成長のためのプロフェッショナル・セルフ・アウェアネス

15 12月, 2020
プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスはどんな職業の場においても強みとなります。この記事を読み進めてその正体と、成長を加速させるためのその取り入れ方を学んでいきましょう!

個人的な成長を促す方法には様々なものがあります。そのうちの一つが、「プロフェッショナル・セルフ・アウェアネス」です。アウェアネス(自覚、認識)に基づく習慣がどのように人生のウェルビーイングを強めてくれるのでしょうか?また、そどのようにそれを行えばいいのでしょう?

これについて掘り下げていく前に、意図性がこのような自己発達のためのカギの一つであることを覚えておきましょう。さらに、これは日常生活の多様な側面に徐々に取り入れていくことのできる学習過程にもなります。

“誰かを愛することは、自分自身の存在に責任を持とうという勇気を持つ人にとっての成長のきっかけとなる”

-ヴィクトール・フランクル-

成長 プロフェッショナル・セルフ・アウェアネス

プロフェッショナル・セルフ・アウェアネス

セルフ・アウェアネス(自己認識)は辞書の中で、「自分自身の性格、感情、動機、および願望についての意識的な知識」と説明されています。

プロフェッショナルな場面、つまり仕事をしている場面では、私たちはセルフ・アウェアネスを強調し、これを日常的な仕事のための活動に結びつけます。そしてそれらの活動の中で私たちは成長し、そのための準備を行い、報酬を獲得するのです。

したがってプロフェッショナル・セルフ・アウェアネスとは、どう自身の働く環境を認識して知覚し、その環境やそこに含まれる要素と自分自身とを結びつけるかに関わるものだということです。ここで重要となるポイントをいくつか見ておきましょう。

  • 責任。プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスを持つ人々は自分自身に責任を持っており、自身の負う義務をそれに伴う影響と合わせて考慮しています。
  • 倫理。これは活動を制御する一連の道徳ルールを知り、適用することで成り立っています。
  • 義務論に基づいた原則、つまり個人の行動や他者との交流に関する原則の反映。義務論とは、このテーマの専門家であるコルドバ・アスカラテの提唱した定義によれば、「職業的グループで求められる規範一式」だそうです。

さらに、社会的・個人的責任を負い、合わせて自己制御と自己実現を成し遂げるためには権利と義務を受け入れることも欠かせません。そのため、その職業についてや仕事の相互作用について、そして自分自身および他者の責任について学び続けることが重要になります。

成長を促進する

プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスが実現できている人は、物事を個人的に捉えたり防衛的になったりしません。勝手な決めつけがミスに繋がりかねないことがわかっているため、過ちが起きる前に他人に質問をしておくのです。

また、全員を喜ばせなくてはならないというニーズはありません。なぜなら、それが仕事の本質ではないことを心得ているからです。一部の人々とは心の底から深く繋がり合うことができますし、それができない人に対してはアサーティブに振舞って物事を円滑に進められるようにすれば良いのです。この点に関しては、対立が起きた場合には相手の立場に立って考え、関係性を壊さないようにできる限り効果的な意思伝達をします。これを、相手との間にある境界線を維持しながら行います。

プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスは自身の成長を促進するための手段です。結局、私たちは統合的な生き物ですので、どこか一つの側面を促進すればその他の部分も影響を受けます。例えば、チームを率いるためにどう感情処理をすべきか学んでいる場合、それはすでに感情面についても改善を行えているという意味であり、それによって社会的・身体的影響をも及ぼすことができるのです。

そのため、自らの意識に関わる物事は全て、例えば自分の振る舞い方に意識を向けること、自分が何を感じ取り、何のためにそれを行なっているのかを意識すること、自分の考えや感情がどんなものなのか、そしてそれらがどうその他の側面に影響しているのかに目を向けることといったあらゆる事柄が、個人的な成長を促進する重要な要因だということが言えるでしょう。そしてこれらすべてが、自己認識や自己制御に始まり、身体的・感情的・社会的ウェルビーイングを高めてくれるのです。

事実、不安感や不眠、ストレスなどは減退しますし、実行機能は改善されます。さらに、今現在との結びつきが強まりますし、包容力が高まり、感覚が研ぎ澄まされます。効果は人それぞれで異なり、どんな意識ベースの習慣を行ったかによっても変わってくるでしょう。そういった習慣は、仕事にも生活のその他の領域にも取り入れることが可能です。

成長のためのプロフェッショナル・セルフ・アウェアネス

プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスの高め方

プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスは、様々な方法で強めることができます。一方では、自身の意識を常にアップデートし続けることが必要不可欠です。理論やパラメーター、テクニックなどは進歩もしますが時代遅れになる場合もあります。したがって、時代に乗り遅れないようにすることで倫理的にこれを実践することができるのです。

また、自身の専門的技術の特定の領域に関する概念や義務論的原理も深めていくことが可能です。これを行うために、マニュアルや自分の行動を統率している規則などを調べてみると良いでしょう。

もう一つ重要なのが、自らの行動に責任を持つことです。学びを続けることで、生活のあらゆる側面で成長することができます。これにより、他者に対して自身が持つ権利や義務も更新されていくことでしょう。

また別の方法として、フィードバックを用いるという手段もあります。学びというのは、自分自身の観点からしか得られないというわけではありません。他者の目から見た意見も参考にする必要があるのです。したがって、同僚に相談したり読書をしたり、師匠と呼べるような先輩を見つけたり、監督制度を利用するなどしてみましょう。

さらに、ウェルビーイングの統合を促進し、セルフ・アウェアネスのテクニックを獲得するために心理療法プロセスを利用することもできます。ご存知のように、心理士はサポート役となって私たちを導き、ベストを尽くして目標を達成するための手助けをしてくれるはずです。

まとめ

最後に、プロフェッショナル・セルフ・アウェアネスは仕事以外の領域にもポジティブな影響を与えてくれます。加えて、これを強化するために倫理的意識、自己認識、内省的意識、個人的意識、自身の職業についての権利と義務の内在化、そしてもちろん、その取り入れ方などといったスキルを発達させなければなりません。そうすることで、探求と再構築、学習を通じた成長が可能となり、設定された目標に向けて責任あるやり方で自身を導くことができるでしょう。

Córdoba Azcárate, E. (2011). Conciencia profesional y deontología. Profesiones, 130, 9-24.

Brancu, M. (2020). Awareness Can Grow Your Carrer. Psychology Today. https://www.psychologytoday.com/us/blog/new-look-womens-leadership/202007/how-intentional-self-awareness-can-grow-your-career