有害な人々が生み出す有害な環境

20 2月, 2018

有害な人はあなたにも伝染しやすい有害な環境を生み出します。そのような空気は家でも職場でも見られ、ストレスや恐怖、そして不幸をもたらすのです。

職場環境に精通した専門家はグループを「有害な環境」と「育成環境」に分類しました。そして、それはいくつかの理由に基づいて出来ているのです。

客観的かつ厳密な尺度として基準になる変化はありますが、誰かにとっては会社の中を歩くだけで十分ストレスを感じることがあります。緊張や居心地の悪い環境で呼吸をしていると、その人の顔にそのプレッシャーが現れるのです。

「家族間でも同じ事が起こります。家族の言葉遣いやトーン、そして態度など、有害な環境は存在するのです。それは否定的な感情や、攻撃的な言葉、そしてストレスなどによって研ぎ澄まされ、それを防ぐのはとても困難なことなのです。」

さらに深く掘り下げてみましょう。

木の下にうずくまる少女

有害な環境にはびこる不幸の支配

「有害な人々」という言葉は今とても認知度が高まっている言葉です。しかし、その言葉を乱用しないよう注意しなければいけません。時々、私達はこの言葉をうつ病や不安障害、またその他の病気を患った人にも使用することがあるのです。ですので、このテーマを扱うときは十分気を付けましょう。

一方で、本当に有害な環境や争いを生み出し、人との共感や親密さが欠如している人は存在します。

数年前、経済誌の「Fortune」では、世界で最も働く環境が良い会社のランキングを発表しました。この評価には給料や福利厚生、手当てなどは含みません。労働者の満足度だけを評価したものです。そして、驚くことにほとんどの会社が有害な環境を持っていて、それが慢性的であることを発見したのです。

それはマネージャーや肩書を持っている人間を変えることで解決することではありません。多くの会社の方針や構造は、健康より統制や成果に基づいて作られており、労働者に口を閉ざすか、仕事を辞めるか、という「反発しない」文化を強制しているのです。

徐々に不幸や恐怖、そして疑いは成長し、生産性や革新性、創造力、そしてほとんどの人の健康を低下させているのです。

問題のある人格

私達は「育成環境」を築く必要がある

私達は生活を続ける限り、争いが好きな人と遭遇します。そして、いつも距離を保つことは可能ではありません。そのような人を見ないようにしたり、遠ざけることは簡単ではないのです。

数年前から「ライフコーチ」というものが人気になってきました。このような人は信頼や良いコミュニケーションのある環境を作るよう訓練された人達で、このような環境だと従業員は本当の幸福感と大切に扱われていると感じられるのです。

従業員がそう感じることが会社に対して有益だというのは明らかに見えますが、なんと今まで見落とされていたことなのです。

方針や考え方、そして視点を変えてみましょう。それは会社などの働く環境だけでなく、学校や新しい世代に対してもです。

育成環境は個人の尊厳が守られる持続性を持っています。そして、創造性、個人の成長、誠実さ、親密さ、そして共感が促される場所なのです。

もっと人間らしい環境を生み出しましょう。多くの時間を過ごす一番身近な人と始めてみましょう。この考えは実行する価値のある行為なのです。

指先に留まる蝶