面接で聞かれる5つのきわどい質問

· 2018年12月6日

何かの始まりは恐いものです。仕事を辞めることは、それが解雇であっても、自分で決めたことであっても、大きな変化になります。再就職の際、将来の雇い主から面接で聞かれる、きわどい質問について知っておくと良いでしょう。

仕事を見つけることが奇跡のように感じることすらあります。そのため、面接の機会を得た時、十分備えておくことがとても重要です。その仕事には、他にも候補者がいるでしょう。面接でよく聞かれるきわどい質問を知っておくと、他の候補者より少し有利になるかもしれません。それでは、詳しく見ていきましょう。

 

なぜ、前職を辞めたのですか?

これは、窮地に陥った気持ちにさせる質問です。その理由は、職場の環境が健康的だとは言えなかったからかもしれません。また、何かミスをし、辞めざるをえなかったのかもしれません。何を言うべきか落ち着いて考えましょう(事前に考えておくと良いでしょう)。 誠実に、簡潔に答えましょう。

面接中に、前の職場の同僚または上司を悪く言ってはいけません。傷を開かないようにしつつ、明確に理由を述べましょう。(例え、周りがあなたに対してそうでなかったとしても)人に敬意をもった態度が必要です。そうすると、面接官は、あなたは清く、責任のある人だという印象をもつでしょう。

面接

 

なぜ、無職の期間が長いのですか?

面接で聞かれる、一番嫌できわどい質問でしょう。運が悪かったり個人的な問題などのせいで、長い間無職でいる人はたくさんいます。それなら、なぜ自分の私生活の詳細を開く必要があるのでしょうか?

この質問に対して、明確な答えがあるとは限りません。しかし、面接官は、あなたのやる気や積極性をただ知りたいだけということも考えられます。もちろん、答えたくない質問に無理に答える必要はありませんが、シンプルに「家庭の事情」や「病気療養」と答えるだけで十分かもしれません。

 

チームで働くのは好きですか?

この質問の答えは必ず「はい」です。実際どうかは問題ではありません。グループの一員として働ける人物であるという印象を残さなければいけません。雇用主にとって、リーダー性、チームワーク、協調性はとても重要です。

また、状況により一人で働くことも可能であるという姿勢を示すのも良いでしょう。一人で働くことも、チームワークと同じように重要です。皆個性があります。それをうまく利用すると、大きな助けとなるでしょう。

「仕事と規範は、安定した自由のための基礎中の基礎である」

-フランシスコ・デ・ミランダ-

 

あなたの長所は何ですか?

これは、とても気を遣う質問です。正直でいながら、やり過ぎてもいけません。大口をたたく、傲慢な人は好かれません。仕事に真剣に取り組み、成長する姿勢を謙虚に示すと良いでしょう。

また、あなたの弱点についても聞かれるかもしれません。ここでも、正直に答えましょう。しかし大げさに出すぎてもいけません。面接官はあなたを雇いたいのだということを頭にいれておきましょう。仕事の世界で最も求められる人材は、黙る時と話す時を知っている人です。

合意

 

希望給料をお聞かせください。

面接の中でも、給料に関する質問は一番恐れるものでしょう。中には、高額を述べ、その通りになったという人もいます。ただ、このように幸運な人ばかりではありません。

 

面接官がいくら優しそうに見えても、この質問には気を付けなければなりません。自分をお高く見せることなく、公平で妥当な金額を提案しましょう。そうすると、雇用主もそれを念頭に入れ、他の希望者と比べることでしょう。

求職者にとって、面接で聞かれるきわどい質問は悪夢のようです。ここでできることは、落ち着き、穏やかでいることです。緊張する必要はありません。事前に答えを用意しておくことをお勧めします

傲慢になることなく、正直に、明確に、簡潔に質問に答えましょう。簡潔さは美徳であり、さらに、あなたがあまり誇れない恥ずかしい出来事について話すのを避けることができます。これらのアドバイスに従い、夢に描いた仕事を勝ち取りましょう!