あなたの自尊心を高める「小さな勝利理論」

· 2019年1月25日

小さな勝利理論は、あなたが単純化することを学べば人生はより良くなると言います。最も大きくて解決するのが難しい問題は、小さく一口大に分解すれば、取り組みやすくなりますね。

あなたの自尊心のために、小さな勝利を積み重ねることに勝るものはありません。このような日々の勝利が、これからも頑張ろうという気にさせてくれるのです。人類学者は、人間はそもそも進歩する能力を持っていると言っています。

技術的、社会的、文化的発展を止めることはほとんど不可能です。ですので、まもなく新しい世代が未開の惑星を訪れることでしょう。また、今日治療不可能な病も撲滅してしまうでしょう。

「私はゆっくり歩く、しかし後ろ向きには決して歩かない。」
―アブラハム・リンカーン―

ここでのポイントは、自分のモチベーションを高めなければ、小さな勝利を収めていくことは難しいであろうということです。自分の可能性を信じなければなりません。そうしないと、自分の能力に自信があって、自尊心が高く、自分には価値があると考えている人たちにどんどん追い越されてしまうのです。

小さな勝利理論の実践

DNAの分子構造の共同発見者であるジェームズ・ワトソンは、彼の伝記の中で以下のように説明しています。学校では、誰もモチベーションがどんなものかを教えてくれない。辛いときや個人的な敗北にどう対応したらいいのかは、誰も教えてくれない、と。

ワトソン博士とフランシス・クリック氏は、DNAを解読する試みに何度も失敗しています。さらに、長年彼らは自分たちのモデルは失敗して、世界から笑いものになるのだろうと思っていたのです。

しかし、二人の科学者は精神的にも感情的にも再び集中しなおし、今日私たちが小さな勝利理論として知っている戦略を実践したのです。結局、少しずつ自信を積み重ねていくことに勝るものはないのです。それぞれの正しい答えと、それぞれの小さな進歩が、最終的に勝利につながるのです。

小さな勝利理論

自分の自己イメージを改善するために小さな勝利理論を使うこと

子どもが歩けるようになっていないのに、走らせることはできないのは自明ですよね。また、家を建てるなら屋根を作る前に基礎を作り終えなければなりません。一度に一歩ずつ進めることが大切です。また、何を、いつやるかをわかっていなければなりません。そしてとりわけ、自分の忍耐力を育てるための知性が必要です。残念ながら、私たちの日常生活の中には、ゆっくり進めたいと思っている人のためのスペースがあまりないことがほとんどです。ジャンプする前にじっくり時間を取って確認する人には、価値が置かれません。

実際には私たちのほとんどが、その反対でつまずいています。私たちは大きな夢と願望を持っています。そして大きな問題も抱えています。すべてに圧倒されてしまい、なにもかもが指の隙間から零れ落ちていってしまいます。そこで私たちは、失敗からは逃れられず、選択肢を全て使い果たしてしまったと考え始めてしまいます。こういった考えは私たちの自尊心を傷つけ、成功するためのモチベーションを台無しにしてしまうのです。

人のモチベーションの分野への貢献で、心理学の世界で認知される価値のある人物がいます。テレサ・アマビールは、ハーバード大学の教授で、創造性、生産性、職場の満足度が専門です。彼女は小さな勝利理論で何ができるかに焦点を当てました。大切な目標を達成したり、複雑な問題を解決するためには、その過程を小さな段階に分けるのが一番いいのです。

自尊心を高めるために

小さな、毎日の革命

カール・ワイクは、よく知られた社会心理学者で、モチベーションの専門家でもあります。ワイクによれば、ほとんどの近代社会は、深刻な問題に対処する上で効果的でないといいます。その問題とは失業や犯罪などの慢性的な問題のことです。政治家やNPOがすることは、「大きな解決法」に多額の資金を投資することです。

しかし、こういった大きな解決法は決まって失敗するように思えます。壮大な計画と善意はすぐに煙の中に消えてしまいます。それについて語ることと、それを現実にすることはまた別のことなのです。本当の解決法は、小さな勝利理論の中にあります。こういった問題を本当に解決するためには、毎日の小さな革命が必要です。間違っていることを探すためには、問題の根源を見つけることのできる、スキルがあって忍耐強い超微細手術の専門医にならなければなりません。

ベストなのは、地域レベルでシンプルで控えめな計画を作ることです。ノルウェーやフィンランドのような国は、これがとても上手です。本物の人との距離を縮めるにはどうしたらいいか、そして少しずつ変化を引き起こすための、関わりやすい構造をデザインする方法を心得ているのです。

「大きなものを変えたいなら、小さなことに注目しよう。」
―ルドルフ・ジュリアーニ―

小さなことから変えていく

小さな目標で自尊心を高めよう

あなたの課題や問題がどれだけ大きいかは問題ではありません。それを達成できる目標に分割していけば、すべて扱いやすくなります。小さな進歩理論は、あなたの心の健康を維持するためには、日々の勝利が必要だと言います。そうするためには、シンプルな、毎日の目標を立てるのです。

少しずつ、あなたの自尊心は高まります。前に進むにつれて、大きな変化を起こし、より大きく自信を持った一歩を踏み出すことができるようになります。あなたの目標が、地平線に少し近づいて見えるでしょう。この単純で控えめなテクニックに努力を惜しまず、あなたの限界が消えていくのを感じてみてください。