バルセロナテロ:善良な人に悪いことが起きた時

· 2018年3月21日

不公正と逆境が善良な人に衝突すると、人生はそのリズムと論理を失います。 しかし、良心的な人々が失うことのないものは、希望です。

テロリズムは、生命を奪い混沌を生む以上の威力を発する武器であると言います。それは、人々に心理的な恐怖を植え付けるからです。

その恐怖は犠牲者に大きく影響します。それは、目に見えない恐怖の糸が私たちの生活様式を変え、安全を感じる必要性を明らかにするからです。

「テロリストは、恐怖、不確実性、社会の分裂を生み出して、私たちを操作し、行動を変えようとしている。」
– パトリック・J・ケネディ –

8月17日、私たちは再び同じ感情を経験しました。スペインのバルセロナとカンブリルスで、2度の新たなテロ攻撃が発生したのです。

私たちはまた、命の喪失に悲しみました。美しい、善良な人々の命です。小さな子供、母親と父親、素敵な通りで午後を楽しんでいただけの、18カ国の祖父母、友人、そして市民が被害者となりました。

悪がもう一度訪れたのです。それは新しいものではなくても、世界中の同じ状況で毎日何十人もの人々が死んでいるとしても、常にそれ以上のものなのです。

これらの状況にどのように対応する必要があるのでしょう? テロリズムの分野を専門とする心理学者は何か考えがあるようです。ジェフ・グリンバーグ、シールドン・ソロモン、トム・ピジンスキーは、これらの出来事が私たちを非常に特殊な方法で変えてくれると話しています…

バルセロナテロ

善良な人達は逆境の中で団結する

最近のソーシャルメディアは猫の写真でいっぱいです。なぜなのでしょう? 多くのTwitterユーザーが、犠牲者の写真が広がらないように、代わりに、私たちの猫の写真を共有しようと統一して決めたのでした。

また、テロリストにとって有益な情報を遅らせることも目的の一つです。 このように、1つの攻撃を超え、人々は被害者を思って連帯を表しているのです。

バルセロナの市民は、滞在する場所が必要な人々のために場所を用意し、交通機関を無料にしています。企業もその役割をしています。

これらの状況は、私たちがあることを見るのを助けてくれます。混乱、悲劇、恐怖が存在するにもかかわらず、上記のような寛大な行動が私たちに威厳を与えてくれることです。私たちが思っている以上に、私たちの世界は、善良な人たちによって大部分が占められているのです。

上に挙げたものを含め、専門家はさらに掘り下げます。

ジェフ・グリンバーグ博士は、アリゾナ大学の心理学者です。 彼は、このようなテロ行為の後、文化的生存メカニズムを動かすと説明しています。

テロのような出来事ほど脆弱だと感じることはほとんどありません。また、私たちの安全意識が詐欺であると感じるほど壊滅的なものはありません。あるいは、テロリズムほど無差別なものもないでしょう。

しかしこれらの文脈において、テロリズムは憎しみや報復的な態度を与えることよりも、人々にとって非常に興味深いことが起こります。私たちの連帯感を強くすることです。

そして何よりも、人々は安全性を再構築する方法を探しています。そしてそれは建物を再建するだけではないのです。

3羽の鳩

彼らが最も大切にしているのは、自分たちの感情的な安定と自信を回復させることです。 まだ平和と尊敬を信じている社会です。

ひどい悪に負傷したにもかかわらず、人類の良さを信じ続ける人々がそれらを信じているのです。

テロリズムへの反応を最小限に抑え、そこから最大限学ぶ

心理学者とテロリズム心理学を専門とする精神科医は、このような状況では、2つのタイプの対応を実際に行う必要があることを示唆しています。

彼らが何であるかを知るために読み進めてください。

以下のことを最小限にしましょう

・攻撃に関する画像を見ることを最小限に抑えましょう。でも、情報は抑える必要はありません。大部分のメディアは、虐殺からの最悪の画像へのアクセスを制御しようとします。しかし、遅かれ早かれ、私たちに大きな影響を与える画像を見る可能性があります。それらを避けましょう。猫の写真を共有しましょう。

・憎しみについて考える時間を最小限に抑えなければいけません。恐怖の感情をできるだけ少なくすることも不可欠です。私たちは、テロに勝利させることはできません。

星を育てるロボット

以下のことを最大限にしましょう

・寛大さと支援を最大限にしましょう。
・寄付。ソーシャルメディアやサポートのメッセージ、あるいは存在感を助けることによって、または滞在する場所を提供し、血を寄付することによってそれを行いましょう。
ポジティブさ。私たちは被害者でい続けるのではなく、本物の支援を送り、団結、地域社会を奨励します。

残念ながら、悪いことは良い人にも起こります。 しかし、暴力を言語と抑圧の一形態であると理解している人々とは違いがあります。

彼らは善良さは降伏を知らず、決して屈しないことを知っています。私たちの価値を守るために再び立ち上がれば、平和が私たちの旗になってくれるでしょう。