フランシス・ファーマー:苦悩の道

· 2018年3月21日

彼女は少し変わった女性でした。 女優になるために必要なものは、女優に必要なのは美と服従だけだった40年代には大胆すぎたかもしれないぐらいの存在でした。

フランシス・ファーマーは敢えて頑固でいることを選び、人々は彼女をヒステリックと呼びました。 

そして彼女が世界から逃げたかった時、時はすでに遅すぎたようです。 世界が彼女を「狂った」と呼ぶようになったのです。

今日では、おそらく多くの人がフランシス・ファーマーという名前を認識しているわけではないでしょう。彼女は時間の曇りの中で失われた女性の一人だからです。

興味深い物語が隠れているその埃の多いカーテンの後ろから、私たちが今でも耳を傾ける必要のある叫び声が聞こえるようです。

「私の唯一の良いことは、苦しみに慣れていることだ」
-フリダ・カーロ-

しかし、精神医学の世界では、この女優の名前は非常によく知られています。これにはいくつかの理由があります。 主なものの1つは、彼女が長年にわたって受けた心理的治療法は、精神医学において暗く恐ろしい時代を反映しているからです。奇妙なことに、それは女性が最も直接的な犠牲者である傾向があるものなのです。

フランシス・ファーマー

フランシス・ファーマー、名声を得て有名になるために生まれた女性

私たちは彼女の人生について多くの書籍を見ることができます。彼女の妹は本を出版しています。その中で、様々な精神病棟で過ごした数年間の、ファーマーのすべてのひどい経験について話しています。

「Will There Really Be a Morning?(本当に朝が来るの?)」という研究は、彼女の性格や家族について、また、統合失調症から彼女がどれだけ本当に苦しんだかを明らかにするものでした。

これらの複雑なケースがいつもそうであるように、彼女が育った歴史的背景は、無視できない非常に重要な要素です。

私たちは、フランシスが彼女の時代の女性としては大胆すぎると言いました。彼女の母親が早くから彼女に意見することを教えていたからかもしれません。母親は意見を伝える方法を教え、常に物事を疑問視することを教えました。

彼女が10代だった頃、シアトルの地方の新聞に掲載されたことがありました。彼女が、ニーチェの執筆に基づいて、神を信じているか否かについて、力強いスピーチを行ったためです。

その後、とても具体的な目標を念頭において、彼女の母親が登録した演劇の授業に参加しました。それは彼女が子供の頃に達成出来なかった目標のためでした。彼女は映画で有名になりたかったのです。

当時の社会についての重要な記事を書いたことで、大学でも有名になりました。

話さないで、喧嘩しないで、従って

1935年までに、フランシス・ファーマーはすでにいくつかの映画に出演していました。彼女はまた、ジャーナリズムの学位を取得するという大きな目標も達成しました。

しかし、彼女がその道に進む前に、母親がジャーナリズムはやめるべきであると説得しました。母親は、一時的に専門的なキャリアを保留にし、ステージの世界に焦点を当てるべきだと彼女に言ったのでした。 フランシスは同意し、彼女のエージェントはパラマウントピクチャーズのオーディションを受ける機会を与えました。

フランシス・ファーマー2

カメラテストほど簡単なものはなかったでしょう。綺麗なドレスを着てカメラの前に座っていればよかったのです。フランシス・ファーマーは古典的な美しさを持っていて、時には傲慢で大胆な誘惑を示しました。それは映画業界にとって十分すぎる性質だったのです。

彼女は7年間の契約を獲得しました。彼女がしなければならなかったのは、ただ従順でいること、脚本を学ぶこと、経営者のパーティーにたまに顔を出すことでした。そして、この経営者との「ミーティング」が実際はどんなものだったのか黙っていることでした。

フランシスはその世界に反抗しました。彼らに与えらる無知な女性の役を嫌っていました。マスコミを嫌いました。そして彼女は、実際の人生で別の脚本を演じなければならないことを嫌っていたのでした。すべてが魅力的でエレガントな嘘で包まれなければならなかったからです。

しかし、彼女の母とエージェントが彼女を納得させました。彼女は有名人としての名を上げるために、俳優と結婚しました。

自由へのあこがれと拘束服

フランシス・ファーマーのキャリアは早い段階から低迷していきました。彼女は特定のシーンを撮影することを拒否しました。また彼女は脚本を拒否し、エージェントとの契約に従わなかったこともありました。

彼女は夜、自分自身を含めてすべてから逃避するために、夜にドライブするのが好きでした。それは、しばしば無鉄砲な加速へとつながります。彼女は、無謀な飲酒運転のチケットを大量に切られていたことで、サンタモニカの警察からよく知られていたのです。

「時々、私の心は石で刻まれているような気がする。」-フランシス・ファーマー-

しかし、ハリウッドの経営幹部の1人を殴ったとき、すべてが複雑になりました。逃げ出そうとする彼女の試みも、うまくはいかなくなります。彼女への警察の目は鋭くなっていきました。

叫び、蹴り、そして権威の影からの脱出の試みがすべて無意味になった時、ついに彼らは合意に達しました。 彼らは彼女の反抗と人格を落ち着かせるために精神病院に入れたのでした。

ファーマー役のジェシカ・ラング

医師は彼女を「妄想的精神分裂病」と診断しました。彼らは、古典的な電気ショック療法とインスリンショック療法で彼女を治療しました。

そして数ヶ月後、彼らは彼女を病院から出させました。彼女は女優としての彼女の人生から完全に脱却することに決めました。その圧倒的な権力が充満する世界から永遠に脱出したのでした。

しかし、フランシスの母、リリアン・ファーマーは、まだ娘が治癒していないと感じました。 彼女はフランシスが彼女の「普通の精神状態」にいないと思ったのです。だから、ハリウッドの経営幹部の助けを借りて、彼らは彼女が精神的に不適切だと宣言しました。そして彼女を精神科の病棟に戻したのでした。

穴の中にいるような5日間

フランシス・ファーマーはワシントン州にある病院に入院しました。彼女がそこで過ごした5年間は、彼女の姉妹が後で彼女の本を通して明確にしています。

彼らはひどい精神科治療よりもさらに悪いことを彼女にしました。性的に虐待し、彼女を何度も強姦したのです。

 

閉じ込められた5年間の虐待と外傷の後、彼女は決して同じ用には戻れないでしょう。 彼女は時々インタビュー、演劇、またはテレビシリーズに登場しました。 テレビでは、彼女が出演するだけで視聴者の興味を呼び、巨大な聴衆を生み出しました。

しかし、彼女はもう本当にそこにいませんでした。 彼女は意志を失っていました。 彼女はおとなしい人にかわっていたのです。 真のフランシス・ファーマーを構成した彼女の本当の美しさは、盗まれ、取り去られてしまったのでした。