愛に必要な5つのこと

2017年9月9日 in 心理学 0 シェア済み
一輪の花

愛は、生きている間に起こる他の全ての事と同じく、成長するものです。自分や他人の経験から様々なことを学びます。今までの人生を振り返れば、現在長く付き合う恋人がいるかいないに関係なく、愛し方が次第に変化していっているという事に気づくでしょう。

ここでは学んでいく過程で誰もが経験する5つの事柄についてお話します。若いうちにすでにこれらを学んだ人もいれば、60になってもまだその過程を歩んでいる人もいます。次に、常に関係を壊してしまう人がしがちな間違いについてご紹介します

虹色の空とカップル

支配することは愛を壊すこと

未熟な人は、相手をコントロールしようと必死になります。パートナーをまるで自分のもののように考え、通りに置いてある自分の自転車が盗まれないよう監視するかのごとく、相手を監視するようになります。相手を支配しようとする行動は、そのパートナーの自由な時間をも奪おうとします。

成熟した人は、支配欲が不安から来ている無利益なものだという事を知っています。相手から別れを告げられたとしても、それを受け入れることが出来るのです。また相手が一緒にいると決めたとしても、それは支配されていることに対する恐怖心からではなく、愛情があるからこそそこにいようと決めるのです。

時間に関していえば、成熟した人は互いにそれぞれの時間とスペースが必要であることを知っています。これを理解し、互いに尊重しあうことで関係を豊かなものにすることが出来るのです。

コミュニケーションは愛のかなめ

未熟な人は、コミュニケーションがどれだけ二人の関係にとって大切かを分かっていません。そのため、それに対する注意力に欠け、ただ単に頭に浮かんだことを伝えていきます。思った事をそのまま口に出すのです。またその逆に、何も言わない場合もあります。

それとは逆に成熟した人は、コミュニケーションには我慢強さと賢さが必要であることを理解しています。例えば提案することの方が批判するよりはるかに良いという事、ネガティブなことについて話し合う時、他に選択肢がいくつかあれば互いに衝突するのを避けることが出来る、などがそうです。

許し、復讐、そして恨み

未熟な人は許しはしても忘れはしません。口論になった時にそなえて、相手を攻撃する材料をいくつも頭の中に揃えています。彼らは非常に繊細で小さな言い争いからですら深く傷つくので、その攻撃材料となるもののリストは果てしなく膨らみ終わりのないものになってしまいます。

成熟した人は争いを上手く解決することが出来ます。傷が癒えるには時間が必要ですが、争いや衝突の原因となったものを改善するための努力をしなければ、この時間は無駄になるという事を理解しています。相手を攻撃するための材料など揃えません。なぜならそれは痛みと破壊しか生まないからです。互いのために良くないのです。

時計の前の少女

愛には時間と慈しみが必要

未熟な人は、自分がプレゼントをしてもらいたいがために相手に贈り物をします。ですが彼らを満足させるもの、期待に添うものはめったにありません。

パートナーに常に見ていて欲しいという願望があり、自分の欲しいものを言わなくても感じ取ってほしいと思っています。そもそもそのようなことは人間には不可能なのです。抱きしめられるより、物質的なものでの愛情表現を求めます。高価なものほど愛されると感じ、抱きしめるという行為にはあまり価値を感じないようです。

成熟した人は、相手の喜ぶ顔を見るために贈り物をします。作ったものや買ったもを見て相手が喜ぶ姿を目にする時こそが最高の瞬間なのです。ですが相手がどのような反応をしても、そこに存在するもの、存在すること自体に喜びを感じているので、それだけで幸せなのです。彼らにとって最も価値のあるものとは、愛情表現です。まるで小さな子供たちのように純粋に喜びを感じるのです。

愛において、親密さはただの願望ではない

未熟な人は、相手の見た目の良さだけに魅力を感じます。彼らにとってセックスが物事の始まりであり、終わりなのです。この部分でパートナーと上手く噛みあわないと、例えば1週間全く連絡が取れなかったりする事などより遥かに重大な行為であるかのような受け止め方をします。

成熟した人は、欲望は二人の関係の一部であり、その他の側面との関わりも大切にすべきであることを理解しています。互いの全てを必要とし、そして高めあうのです。彼らにとってセックスや互いの信頼と傷つきやすさ(良い意味で)を含めた親密さこそが全てなのです。

最後に、未熟な人の愛のゴールとは、苦しむ事なく、良い気持ちになれることです。成熟した人にとっては、パートナーと共に成長し楽しむことです。互いを高めるためにリスクを顧みず挑戦します。

あなたのパートナーとの関係性はどうですか? このどちらに当てはまりますか?

あなたへおすすめ