早起きは一日の中で最悪の間違い?

· 2017年10月28日

「早起きは三文の徳」という言葉を何度聞いたことがあるでしょうか? 私たちの両親が、私たちを朝早く起こして学校に連れていくために早起きするのがいかに良いことかを教えるために使った言い回しです。かの有名な作家のミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラも「太陽と一緒に起きない人 はその日を楽しめない」と言っています。

しかし、私たちが早朝の苦しみや辛さを抱いている今、今まで信じていたほど早く起きることが良いとは限らないことが分かっています。

ここ数十年の間、ヨーロッパ社会のほとんどは、働く日の昼光を活用するための生活リズムを送ってきました。 にもかかわらず、早起きが体と心に害を及ぼす可能性があることを示す調査が行われたのです。

なぜ早起きが良くないのか

英国のウェストミンスター大学の研究者がこの研究を行いました。 その中で、彼らはあまりにも早く起きることは決して肯定的ではなく、それは私たちの寿命を短縮する可能性もあるという仮説を立てました。 アンジェラ・クロー博士は数週間にわたって42人のボランティアの調査を指導しました。 1日に朝起きた直後の1回を含む8回、ボランティアから唾液サンプルを検出しました。

朝の伸び

この研究から得られたデータから、早起きする人は頭痛に苦しむ傾向が強いことが示されました。 さらに、筋肉に関連した問題に苦しんでいる可能性が高く、気分が悪くなる傾向が強まっているという証拠が見つかったのです。

朝7時21分よりも前に定期的に起き上がる人は、より高いレベルのコルチゾールを示すことがわかったため、この時間が研究で重要な時間となりました。コルチゾールはストレスを促進するホルモンです。

地獄とは朝6時に起きて、工場で働くために急ぐことである」

-Lququillo-

他の研究のデータ

それにもかかわらず人々は、8時間寝る限り起きる時間は関係ないと主張するかもしれません。しかしこの調査で、同じ睡眠量では、早起きの人がストレスを抱えやすかったり怒りっぽい傾向があることが示されているため、それは正しくないのです。

しかし、上記の時間より少し遅れて起きる人々は、より良い社会的関係を築くことができる兆候を示しています。非常に親密さがある環境においても、彼らは最も快適であると感じています。

しかし、より早起きを好む人にもポジティブなデータがあります。 Clow博士の研究によると、7時21分よりも前に目を覚ます人々は、集中力があることがわかりました

「死ぬことに関する良いことは、あなたがもう早く起きる必要がないということです。

– ジョゼ・ルイス・コル –

ストレスを軽減する方法

あなたがしばしば仕事や家庭のために早起きすることを余儀なくされているなら、ストレスレベルを下げる必要があります。 高度に産業化された社会では、ストレスが大きな流行であることを忘れないでください。 精神的な問題以外にも、外在化され、深刻な身体的問題を引き起こす可能性があります。 なので、ストレスを減らすのに役立つ健康的な習慣を持つ必要があるのです。

あなたの時間を効率的に管理することは基本です。 急いで、最後にすべてをやることはあまり好ましくありません。

・極端に完璧主義者である必要はありません。 完璧を求めず、リラックスしましょう。

・激しすぎず、しばらく私たちをストレスの源から遠ざけてくれるスポーツをするのは良いアイデアです。 それらは不安を管理してくれるでしょう。

野原に寝そべる女性

肯定的な思考を用いることもストレスの軽減に優れています。サングラスを通してすべてを見れば、暗い視野が私たちの思考のあらゆる点を引き継いでしまい、本当に脅威にならない隅にまで幽霊を作り出すでしょう。その一方で、存在する脅威を必要以上に誇張します。

・健康的な食事は、ストレスの多い状況を管理するための良い方法です。高度に加工された食品、高脂肪、アルコール飲料は避けてください。

言われたように、睡眠時間は基本的なものです。中々起きられないという人は、少なくとも毎日8時間休息してください。

・ユーモア、マインドフルネス、良いコンサートを聴く、映画やスポーツ観戦などの活動でリラックスし、楽しむ時間を作りましょう。

早起きは常に良いものではないことを覚えておいてください。重要なのは、あなたの体を知って、あなたが日々の義務の中でも気分がよくなるスケジュールを見つけることです。また、余分な睡眠もマイナスになります。常識、規律、小さな快楽、情報といった要素が、より良い人生を送るための最良の武器なのです。