精神的不安からくる過敏さ

すべてに傷つき、悩み、フラストレーションを抱えてしまい、感受性が強く、敏感な人の裏には精神的不安があります。そのため、こういった人は自分の感情をコントロールする方法を学ぶ必要があるのです。
精神的不安からくる過敏さ

最後の更新: 19 4月, 2021

人を過敏にさせる精神的不安は、傷ではなく症状です。物事に否定的に反応したり、過剰に反応する人は過敏なだけでなく、感情をコントロールすることに問題を抱えています。また、その裏には不安があり、特に、自分の力を信じていない人は世界に対しネガティブな反応を示します。

このタイプの人と空間を共有する人は、その関係がどんなに複雑であるかよく知っています。しかし、彼らを批判するのではなく、理解しようと努めるべきです。誰もが、いつでも、このような反応的行動を示す可能性があることを頭に入れておきましょう。それは、ストレスのかかる経験が、この引き金になりえるためです。

世界に対し怒り、過剰な幸せにより気分を害する人の裏には、傷つきやすさや精神的不安があります。こういった人は衰弱しており、冷静を取り戻す必要があります。そこで、この現実を理解することが、このような特性に対処し自分をより理解するのに役立つでしょう。

「人を批判する人は、自分に足りないものを表している。」

-シャノン・L.オルダー-

精神的不安 過敏さ

過敏さの裏には精神的不安がある

心理学の世界では、感受性に関する研究が長く行われています。最初にも指摘したように、感受性はそれ自体というより、より深い現実の現れです。しかし、日常でこのような人と付き合うと、時にはその人に意味もなく簡単に腹を立てられて呆然とすることもあるでしょう。

ドイツのルール大学ボーフム心理学部が行った研究で、ある非常に重要なことが明らかになりました。それは、誰もが自分の置かれた環境に影響を受けますが、同じ環境が同じようにすべての人に影響を与えるとは限らないということです。不安度が高い人は、特定の精神障害の傾向があります。

実際、この反応には遺伝要因が関係しているかもしれません。脳の中でセロトニンの生成に変性が起こった可能性もあります。そのため、落ち込み、常に敏感になったり、防御しようとする傾向が強くなります。生物学的要因をこれだと決めることはできません。過敏な人は平均的に、感情マネージメントや精神的スキルに欠けています。

精神的不安と防御性

精神的不安は、ネガティブな自己認識に対する感情的反応です。自分はこの世界でうまくやっていく力がないと思った時、この思いが生じます。つまり、本来であれば自分を大切にし成功すると信じるべきですが、それができないのです。

低い自尊心と弱さの組み合わせにより、自分を守ることの必要性にばかり気を取られて防御的態度をとるようになります小さなことでも、人の行動により傷つけられ、責められ、脅されたとさえ感じます

また、過敏な人は人を信用しません。慢性的不安により、人はいつか自分を悲しませると信じてしまうのです。

感受性仮説

感受性が強い人とそうでない人がいるのはなぜでしょう? 先ほどお話した低い自尊心に加え、もう一つ考慮すべき興味深い理論があります。それが差次感受性仮説で、この仮説は生物学、器質、行動特性により、人よりストレスを感じやすい人がいることに関し説明します。

ロンドンにあるバーベックカレッジが行った研究等では、環境ストレッサーを感じやすい人がいることが示唆されています。また、すべてを心配し、どんな状況をも大げさにとり、ほぼすべてに圧倒される人がいます。過敏な人は、大きなストレスを感じ、また、特定の状況が生物学的引き金となる人もいるかもしれません。

克服すべきトラウマの経験

上にも示した通り、感受性は、多くのケースで対処されていない精神的現実の表出です。そのため、このような行動は迷惑で問題になるものですが、誰もが、いつでも、経験しうるものです。

複雑で痛みを伴うような時、またトラウマになるような経験をする時、繊細になるのは正常なことです。それは、過敏さが触れることでつく傷であるためです。ストレス、理解不能、孤独にはまったように感じている人の反応です。

自分に対し満足できないと感じる時、人にネガティブにあたってしまうことがあります。これは、自分が向き合おうとしていない、そしてコントロールすることを学んでいない現実です

例えば、自分に対し満足できないと、人に否定的な反応を示すかもしれませんが、それは自分が現実に対処したりコントロールがとれていないということであり、少し触れられたりあるいは人の言葉や表現により傷ついてしまうのです。

想像できるように、誰でも似たような状況を経験する可能性があります。それは、これが生得的あるいは習得的のどちらもありえるためです。実際、上でお話した感受性仮説は生得的なもので、遺伝子に起因します。また、習得的なものは、難しい経験や愛着の欠如あるいは求められるものが大きかった幼少期に対する反応として生じます。

過敏さ

感受性への対処

精神的に不安定な人にどう対応したらいいか、人はほぼ常に悩んでいます。では、あなたが苛立ち、責められ、基本的にほぼすべてに敏感だったらどうでしょう? その場合、次のようなアプローチがあります。

  • この感情の起源を探り、それと向き合う
  • 自尊心を鍛える
  • 感情マネージメント法を学ぶ
  • 自己受容や自信を鍛える
  • 内的対話を向上させ、自己批判をポジティブにする

平均的には、過敏さは幼少期に獲得される特性です。そのため、あなたの健康やおかれた環境との関係が損なわれているのであれば、心の専門家に相談しましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
自信のなさが支配してしまうとき:感情の不安定さ
こころの探検Read it in こころの探検
自信のなさが支配してしまうとき:感情の不安定さ

人生を歩む上で、不安な気持ちは重荷になってしまいます。全ての事を疑ったり、特に自分自身を疑うのは自分の幸福を妨げてしまいます。ビクビクして、自信が持てず、物事を決断できずに生きていくのはまるで、ピンと張ったロープの上で、たくさんのボールをジャグリングしながらバランスを取ろうとしているようなものです。



  • Belsky J. Theory testing, effect-size evaluation, and differential susceptibility to rearing influence: The case of mothering and attachment. Child Development. 1997;68: 598. pmid:9306638
  • Belsky, J. y Pluess, M. (2009). Más allá de la diátesis-estrés: susceptibilidad diferencial a las influencias ambientales. Boletín psicológico, 135 (6), 885-908.
  • Boyce WT, Ellis BJ. Biological sensitivity to context: I. An evolutionary–developmental theory of the origins and functions of stress reactivity. Development and psychopathology. 2005;17: 271–301. pmid:16761546
  • Sicorello M, Dieckmann L, Moser D, Lux V, Luhmann M, Neubauer AB, et al. (2020) Highs and lows: Genetic susceptibility to daily events. PLoS ONE 15(8): e0237001. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0237001
  • Monroe, SM y Simons, AD (1991). Teorías de diátesis-estrés en el contexto de la investigación del estrés vital: implicaciones para los trastornos depresivos. Boletín psicológico, 110 (3), 406-425.