳症から守ってくれるのか、その影響はあるかなど、よりたくさんの研究がなされるべきです。

  1. Fong, T. G., Jones, R. N., Shi, P., Marcantonio, E. R., Yap, L., Rudolph, J. L., … & Inouye, S. K. (2009). Delirium accelerates cognitive decline in Alzheimer disease. Neurology72(18), 1570-1575.
  2. Fong, T. G., Davis, D., Growdon, M. E., Albuquerque, A., & Inouye, S. K. (2015). The interface between delirium and dementia in elderly adults. The Lancet Neurology14(8), 823-832.
  3. Jones, R. N., Rudolph, J. L., Inouye, S. K., Yang, F. M., Fong, T. G., Milberg, W. P., … & Marcantonio, E. R. (2010). Development of a unidimensional composite measure of neuropsychological functioning in older cardiac surgery patients with good measurement precision. Journal of clinical and experimental neuropsychology32(10), 1041-1049.
  4. Racine, A. M., Fong, T. G., Travison, T. G., Jones, R. N., Gou, Y., Vasunilashorn, S. M., … & Dickerson, B. C. (2017). Alzheimer’s-related cortical atrophy is associated with postoperative delirium severity in persons without dementia. Neurobiology of aging59, 55-63.
  5. Plum, F., & Posner, J. B. (1982). The diagnosis of stupor and coma (Vol. 19). Oxford University Press, USA.
  6. Hazzard, W. R., Blass, J. P., & Halter, J. B. (2003). Principles of geriatric medicine and gerontology (5th ed., pp. 1517-29). J. G. Ouslander, & M. E. Tinetti (Eds.). New York: McGraw-Hill.
  7. Blass, J. P., & Gibson, G. E. (1999). Cerebrometabolic aspects of delirium in relationship to dementia. Dementia and geriatric cognitive disorders10(5), 335-338.