家族間の暴力的行為

· 2017年12月21日

家族内で起こりうるさまざまなタイプの暴力に関するニュースが日常的に耳に入ってくるようになりました。家庭内暴力、性別に基づく差別もよく聞かれるようになりました。家庭内で起こる暴力には、家庭内暴力、ジェンダーと呼ばれる性別に基づく暴力(GBV)そして児童虐待による暴力があります。 身体的、心理的、社会的帰結という観点からもこれらを理解することが重要になります。

差別や暴力を受ける人の方が少数であるため、これらの単語が正しく使用されないことが多いという問題があります。本記事では、家庭内で起こる暴力の様々な種類についてご説明します。

「暴力とは単に他の人を殺す行為だけを指すのではない。 卑猥な言葉を使うとき、人々を払いのけるようなジェスチャーを使うとき、そして恐怖心から誰かに従うとき、そこに暴力が介在する。 したがって、暴力は、神、社会、または国の名の下に行われる組織的な虐待ではない。 暴力は我々が考えるよりはるかに捉えがたい微妙なものであり深い。」
-ジッドゥ・クリシュナムルティ-

怒っている女性

家庭内暴力

家庭内暴力は家族という輪の中で行われる犯罪で、血縁関係の有無に関わらず、一つ屋根の下、つまり同じ家で生活する人に対して行うあらゆる暴力を指します。男性から妻へ、親から子供へ、また子供から両親への虐待や暴力を含む攻撃のことであり、実の子供でなくても、家族の一員であり、虐待を行う人と一緒に住むすべての人物がその対象となります。

言い換えれば、家庭内暴力の面では、同じ家族の輪の中にいる場合、血縁関係の有無に関係なく、誰もが暴力や虐待の加害者または被害者になる可能性がます。メディアはこのタイプの虐待や暴力を、ジェンダーに基づく暴力と同一視する傾向がありますが、実際には、家庭内暴力はもっと広い概念です。

 

喧嘩をしているカップル

ジェンダーに基づく暴力(GBV)

ジェンダーに基づく暴力と呼ばれる性差別や性別に基づく暴力は、加害者と被害者の間に婚姻関係やそれに匹敵する感情的な関係が介在し、それを利用して、物理的または心理的なあらゆる暴力を行うことを指します。 この虐待は男性が女性に対して行うことが多いですが、一緒に住んでいるか住んでいないかという事実そのものが要因の一つかどうかは現時点でははっきりしていません。また女性が加害者となることも最近では報告されています。

したがって、ジェンダーに基づく暴力とみなされるケースとは、加害者と被害者の関係が現在も続いている場合や、以前関係があった相手であり、それが長期的な感情的な関係であるまたはあったという証拠が必要で、 この定義には散発的に生まれた関係や友情は含まれません。 つまり法律によって加害者ならびに被害者と適用されるためには、二人の感情を伴う関係が実証されなければいけません。ジェンダーに基づく暴力は、世界で広く行われている人権侵害の一つです。被害者は女性や女子だけでなく、男性や男子もその対象となり得ます。

それぞれの違いは?

 

どちらも主に男性が加害者となり、そして女性が被害者として攻撃されているのならば、家庭内暴力とジェンダーに基づく暴力の違いは、何なのでしょうか?その違いは暴力が起こる原因にあります。ジェンダーに基づく暴力と定義されるケースでは性別間の権力問題に関連した理由が存在します。言い換えれば、男性の暴力的な支配下で女性が服従を強要されることであり、女性が被害者になることが多くなります。

これは男性を攻撃して暴力を振るう女性が存在しないという意味ではありませんが、ほとんどの場合、女性が被害者となります。もちろん女性による男性の殺害も報告されていますが、ほとんどの場合は、長期間にわたる男性からのジェンダーに基づく暴力がきっかけで、女性の手による、自己防衛または子供の防衛が理由の男性の殺人事件が多く発生しています。

 

そのため、大多数のケースでは、女性の自己防衛が認められた判決が下され、刑が軽減されています。 したがって、刑事訴訟法では「軽微な犯罪」とみなされており、刑法改善の動きも出ています。

「性的、人種的、性的暴力と様々な差別は、その文化自体を変えずに文化から排除することはできない」シャーロット・バンチ

怒っている子供

虐待と子供への性的虐待や強姦

 

残念なことに、家族間の暴力に悩み、そして苦しむのは大人だけではありません。虐待、性的虐待、子供への虐待、そして子供への強姦や性的虐待が家族の間で起こることがあります。これらの単語はメディアでは適切には使用されないことがあります。幼児期に自分に起こった虐待、子供への性的虐待が家庭内外で起こった時などを公に語る人は多くありません。

家族の間で、子供への身体的虐待、心理的虐待、または性的虐待が起こる可能性があり、未成年者が傷つけられるときには身体的虐待と定義され、子供への屈辱的な言葉や心理的嫌がらせは心理的虐待、そして子どもの目の前で性的な行為や接触が起こるとき、または子供に対する直接的な性的接触や猥褻な行為や性行為が行われたときは性的虐待と定義づけられます。

このように虐待という用語は、心理的な攻撃だけが行われている場合でも明らかに虐待と定義されるケースがあります。 また、子供の前での露出や猥褻な行為、そして肉体的な接触含む性的な虐待、つまり強姦ももちろん虐待に含まれます。

盗み聞きをする女性

それぞれの家庭内暴力における心理的介入

 

本記事で取り上げた多様な用語の違いを認識して、その違いを理解すれば、それぞれの家庭内暴力に推奨する心理的介入や心理療法を見つけることが容易になります。心理的介入は被害者に対してだけではなく、加害者にとっても有益です。

また子供が加害者となり両親を虐待する場合は、多くの場合コミュニケーションの方法に問題が生じています。子供が自分の感情を表現しようとしてもその適切な表現方法がわからなかったとき、また両親が子供との健全な関係を保つためのコミュニケーションを理解できていなかったときに、子供から親への暴力が生まれる傾向があります。

このケースでは、コミュニケーションと結束を促進するために、家族単位の支援がしばしば行われます。 一方、個人に対する支援は、怒りをコントロールするなどの制御を目的として行われます。

 

ジェンダーに基づく暴力に関しては、被害者に対して行われる支援では、自尊心の改善、自立支援、社会的スキルの習得、トラウマの克服などの支援が行われます。加害者への介入は、特に家父長制社会の中で形成された考え方などを改善し、怒りを制御してコミュニケーションスキルを向上させることに焦点を当て、加害者を再教育していく方向で行われることがほとんどです。

児童虐待、特に性的虐待の兆候があるときには、早期介入が非常に重要になります。外傷や心の傷、そして罪悪感を治療しながら安全な環境を確立することが優先事項となります。暴力の加害者には性的に誰かを侵害したいという考えを制御するプログラムを適用して、社会を再統合して安全な社会を目指すことが大切です。