一人の時孤独を感じるのは、悪い仲間といるということ

一人の時孤独を感じるのは、悪い仲間といるということ

最後の更新: 26 11月, 2018

なぜ、人は孤独から逃げようとするのでしょうか? 多くの人が、いつも誰かと一緒にいたがるのはなぜでしょう? 何が何でも、一人を避けようとする人もいます。いつも何かしていられるように、たくさんの予定を立てます。孤独を感じたくないのです。自分と過ごす静かな時間を嫌い、いつも誰かといなければならないように感じるのは、それと向き合いたくないためです。

しかし、孤独から学ぶことは多いものです。何かを乗り越え、また、そこへたどり着く助けにもなっているのです。一人でいることを学習すると、どんな大きな仲間より、先へ進むことができます。そのためには、どこに注目すべきか知っておく必要があります。

自分は愛されていない、守られていない、感謝されていないという思いが、孤独の苦い一面です。一人でいることは最も楽しいことだとは言えませんが、自分を大きく成長させます。

「孤独を感じた時、いつも相手を探すべきではない。そこから、ポジティブへと導く道を見つけることが、あなたを助ける。」

 

一人の時に聞く声はただひとつ、内なる対話である

孤独は、巧みに精神を鍛えるもので、自己成長の手段として役に立ちます。一人の時に聞く声はただひとつで、それはあなたの声です。内なる対話であり、不快になることも少なくありません。それを避けるため、長い間音や人でごまかしてきませんでしたか?孤独が恐いのではなく、自分が自分に言い聞かせることが恐いのです。

「孤独を感じるのは、よくない仲間といるということだ。孤独は、意識の統治下であることを忘れてはならない。」

孤独

健康的な内なる対話を始めるには、自分を理解し、価値を認めることを学ばなければなりません。自分に対し自分が伝えようとしていることに気づき、耳を傾け、受け入れることで、暖かな場所への扉が開き、自分は守られていると感じるようになります

「孤独は人生に美しさを与える。夕日に特別な焼け跡を残し、夜の空気に香りを足す。」

-ヘンリー・ロリンズ-

 

孤独は唯一あなたを離れないもの

孤独だけは、決してあなたを離れることはありません。これは、皮肉のようで、快適とは呼べない真実でもあります。自分は見放されたと感じた経験は誰もがあるでしょう。深く、痛みを伴う孤独のようなものに包まれた気分になります。どこにも行き場がない時、それはあなたを連れ去ろうとします。

孤独は、あなたが見つけられる最高の仲間です。自分の自由な意思で孤独を選ぶと、思考や感情すべてをコントロールし、うまく整理することができます。

空を見上げる人

大人とは、独立し、誰も必要としないものだと思われがちです。このような独立を求めていては、傷つく結果に終わります。そのため、皆、どこかで、孤独に倒れそうになるのです。

孤独を感じ、自分は守られていない、見放されたと思った時、それは、自分といるべき時だと頭に入れておくことは大切です。自分を深く包み込み、自分はここに、自分と共にいるのだと認識する時なのです。これは、人生における最も大きく、最も美しい皮肉です。

「世の中の意見通りに生きるのは簡単だ。自分の意見通りに孤独を生きるのは簡単だ。群衆の真ん中で、完璧な優しさをもち、孤独の意思をもつのは、偉大な人である」

-ラルフ・ワルド・エマーソン-

こちらの記事もおすすめです。
孤独が拭いきれないとき
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
孤独が拭いきれないとき

人によって孤独に対する考えは異なります。孤独に関して質問してみると、その考え方を変える人もいるかもしれません。高次の天国のように孤独を称賛する者もいれば、環境によっては遅かれ早かれ対峙しなくてはいけない現実だと認める人もいるかもしれません。上手なバランスを見つける人もいます。