科学からみた知性

2018年5月27日 in 好奇心 0 シェア済み
風船を手放した人

心理学の側面から知性について話すとき、影が物体と混同してしまうようなブラックホールに入ってしまいます。

知性を定義しようとすると、人々が問題を解決し、新しいアイデアを提案し、新しい視点を見つけることができ、すなわち知的である、という考えに至ります。

現代の心理学はまた、限られた定義の知性ではなく、「異なるタイプの知性」のアイデアを支持します。この新しいアイディアのおかげで、我々はアインシュタイン、モーツァルト、そしてセルバンテスがすべて知的であることに同意できます。

彼らの業績、傑作、発見が彼らの能力の証拠であり、それらをテストすることなく「彼らが知的である」と言うことができます。「知性」は、努力、記憶、創造性など、私たちを輝かせる他の能力によって育まれています。

多くの科学者は、知性には強い遺伝的要素があると言います。確かに、DNAは私たちの人生のカードの多くを与えてくれていますが、それが全てではないことを忘れないでください。

私たちは、特に脳の可塑性が最高レベルにある生まれてから最初の数年間、自分たちが置かれた環境からより多くを得ます。この段階では、脳は将来の構造物、特に社会的行動に関わるものの基礎を築いています。

知性に関する研究は、個体差を定量化し測定する必要があった2つの興味深い状況で始まりました。そのうち1つは軍隊で、第1次世界大戦中の米国軍隊のロバート・ヤーキーズの仕事として始まりました。もう一つは教育(アルフレッド・ビネーのフランス教育システムの再構築に関する作業を参照)でした。

どちらの場合も、知性を研究する理由は、知性のある人とそうでない人を区別するためでした。結局のところ、彼らは、今現在も行われている信頼性の高い「知性測定器」を作りたかったのです。

ユニークな整理方法

知的な人々は、創造的な人々と共通する何か(無秩序の愛)を持っているように見えます。この特性は、彼らと一緒に暮らす人々にとって多くの問題を引き起こす可能性があり、異なる解決策を見つけた結果の能力です。

キャサリン・ヴォースと彼女の協力者は、ボランティアのグループを無作為に2つのグループに分けた興味深い調査を実施しました。

1つのグループは乱雑な机があるオフィスに入り、もう1つは清潔な机のオフィスに入りました。各グループは、さまざまな問題を解決するためにアイデアをシェアするように求められました。結果ですか?乱雑な机グループの人たちは、キレイな机のグループよりも、より良いアイデアを出したのでした。

片手で数えられる友達の数

知的な人はあまり友達がいないように見えます彼らが関係に費やす時間は、新しい人間関係を生み出すよりも、今いる友達と楽しむ傾向にあります。

さらに研究は、高度に知的な人々の間では、友人の数と満足感または一般的な幸福の間にネガティブな相関性があることを示しています。

これは興味深いことです。なぜなら、一般的な人口の相関を分析すると、それはまったく反対になります。つまり、友人が多いほど、満足感がより深まるはずです。

この現象を説明する進化論があります。知的な人々は多くの分野で他の人のサポートを必要としないのです。彼らにとって他の人と一緒にいることは、彼らの利益ではなくむしろ障害になることがあります。

風船を手に歩く女性

悪い言葉の大きな語彙

あなたの人生の目標が悪意のあるものであったり、あるいは気に食わない人と遊ぶのではない限り、人々に悪口雑言を投げる人生を送るのはいいアイディアとは言えません。

しかし、インターネットや書面でも、不適切な言葉を愛するコラムニストは世に溢れています。それは悪い言葉を使う人がより知的であるということでしょうか?いいえ、それは私たちが言おうとしていることではありません。

しかし、人が作り出すことができるさまざまなスラングの量が知性と相関するように思えます。あるいは、心理学者クリスティンとティモシー・ジェイによる2009年の研究がそれを証明したようです。

彼らの研究では、参加者に対し、できるだけ多く悪い言葉で挨拶をするように指示しました。その結果、多くの悪い言葉のリストを作成した人は、他のカテゴリでも同じことをすることができたのです。

知的な人々に共通していることは他にもあります。例えば、遅く起きたり、思想として左傾したり、環境を気遣ったりするなどのことですまた高度に知的な人々が刺激が足りない時にそれを補う方法として、何かしらの中毒症を起こす危険があるようです。

あなたへおすすめ