村上春樹:日本人ベストセラー作家の伝記

2019年8月15日
村上春樹の作品の多くが、J. K. ローリングのハリー・ポッターシリーズと同じほどの成功を収めています。彼の描く不思議なキャラクター達、超現実的な世界、そして繊細な感情が世界中を虜にしています。

村上春樹はその独特の作風で世界中を魅了している作家です彼の作品の中では、孤独、恐怖、失恋と言った基本的な概念が、様々な象徴や素晴らしい夢のような世界観を通して超現実と融合されます。村上春樹はベストセラー作家で、長年ノーベル文学賞の候補としても名前が挙がっています。

村上春樹の作品を初めて読んでいくとき、興味深いことが起こります。一行一行が自分のため、さらに言えば自分のためだけに書かれているように感じられるのです。彼ほどそれを簡単にやってのける作家は多くないでしょう。

村上春樹の作品の主人公たちはいつも観察者です。彼らは何かが起こるのを興味深く待っています。奇妙な電話、迷子の猫、恋人を消してしまう別次元への扉…ガルシア・マルケスの魔術的リアリズムとは違った形で、不思議なことが日常と混ざっていきます。これは、村上春樹の作品の中では、読者はまるで鮮明な夢を見ているかのように全てを堪能することが出来るからです。

村上春樹にとって、執筆とは夢を見ることのようです。彼の本の中には、別のタイプの意識へと繋がる多くの扉、可能性が無限大な世界、予言をする動物、特徴的な性描写などが溢れています。

村上春樹は文学界のデイヴィッド・リンチと言えます。それ故に、彼の作品はある人にとっては奇妙すぎる一方、またある人にとっては崇高なものなのです。

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです。」
-村上春樹

村上春樹 日本人ベストセラー作家 伝記

村上春樹:ジャズを愛する空想家

村上春樹は、1949年京都に生まれました。彼に文化に開けた姿勢を教えたのは、ともに国語教師であった彼の両親でした。また彼は若いうちからアメリカの本や音楽にも触れていきます。アメリカの50~60年代の名作を読みながら育ち、子供のころからジャズが好きでした。

早稲田大学第一文学部に入学しましたが、大学へはほとんど行きませんでした。彼の生活の中心は、音楽と大都会のジャズ喫茶で過ごす夜だったのです。レコード店で働いた後、東京の国分寺に「ピーター・キャット」と呼ばれるジャズ喫茶を開店します。

後に妻となる高橋陽子とは、早稲田大学で知り合いました。音楽への愛を共有していた彼女は、80年代初めまでジャズ喫茶を手伝います。この時期に村上春樹の最初の作品が出版されますが、大成功をもたらしたのは1986年に出版された『ノルウェイの森』でした。この後、村上春樹は新たな冒険に挑戦する決心をします。日本を離れてヨーロッパとアメリカに住むことです。

ディストピア的世界観、翻訳、そして未だ見ぬノーベル賞

阪神淡路大震災とオウム真理教の地下鉄サリン事件の後、村上春樹は1995年に日本に一時帰国することを決めます。これらの悲劇的な出来事は、『アンダーグラウンド』(1997年)や『神の子どもたちはみな踊る』(2000年)といった作品のインスピレーションとなりました。

その他にも、『スプートニクの恋人』では、「すみれ」が姿を消すストーリーを通して人間の愛情の本質を探究しています。また『海辺のカフカ』(2002年)、『アフターダーク』(2004年)、『1Q84』(2009)といった作品では、ディストピア的世界観を掘り下げています。

村上春樹 日本人ベストセラー作家 伝記

彼の象徴表現、内省、超現実は、読者を引き込むと同時に困惑させます。何百万もの人を惑わせるこれほど独特なスタイルを作り出せる作家はあまりいません。実際、村上春樹はベストセラー作家の中でも特に優れた小説家です。それにもかかわらず、すぐそこまで来ているようにも思えるノーベル文学賞はまだ受賞に至らずのままです。

彼が日英の翻訳家であることも言及すべきでしょう。彼は自らのインスピレーションと考える作家たちの作品を翻訳しています。レイモンド・カーヴァ―、スコット・フィッツジェラルド、ジョン・アーヴィングなどがその例です。

プライベートでは、猫やスポーツが好きだという面もあります。活発なライフスタイルを送り、マラソンやトライアスロンにも参加しています。

村上春樹の作風

最近になって村上春樹はフィクションに戻り、『騎士団長殺し』を出版しました。全二巻の大作で、その中で愛、孤独、仕事という彼の馴染みのテーマを扱っています。

世界中の人が村上春樹を愛読してします。自国の文化よりも欧米文化を好むことから日本で「外人」扱いされ、「大衆小説家」だ言う人もいますが、それでも彼の作品は多くの人を魅了し続けています。

村上春樹 日本人ベストセラー作家 伝記

今日まで、村上春樹の作品は42か国語に翻訳されてきました。彼の著書は、韓国や中国でもベストセラーとなっています。経験的な出来事と夢想的な出来事を織り交ぜる技と、超現実的な要素を加える彼独特の手法が多くの読者を魅了しています。彼の象徴主義が、奇妙なものでありながら誰でもそれに共感することが出来るからです。それは愛情、恐怖、孤独に満ちた現実を表しているのです。

ノーベル文学賞の受賞に至るかどうかは誰にも分かりませんが、村上春樹は独特のスタイルで世界中の読者の心を捉えました。作家なら誰もが欲しがるもの、つまり読者からの敬愛を彼はすでに勝ち取っているのです。

  • Mussari, Mark (2011). Haruki Murakami. Marshall Cavendish.
  • Sotelo Navalpotro, Justo (2013). Los mundos de Haruki Murakami. Izana Editores