ココ・シャネルから学ぶ素晴らしい十ヶ条

· 2018年7月14日

ココ・シャネルのストーリーはファッションや美容だけでなく、さらに多くの教えを含んでいます。シャネルブランドの創始者でフランス人デザイナーの彼女は私達が見ているファッション、そして女性の姿を象徴する存在でもあります。私達が着ている服の多くには今でも彼女のおもかげが残されているのです。

ココ・シャネルは、女性がただアクセサリーや宝石などのデコレーションを身に付けたマネキンでないことを理解していました。彼女がいつも挑戦していたのは、女性がエレガンスさを欠かすことなく快適な気持ちで過ごせる服を提供することだったのです。

「ファッションには2つ目的があります。それは快適さと愛で、美しさはファッションが成功した後にやってくるのです。」

-ココ・シャネル-

彼女の教えは美や節度、そして優雅さなどに関係しており、彼女の言葉にはいつも女性に対する隠されたメッセージが含まれていたのです。そのメッセージは内面の美しさや性格、そしてスタイルなどを大切にすることを伝えており、私達は彼女から多くの事が学べると言えるでしょう。

優雅さにおけるココ・シャネルの教え

優雅さに関係したココ・シャネルの最も良い教えの中には、「優雅さとは拒否することである。」という厳格な言葉が含まれています。この言葉は、優雅さは豊かさではなく、その反対の放棄を意味しているのです。ですので、これは必要のないものを拒否する方法を知るという選択と言えるのです。

ココ・シャネル1

また、彼女は優雅さと性格を関連させました。「優雅さは思春期から逃げた人達の特権ではなく、自分の将来をすでに持っている人達の特権である。」と述べ、自分とその人生をコントロールしていることが優雅さでもあるという事実を説明したのです。

もう一つの教えに、「装いは知恵、美しさは武器、そして謙虚は優雅さ。」という良い言葉があります。これは、ファッションの全てを物語っており、ファッションが消費行動ではなく、美的行動であることを意味しているのです。

女性は見た目以上の存在

ココ・シャネルは決して軽薄ではありませんでした。彼女の教えのほとんどは私達の過去の姿を促します。そして、「外見ではなく本質、お金ではなく教育、そして、服ではなく気品である。」という格言も残しました。

また、「ドレスを着た女性を見てください。もしそこに女性がいなければ、ドレスも存在しないのです。」という言葉もあります。この2つの言葉は、女性が着ているものや見た目によって変わったり良くなるわけではない、ということを意味しています。彼女の美や優雅さの秘密は彼女人なのです。

ですので、この「女性は美しくある必要はありません。自分は美しいと信じる必要があるのです。」という言葉も納得出来ます。美や外見、そして私達の五感が示すものばかりが心を陣取っていますが、自分の中で満足できればそれを表せばいいのです。

ココ・シャネル2

女性の武器

女性の世界を戦っていくための武器を見つけるための言葉もあります。「あなたのヒールと顔、そして基準を高くしましょう。」という言葉は彼女のユーモアも含んでおり、内なる自分はいつも服装や態度に表れることを表現しているのです。

数多くのファッションデザイナーが、シャネルの最も有名な言葉を知っています。「下品な服装をすれば周りは服だけを覚えているものだが、完璧な服装をすれば周りは女性本人を覚えているものだ。」これは、抜け目のある身なりをしていては、周りの人間は見た目以上のものを見てくれない、ということを意味しています。

彼女は女性の意味を理解し、あらゆる状況でそれを最大限に活用しようとしたのです。例えば、「悲しい時は口紅をつけて攻撃しなさい。」という言葉は外見は内面にも変化を与えるという事実を指摘しています。個人的な綺麗さは、何かを競っている時にその人に安心を与えてくれるのです。

ココ・シャネル3

最後に、彼女が最高であることを意味する言葉を紹介します。「流行は廃れるけど、スタイルだけはそのまま残る。」という言葉は、他の教えと同じほど興味深く、自分を知的に賢く見せるようなファッションを促したのです。ココ・シャネルの大きな成功はただ服を作る能力が長けていたからだけでなく、女性の魂を上手く捉える能力も存在していたからでしょう。