エイジ・フレンドリー・シティの時代

エイジ・フレンドリー・シティとは何なのでしょう?この名前から、これがどんなものでありどんな強みを持っているのかが想像できるかもしれません。私たち、そして関連する行政府は、自分たちの都市を変革してこのムーブメントの一員となるために、いったいどのような対策を講じることができるのでしょうか?
エイジ・フレンドリー・シティの時代

最後の更新: 14 3月, 2021

人間は、他の人々との関わり合いがないと生きていけない生き物です。この時、周囲の環境が非常に役立つ場合があります。なぜなら、他人との関わり合い方や個人的な考え方、感情、そして行動には環境が関連しているからです。そして今、都市や自治体のトレンドとして新たなものが登場しています。それが、「エイジ・フレンドリー・シティ」です。これは、人々が年齢に関係なく気軽に互いに触れ合えるような空間を指したものです。

このような都市が実現すれば、高齢者の成長のための機会や、コミュニティに貢献できる機会を増やすことができます。さらに、これにより高齢者の尊厳と自主性を守ることができるのです。また、エイジ・フレンドリー・シティでは高齢者たちが尊厳の保たれた安全な生活を送りやすくなります。

エイジ・フレンドリー・シティを作るためには、都市を高齢者に適した場所へ変化させねばなりません。どうしてでしょうか?まず、建造物の大半は高齢者向きに建てられているわけではないので、これが彼らの成長やコミュニティへの参加の妨げとなってしまいます。また、全ての人が歳をとるわけですので、高齢者のために作られた場所というのはいずれかの時点で全員にとって便利な場所になることが約束されているのです。

エイジ・フレンドリー・シティ

エイジ・フレンドリー・シティの具体例

現在、様々なエイジ・フレンドリー・シティプロジェクトが進行中です。定年退職者人口が増え続けているアメリカ合衆国の例を見てみると、フロリダの「ザ・ヴィレッジズ」などをはじめとして、高齢者のために設計された構造を持つ村々を繋ぐネットワークのような働きをする場所があります。あなたには、全ての年齢の人々を完全に網羅したネットワークを想像できますか?

また、マルタ共和国もエイジ・フレンドリーな国の好例で、この国では高齢者の社会参加が奨励されています。なぜなら、それが単なる空間への適応の問題ではなく、彼らの幸福度にも関わってくるからです。これを実現するために、マルタ共和国は以下の事柄を重視しています。

加えて、エイジ・フレンドリー・シティは包括的な都市開発を行います。つまり、全ての、あるいはほとんどの人口が、高齢者のニーズをケアしてくれる都市においては問題なく相互交流することができるということです。

エイジ・フレンドリー・シティ

エイジ・フレンドリー・シティはいかに人々のウェルビーイングを促進するのか?

エイジ・フレンドリー・シティは、「エイジ・インクルーシブ・シティ(全年齢を包括する都市、の意)」とも呼ばれ、これらの都市は全ての人のウェルビーイングを向上させることができます。なぜなら、住民全員を大切にするコミュニティの中では、全ての人が感謝の気持ちを持てるような環境が実現するからです。全員がコミュニティに参加できるこの状態からは、人々のソーシャルヘルス(社会的健康)に欠かすことのできない良質な絆が生まれます。

一方で、自身の感情に対するポジティブな影響を作り出すことで、高齢者たちがコミュニティとの距離を身近に感じられるようになるなど、私たちの情緒的健康を増進させることが可能です。これは素晴らしいことですよね!感情状態を健全に保つ上で必要なことはこれ以外にもあるのですが、はじめの一歩としては十分でしょう。

さらに、エイジ・フレンドリー・シティは病気を予防するという点でも健康の後押しをすることを目指しています。つまり、既成概念に囚われない柔らかい頭を持ち、自身の健康状態を改善する方法を模索し始めるべきだということです。そうすることで、クオリティ・オブ・ライフも向上します。また、高齢者の都市への適応状況を理解するための診断評価を実施した研究もいくつか存在しています。

エイジ・フレンドリー・シティの時代

エイジ・フレンドリーな都市をもっと増やすには?

エイジ・フレンドリー・シティを実現できるかどうかは、私たち一人ひとりにかかっています。以下のような様々な部門に配慮することで、この思想を促進することができるでしょう。

  • 仕事面。仕事に対する見方を変え、高齢者を参加させられるように、そして新たなチャンスを与えてあげられるようにする必要があります。
  • 教育面。自分自身をアサーティブに成長させ、ウェルビーイングを向上させるにはどうすればいいのかについて、もっと知識を増やすことが大切です。
  • 金融面。エイジ・フレンドリー・シティには、高齢者のニーズに適した金融システムが必要です。
  • 政策面。政策を利用してこういった都市の創設を促進し、高齢者を守りつつ彼らのニーズを満たさねばなりません。
  • 都市計画面。全ての人を統合できるような空間作りを進める必要があります。

これは、多くの作業と人員を必要とする仕事です。WHOはこのような都市をチェックし、これらの空間を効率的に導く、あるいは維持するための公式文書を配布しています。例えば、エイジ・フレンドリー・シティガイドの中でWHOは、特別な支援を必要とする人々のためのスペースを作ることを各都市に奨励しています。

簡潔に言うと、人々のクオリティ・オブ・ライフを向上させてくれるようなエイジ・フレンドリー・シティは必要不可欠です。一方で、さらにエイジ・フレンドリー・シティを増やすためには、誰もがそれぞれの役割を果たすことができます。これは単に身体的あるいは精神的なハンデを持つ人々のためというだけではなく、他者を助けるということを意味するのです。

こちらの記事もおすすめ
高齢者の夕暮れ症候群
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
高齢者の夕暮れ症候群

年をとると、あらゆる習慣に変化を感じ始めます。食べ物、掃除、睡眠などにこだわりがでると言う人もいます。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?ここでは、高齢者の睡眠において生じる変化を、夕暮れ時に現れる行動と共に説明します。