現代っ子たちの果てしない孤独

2017年9月8日 in 心理学 0 シェア済み
孤独な少女

ここ十年ほど、世界中で子供たちの「大人化」というものが多く見られ始めました。ベビーベッドに横たわる赤ちゃんに、泣いて良い時とそうでない時があるのだと、その重要性について話しかけている親たちを見かけることがあります。「早いうちから学び始めなきゃいけないんだ」と彼らは言います。

生まれてすぐから、なんとかしてこの子供たちの自主性といったものを育てしようとしているのです。出来る限り子供たちに自分の生活を邪魔されたくないのです。立ち上がることを学ぶ、自分でベッドヘ行く、助けを借りずに自分で宿題を終わらせる、親が仕事から帰ってくるまでおとなしく家で待つ。言い換えれば、まるで大人のようにふるまえという事です。

こういった行動は、大人にある種の罪悪感を植えつけます。更に悪いことに、その気持ちを何とか消そうと高いプレゼントを子供に与えたり、一時的に過剰に甘やかそうとしたりします。物事を本来のあるべき形に戻そうと度々このような行動に出たり、または休暇を使って遠くへ旅行に行くなど、普段出来ていないことに対する埋め合わせをしたりしようとします。

疲れ切った親たちと不満の中にある子供たち

子どもたちの孤独は広がっています。もはや子供たちとのハグやキス、リラックスした会話など存在しない、という状況下にある家庭が多くなりつつあります。その代わり、そこには仕事に追われ疲れ切った親たちがいます。毎日遅くに帰宅し、疲れ、イライラしているのです。

孤独な女性

ユニセフは子供たちに対し、人生の質とは何かというアンケートを取りました。それは大人が考えるものと全く違った結果でした。世界中の8~14歳の子供たちが考える「より良い暮らし」とは何か。それは高価なおもちゃや珍しい贈り物などではなく、非常にシンプルなものでした。

・(親が)怒鳴らずもっと話しをする

・(親が)電話の電源を切る

・(親が)もっと抱きしめてくれる

・学校に押し込められる時間を減らして、親と一緒に外で体を動かして遊ぶ時間を増やす

・(世の中の人々が)もっと笑顔でいる

・引っ越ししなくていい

子供たちは静かに悲しみを閉じ込める

悲しみやよそよそしい表情を見せる子供たちが増えています。現代の子供たちは大きな孤独を抱えており、それが大人しい、静かな人間へと成長させてしまいます。誰とも気持ちや感情について話しをする機会がないので、それらをどう表現したら良いのか分からないのです。心の声を表す方法を知らないので、ますます孤独に陥っていきます。

また彼らは苛立ちやすく、敏感で、あらゆることを求めるようになります。感情を上手く整理することが出来ません。なかなか自発的に動くことが出来ず、他人の意見に非常に傷つきやすいのです。

耳を塞ぐ子供

孤独に押し込められるのは、不安定な感情の中で溺れ苦しむことになるので、決して良いことではありません。それが子供ならなおのことです。引き返したり足をつけるはずの地面がない、四方八方何処にも行き場がないように感じます。このような恐怖を経験するので、びくびくしたり必死に自分を守ろうとするようになるのです。これは大人になった時、人間関係を築く上で非常に大きな壁となります。

子供たちの孤独に直面したときどうすれば?

もちろん、親はある時点で子供が孤独を感じていることに気づくでしょう。ですがここで重大なジレンマが現れます。家計を支えるため仕事に行くということが、子供と過ごす時間を奪ってしまうという事です。ですが、その解決法はいくらでもあります。以下がその例です。

仕事のスケジュールを調整し、子供との時間を作る。週にたったの1時間程度だとしてもかまわないのです。

パートナーや友人などと協力して時間を分配し、出来るだけ子供が1人にならないようにする。これは学校にいる時間は含まれません。

子供のためだけの時間を作る。電話の電源を切り子供以外の事を考えない時間を1日少なくとも30分作ります。子供を抱きしめ、今日1日がどんな日であったかを話し、子供たちがどう過ごしたかを聞く、そういったことが子供たちにとって幸せで素晴らしい時間を作り上げるのです。

1週間に1度は子供たちと遊ぶ。これはとても貴重な時間です。一緒に遊べる期間は短く、あっという間に過ぎ去ってしまいます。一緒に遊べば、わざわざ「愛してる」と言わなくても気持ちは十分に伝わります。

おもちゃの船と子供あなたがどんな状況にいるにせよ、子供たちと共に過ごす時間を作り上げるのはとても大切なことです。彼らが経験する全ての事がこれからの人生の糧となります。仕事などある程度の犠牲が必要になるかも知れませんが、そうする価値は十分にあります。

子供たちにとって親と過ごす時間はとても有意義なものだという事を忘れないでください。

あなたへおすすめ