リモートワークの問題を解決する方法

あなたはテレワークをしていますか?もしそうであれば、上司や同僚との間で誤解が起こったこともあるかもしれません。読み進め、リモートワークの問題の解決法を学びましょう。
リモートワークの問題を解決する方法

最後の更新: 19 1月, 2021

良くも悪くも時代は変化します。誰もが新たな状況に適応しなければなりません。テレワークは新しい動きで、様々な課題が次々に出てきます。あなたは、リモートワークの問題を解決する方法をご存知ですか

在宅での仕事が始まった時、それは多くの人が思っていたものとは大きく異なりました。家族の生活と両立できる人ばかりではありません。契約書にかかれている時間を超えて働くことになった人もいます。また、意見の相違、いざこざ、パフォーマンスの評価、グループ間のコミュニケーション、問題解決の方法などの問題が生じます。

中小企業も大きな連結会社も、まだインフラが整っていない動きを経験しています。現在の状況で、多くの組織が突然テレワークを行わなければならなくなりました。状況が整っていないままに始まり、試行錯誤することになったのです。

このような課題には、ビジネス界と行政の両者が意見を一致させ、同意する必要があります。また、日々の組織的問題に対応するために取締役、管理者、従業員に助言する特別なチームを作る必要があります。当然、避けられない問題も発生します。

「ウィンウィンの法則では、あなたのやり方でも私のやり方でもなく、一番いい方法を実行せよとされている。」

-グレッグ・アンダーソン-

リモートワーク 問題

リモートワークの問題

実は、テレワークの試みは1980年代に始まっています(Belzunegui, 2002)。しかし、莫大な企業からの抵抗があり、試行という段階でも確立されませんでした。そして1990年代になって、様々な国でこのことがやっと考えられるようになりました。これはICT(情報通信技術)が使えるようになったためです。

しかし、ここから企業はあまり前に進んでいません。例えば、これを形作る法的機関がないことも理由の一つです。実際、即興的、任意的に行われていることもたくさんあります。雇用主は雇用者を当たり前のものと思い、在宅で働かせてあげることで何か親切なことをしていると考えます。そして従業員は職場にいる時同様の生産性を維持することができるだろうと思っているのです。

しかし、テレワークをどうするかに関する規則は充分になく、企業による準備も足りていません。また、在宅で従業員が使用する基本設備のコストやスケジュールも規定されていません。さらに、グループやチームリーダー、管理者等の間での調整もはかられていません。その結果仕事上の問題も発生します。残念ですが、これはますます頻繁に起きているのです。

必要な時にオンラインじゃなかった!

5~10分席を外している間に、上司や同僚に呼ばれたことはありませんか?従業員の生産性を評価するにあたり、これは怪しまれる可能性があります。実際、たった1つのミスから、仕事をさぼっていると思われてしまうのです。

では、これはどのように解決できるでしょう?スケジュールなどで、いつ仕事をすべきか厳密に決めることが大切です。パソコンの前に何時間も座っているからと言って、生産性が高いとは言えません。簡素化するためには、出席ではなく、目標や具体的なタスクによりパフォーマンスが考慮されなければなりません。

リモートワークの問題:返信がない!

上司や同僚からメールを受信しています。しかし、あなたはすでに夕食の準備に取りかかっているため、返信に10分、20分、あるいは、2時間かかることがあるかもしれません。リモートワークは職場での仕事と同じではないということを組織のメンバーの多くが忘れがちなため、そこで誤解や問題が生じます

これは、どのように解決したらいいでしょうか?ここでは、シナリオが違うと考えそれを認める必要があります。返信に時間がかかることを理解することで、この問題は避けられます。テレワークを行う上で、常に即時の対応を求めることはできません。

テレワーク 問題

リモートワークの問題:誰が何を求めているか?誰が何をしたか?

パソコンの電源を入れるとすぐにカオスが発生することがあります。実際、すべてが不随的に起こり、どこから手を付けるべきか、何をすべきか、土壇場での不測の事態をどう解決すべきか誰にも分からないということは、職場でありがちな問題です。誰かが第三者を責めると、より緊張が高まります。さらに、その第三者が顔を背け他の人を責め、その人はまた別の人を責めます。そして結局誰も前へ進めず、労働時間が12時間も続いたりするのです。

この問題はどう解決できるでしょうか?こんな事態にはリモートチームコーディネーターが必要ですコーディネーターがタスクを調整し、組織の流れを管理し、日々の業務を設定するのです。

  • そのためには、グループ間のビデオ通話やその他のコミュニケーションツールが欠かせません。
  • オンライン会議は、決められた時間に、誰も待つことがないよう設定しましょう。コミュニケーションが円滑になり、誤解やリモートワークで起こる問題を減らすことができます。

最後に、これらの要素にストレスが加わり、孤独感や職場で働いていた時よりも長時間働いている感覚などの問題もあります。今だにかなりの進展が求められており、再調整や成功性が必要とされています。リモートワークの問題は、皆の利益のためにできるだけ早く社会が対応すべき新たな課題なのです。

それはあなたに興味があるかもしれません...
仕事と自分を切り離すのに役立つ5つのアドバイス
こころの探検Read it in こころの探検
仕事と自分を切り離すのに役立つ5つのアドバイス

仕事と自分を切り離すのは簡単ではありません。私たちは自分のルーティーンに慣れているからです。そして常に気を張っていて、いかなる時も携帯やパソコンの電源を入れて準備をしています。ときには、週末だろうが休暇中だろうが気にしないということさえあります。



  • Belzenugui Eraso, A.,2001 Diversificación de las condiciones de trabajo y cambios organizativos en
    la empresa: un estudio sobre el teletrabajo, Tesis Doctoral en la Universidad Autónoma de
    Barcelona.
  • Belzenugui Eraso, A.2002 Teletrabajo: Estrategias de Flexibilidad, Consejo Económico y Social, Madrid.
  • Blanplain Eurpeean Union, European Foundation for the Improvement of Living and Working Condition,
    Dublín.
  • COMISIÓN EUROPEA 1999 Status Report on European Telework. New Methodos of work, Dirección
    General de la Sociedad de la Información, Comisión Europea, Bruselas.