Nozomi Gibson

  • 32

    記事

最新の記事
素晴らしきかな、人生:愛する人の死と向き合うこと

素晴らしきかな、人生:愛する人の死と向き合うこと

「素晴らしきかな、人生」は、デイヴィッド・フランケル監督の2016年公開の映画です。待望の映画はキャスティングも素晴らしいものでした。エドワード・ノートン、ケイト・ウィンスレット、ヘレン・ミレン、ウィル・スミス、キーラ・ナイトレイなど有名な俳優が多数出演しています。しかし多くの期待と豪華な俳優陣にもかかわらず、ほとんどのレビューはネガティブなものだったのです。 (さらに…)

花を持った女性

死への悲嘆を乗り越えたかどうかは、どうすればわかる?

私たちにはピンとこないかもしれませんが、死への悲嘆を乗り越えたかどうかを自覚するのは簡単でないことがあります。死への心理的反応はまだ続いているかもしれません。まるで細菌が感染した傷のようです。心を調節し、制限しながら暮らしているかもしれません。ですので、その悲しみにまだ対処できていないことが自分で認識できる鍵を知っておくことが必要なのです。 私たちは自分にとって何か大切なものや大切な人を失ってしまう様々なできごとを、追悼することで理解します。それは愛する人を失うことや感情的な別れ、職を失うことかもしれません。自分を自分と言う人間にしてくれていたもの、自分を満たしてくれる役割だったものが無くなってしまうことさえあります。そういった出来事は、ふいに絆が失われ、自分にとってものすごく意味のあるものが消失することを意味します。 (さらに…)

介護症候群とその二次的被害

一年中毎日24時間働き詰めの仕事に就くのはいかがですか?これは介護が必要な人のケアをするたくさんの人が経験していることです。しかし、この役割はある特定の状況下では、介護症候群と呼ばれるものに昇華してしまうこともあるのです。 介護が必要な人に常に注目していなければならないので、とても大きなストレスがかかります。これが介護症候群の主な影響の一つで、進行中の介護に被害が出てしまう恐れもあるのです。 (さらに…)

脳にベストな運動とは?

脳にベストな運動とは?

運動は私たちの心の健康にとても良いだけでなく、脳にもいい効果があります。それは身体的な健康を保ってくれる方法であると同時に、気分を良くしてくれるものでもあります。また、私たちの記憶力を高め、時が経つにつれて脳の認知機能が低下するのも防いでくれる、全く人工物に頼らない方法なのです。 しかし、すべての運動が脳に同じように効果がある分けではありません。この記事では、最新の科学的研究結果に基づき、どんな運動が脳にいいのかについて見ていきます。 (さらに…)

自分を信じられるかは意志の問題

自分を信じられるかは意志の問題

あなたがやらないのなら、誰もやってくれません。自分を信じることはプライドではなく尊厳の問題なのです。自分の意志決定を信じ、間違いを犯すことを恐れず、転んでも立ち上がるために必要です。自分を信じることとは、勇気を持って、自分にはもっと価値があると理解し自分を愛することです。 「自分を信じて」というフレーズは、自己啓発本を連想させるだけかもしれません。しかし、この一言が人気なのには理由があります。その理由とは、自分の能力を信じ、ポテンシャルを発揮することがとても難しいということです。 (さらに…)

幼いときの心の傷―子ども時代のトラウマの影響

幼いときの心の傷―子ども時代のトラウマの影響

幼いときの心の傷は、未解決のトラウマです。それは触れ合いを侵害され、親子の大切な絆が引き裂かれたときのことです。それは満たされることのない感情のニーズに対する裏切りです。この痛みは、幼いころの解決されていないものに起因します。大人になると私たちはこの痛みをマヒさせようとしますが、それでもそれは私たちに影響を与え続けます。 (さらに…)

ストレスの身体への影響―その知っておくべき症状

ストレスの身体への影響は、あなたが思っているよりも広範囲に及びます。緊張とネガティブな心理状態が長い間続くと、健康に深刻な被害をもたらし、蜘蛛の巣にかかった虫のように身動きが取れなくなってしまうのです。慢性的なストレスがたまることで、私たちは動けなくなり、弱り、あわただしい毎日を乗り切るためのエネルギーがほとんど、あるいは全く残らなくなってしまいます。 (さらに…)

詩の大切さ

驚くべきことが起こりました。コンテスト形式のテレビ番組「ゴット・タレント」のスペイン版で、詩人が優勝したのです。24歳のセサール・ブランドンが、彼の言葉だけで人々の心をつかむことに成功したのです。何の飾りもありません。詩だけです。一人で大きなステージに立ち、何百人もの人々の前で、その人たちの心に言葉を届けたのです。歌やジェスチャーも何もなく、ただ詩を読んだだけです。 セサールの人生は簡単な道ではなく、障害もありました。赤道ギニアで生まれ、7年前にスペインに移住しました。詩を書くことが誰にでも簡単でないことを考えれば、母国語でない言葉で詩を書くのがどれだけ大変か想像がつくでしょう。明らかにスキルが足りていないと諦めるのではなく、努力、希望と忍耐がなければ、普通は成功できないということがわかります。 (さらに…)

本当に人を愛することの5つのカギ

本当に人を愛することの5つのカギ

愛とは、完全に解読することが不可能な謎です。しかし、そのたくさんの側面のうちいくつかを理解することはできます。例えば仏教は、人の愛し方と愛がもたらしてくれる気持ちの楽しみ方のカギをいくつか教えてくれます。 仏教の教えによれば、人を愛することのカギは、別世界から来るものではなくシンプルな常識の適応なのだそうです。それは、他人のなかに愛を呼び起こさせるというよりも、私たちの愛する能力に重きを置いたアプローチです。 (さらに…)