人権と基本的権利の違い

16 3月, 2020
人権とは、人として、自分の環境にあったある程度の自由を与えるために、個人との関係の中で国が行動に制限を設けているものだと言えます。人権と基本的権利について学びましょう。

基本的権利は、18世紀終わりフランスで採択された「人間と市民の権利の宣言」に由来します人権という概念は、古代ローマ人が制定したきまりが発祥で、当時の合理的思想に基づいたものでした

「法律」とは、国が個人の行動を規制するために設ける法的な決まりであると言えます。法律に反すると、司法の制裁を受けることになります。

そこで、法律が社会的共存の基礎を作り、皆に安心、平等、確実性、自由、正義を与えます。つまり、調和、秩序、社会的均衡を保つために法律はあるのです

今回の記事では、人権と基本的権利の概念とその特性や違い、そして、社会的影響を学びましょう。

人権 基本的権利

 

人権

法律の定義によると、人権とは個人に関し国に課せられた制限だと理解することができます。これにより、人として、自分の環境にあった、ある程度の自由が保障されます

自由に尊厳を持って平等で平和な環境で生きることを可能にするために、人権は必要不可欠です。

人権は、例外なくすべての人が持っています。性別、国籍、人種、肌の色、宗教、居住形態、言語、政党、年齢、社会的・文化的・経済的条件は関係ありません

人権には、次の特徴があります。

  • ユニバーサル
  • 犯すことができない
  • 受け渡しできない
  • 放棄できない
  • 相互依存的

国際人権法は、人権や個人の基本的自由の保護と推進のために、すべての国に上記のように行動することを義務づけています

そしてこの一連の規則の基礎は、国連憲章(1945)および世界人権宣言(1948)に記されています。

 

基本的権利

基本的権利の前に、まず人権がなくてはなりません。基本的権利とは、国がその境界の中で人が生きられるように保証することだと言えます。この権利は人間にとっての基本であり、国の憲法で管理されています。

基本的権利には、憲法によって定められた他の権利とは違う点があります。それは、(出生時獲得し)奪うことができないもので、また取引や交換ができないことです。

さらに、民主主義の司法で、基本的権利の擁護は一般的に速く処理されることが多いのです。それは、基本的権利が社会の基本的柱だと考えられているためです。

このように、基本的権利は各国でそれぞれ定められています。しかし悲しいことにこれが尊重されていない国も少なくありません。

人権 基本的権利

 

基本的権利と人権の違い

一番大きな違いは、権利の範囲です。人権はユニバーサルで、制限がありません。一方で基本的権利はある法体系の中で存在し、法律による制限があります。そのため、法律では基本的権利の概念が幅広く用いられています。

基本的権利は何より憲法で決められた権利です。その基本的権利を作るためには、権利の先在を知る必要があります。

人権の内容は、基本的権利と比べ幅広くなっています。そのため、人権のすべてが基本的権利ほど知られていないのも事実です。

国の規則、特に憲法で基本的権利と人権は区別されています。そして、この違いにより、国内の規則に大きく違いがあるのです。

  • Amnistía Internacional, https://www.es.amnesty.org/en-que-estamos/temas/derechos-humanos/
  • Revistas jurídicas, https://revistas.juridicas.unam.mx/index.php/hechos-y-derechos/article/view/12556/14135
  • Naciones Unidas, https://www.un.org/es/sections/issues-depth/human-rights/index.html
  • Comisión Nacional de los Derechos Humanos, http://stj.col.gob.mx/dh/descargables/pdf_seccion/concepto_3_2_2.pdf