子供がいじめられているかもしれない5つの兆候

2018年9月7日 in 好奇心 0 シェア済み
壁にもたれかかる子ども

子どもがいじめられているというちょっとしたサインを見抜くのは簡単ではありません。いじめを受けている子どもは、起こっていることを口にしない傾向にあります。いじめっ子は、チクらないように被害者を脅すのです。

いじめは長い間存在しています。しかし、近年様々な要因から数が増加し激しさを増しています。最大の要因は、 離人症の原因となっている新しいテクノロジーへの容易なアクセスです。

「自分を愛する人は他人を傷つけません。自分を憎んでいればいるほど、他人に苦しみを与えたくなります。」

-ダン・ピアース-

子どもがいじめられているときどんな影響があるかは未知数です。自分たちで対処する方法を学ぶこともあります。大きく影響を及ぼして、感情的な安定性を乱す可能性もあります。あまりにも恐ろしい経験で子どもが激しく沈んでしまうということもあり得ます。だから、子どもがいじめられてるというサインに敏感になる必要があるんです。以下にそのうちの5つをご紹介します。

1. 予期せぬ体調不良

少年

子どもがいじめられている時、それは物理的な症状として現れるかもしれません。問題を一般化させてしまうんです。よくあるのは、頭痛、吐き気、めまいなどです。食欲が減退したり、食事習慣が変わったりすることもよくあります。前は好きだったものを食べるのを拒むかもしれません。寝られなくなったり、逆に寝すぎるようになることもあります。

2. 内向的になってイライラする

ふるまいの変化は、子どもがいじめられている可能性のサインです。子どもはほぼ確実に内に向くようになります。物思いにふけって、静かで悲しそうな様子を見せます。しかし、大丈夫かと聞かれると、大丈夫、何も問題ないと答えます。

さらに、イライラして不寛容になり、機嫌が悪いことが多くなります。受動攻撃的に自分を表現しているんです。例えば、話しかけられた時答えないとか不機嫌になると言ったようにです。いつも気に入らなくて苛立っているかのように見えます。

3. 低い成績

子どもがいじめられていた場合、学校での成績にも反映されます。たいてい、子どもは上の空になります。宿題をするのを忘れたり、先生の説明を間違って解釈したり、ただ単に学校の課題をしたくなくなるようです。

階段に座り込む少年

いじめられている子どもは精神的に上の空になり、物事についていけなくなります。気が散って、授業での説明が理解できないと言います。起きて学校に行くのが辛くなり、言い訳をして家にいようとするようになったりすることも一般的です。

4. 一人になりたがる

子どもがいじめられている場合、一人になりたがります習い事などには参加したがらず、もっと家にこもって友達と会って遊んだりすることに全く興味を示さなくなります。学校には行くかもしれませんが、終業ベルが鳴るなり帰ります。

時間が断つと、友達も連絡してこなくなります。テレビゲームなど一人できるアクティビティーに没頭し始めます。たくさんの時間をパソコンに費やすことにもなるかもしれません。

5. あざ

最後に、肉体的に虐待を受けたことを示唆するサインを残して家に帰ってくることがあります。例えば、あざ、ひっかき傷などです。子どもがいじめられているからと言って、ボコボコにされるとは限りません。いじめっ子は「ちょっと」からかってお菓子を盗んだり笑いものにしたいだけの場合もあるんです。

泣く少年

何が起こったか話すのを拒むかもしれません。そのことに関して質問し続けると攻撃的になることもあります。それでも、子どもが嫌がらせを受けていると思ったら、子どもがあなたを突き放すことを許してはいけません。プレッシャーをかけずに粘り強く、落ち着いて対応しましょう。

子どもが話してくれなかったら、あなたの状況に対処する能力を疑っているのかもしれません。自分を 説き伏せたり状況を悪化させるのでは、と恐れているかもしれません。まず、自分の信頼を高めてください。 それから、サポートするために側にいること、きっと状況が良くなることを示してあげましょう。

あなたへおすすめ