今日がコンフォートゾーンから抜け出すのに最適な日

· 2018年7月10日

コンフォートゾーンから抜け出すための完璧なタイミングは、予期せぬ時に訪れます。そして訪れた時に必要なのは、勇気と自分にはもっと価値があるという確信の二つだけです。これは、信念の跳躍であり、強い心と決断力を持って行なわれるべきステップです。それは、あなたが本当になりたい人に近づくための変化です。

コンフォートゾーンから抜け出す」という表現は、私たちの言語に深く根を張っています。あなたもどこでもそれを耳にするでしょう。自己啓発の分野で非常に人気ですが、ここでいくつかのことを明白にする必要があります。

もし我々が成長しているのなら、私たちはいつでも快適圏から出るだろう
ジョン・マクスウェル 

まず第一に、今日、私たちはいつもコンフォートゾーンから抜け出すよう押されているように感じています。私たちは変化を求められています。変化そのものはポジティブであり、それだけの価値があるものだからです。視野を広げるのに役立ちます。それは、私たちの前に現れる素晴らしい機会を受け入れやすくします。ぼんやりしていたり、恐れや恥ずかしさがある時には、手を伸ばすのを躊躇してしまうような機会です。

例えば、広告は常に新製品を試すように勧めます。今まで信頼してきたブランドを捨てて、新しいものを試させようとします。また、誰かが「私はどうしたらいいか分からない。彼氏が一緒に住むように言ったの」と相談すれば、「いいじゃん。コンフォートゾーンから抜け出す時だよ」と古典的なアドバイスをする人が必ずいます。

しかし、この言葉は軽く使われるべきではありません。コンフォートゾーンの元の理論には、我々が忘れている基本的な、本質的な原則がいくつかあります。いつ、どのようにその大きな一歩を踏み出すか決めるには、自分のことを良く知っている必要があります。ジャンプが落下になってしまうのは避けたいものなのです。だから、完璧なタイミングを特定する方法を学ぶ必要があるのです。

 

コンフォートゾーン―全てが上手くいく場所

魔法はコンフォートゾーンの外で起こることを解いて来ました。さて、このアイデアにはいくつかのニュアンスがあります。魔法は実はあなたの中にあり、自分がいるべき場所にいる時、あなたは幸せに感じます。あなたを幸せな気分で満足させてくれる場所です。しかし時には、新しいものを見つけるために日々の快適な環境の壁をよじ登る必要があります。本当に必要なものを見つけるためです。

慰めの愛を語る学者は、学者と呼ばれるのに相応しくない。 
老子

代わりに、あなたの快適な環境は、あなたが必要とするものだけを提供してくれます。こうして自分の幸せを築く人もいます。 「あなたのコンフォートゾーンから抜け出す」と言うコンセプトをもう少し理解するためには、その起源を見ることが大切です。それがどこから来たのか見て行きましょう。

コンフォートゾーンの起源

1980年代、科学者たちは、寒さや暑さを感じない快適な条件の世界の気温の範囲を調べました。彼らは、約20度から24度の範囲に快適圏があるとしました。

その後、1991年に「Danger in the Comfort Zone (コンフォートゾーンにおける危険)」と題されたビジネス管理に関する書籍が出版されました。著者ジュディス・M・バードウィックがこの科学用語を使用し、発表しました。彼女はそれを、人々が不安レベルがゼロで機能している状態だと定義しました。

では・・・私たちが経験する不安がそこまで低いとどうなるのでしょう?革新的ではなく、創造的ではなく、刺激がなくなってしまうのです。私たちの環境に対するコントロールが高すぎて、新しいものを作る必要がなくなってしまいます。このコンフォートゾーンからは、独創的なものは何も生まれません。

丘の上にいる少女が笛を吹いている

2009年に、心理学者ロバート・ヤーキーズはこのコンセプトをもう少し明確にし、「最適なパフォーマンス領域」について話しました。これは少しのストレスと不安があるおかげで、人々のパフォーマンスを助けてくれる状態です。

その小さな興奮が、私たちに別の選択肢を探し、より創造的に考えるよう駆り立ててくれるものです。それは、一定のコントロールを保ちつつも、心から満足できるためにより革新的な思考を奨励します。

したがって、我々は一つ重要なことを覚えておく必要があります―パラシュートも持たずに、目を閉じて飛び降りるのは良い考えではないのです。熱狂的になってあなたの快適圏から脱すると、危険ゾーンに足を踏み入れてしまう可能性があります。ここでは、自らのコントロールを簡単に失い、最適なパフォーマンスの領域を通り越してしまいます。

自分のコンフォートゾーンからいつどのように脱出するかを決めるのは私

時々私達は、成功のためではなく、ただ生き延びるために私たちのコンフォートゾーンから抜け出さなければならない時があります。家を離れて海外に働きに行く若い男性が、必ずしも「挑戦」することを求めているとは限りません。時に、より良い機会を求めてやむを得ず外へ踏み出す場合もあるのです。

今の私たちのままでいるだけでは、自分がなるべき人間になることはできない
マックス・デ・プリ―

10年20年と一緒に暮らした後でパートナーから離れていく人も、成功を求めてそうするのではありません。再び幸せになるために、自分の尊厳と自分自身を取り戻すために出ていくのです。だから私たちは、人々があまりにも快適でいると説くだけの、いわゆる「指導者」以外にも耳を傾ける必要があります。

変化を軽々しく行うべきではないことを覚えておきましょう。 具体的で明確で客観的なニーズがあってこそ変化があります。 それは、不満、不幸、実存空虚、無関心かもしれません…

結論として、「変わるために変わる」のは、あなたが望むものではないことを覚えていてください。 また、あなたの必要なものを見つけるためには、あなたの快適圏のドアを開けることです。 いつ開けるか選択するのはあなたです。 それは、あなた自身が強さを感じ、恐怖の手から抜けられるようになる時でしょう。