オピオイド:中毒性薬物

2018年6月29日 in 好奇心 0 シェア済み
薬

日常生活に影響を与える膝の痛み、あるいは背中の痛みから全ては始まります。もしくは、再発性片頭痛や不安かもしれません。一般的に、それらの痛みに使用されるオピオイドを処方してくれる医者のところへ行きます。そして全てが変わります。オピオイドは最も強力な鎮痛剤でもあり、同時に最も中毒性があります。

オピオイドと言えば、もしかしたらいくつかの名前が思い浮かぶかもしれません。マイケル・ジャクソン、プリンス、フィリップ・シーモア・ホフマンは皆、精神安定薬やオピオイドやその他の物質の中毒性によって亡くなりました。そのような製品の1つは、フェンタニルとよばれ、処方箋でのみ得ることができる合成オピオイド鎮痛薬です。

痛みを和らげるのは神聖な仕事です
ヒポクラテス 

有名人の死は注目を集めていますが、無視できない1つの客観的な事実があります。それはこれらの薬物は麻薬よりも多くの死を引き起こしているということです。 私たちは多くのことを語りませんが、DSM-IVの著者の一人である精神科医アレン・フランシスは違います。最近、彼は製薬業界の主要な批評家でもありました。

オピオイドは痛みを和らげるために最も一般的に処方されている薬物ですが、問題は痛みの救済のために支払う対価が高すぎることです。さらに、私たちはしばしば、その薬物の長期的な結果を完全に理解しているわけではありません。

オピオイドの花

オピオイド、中毒性の薬物

オピオイドは、初期においては、脳に良いものです。なぜでしょう?それらはエンドルフィンの活動を模倣し、喜びの気持ちを作り出し、痛みを鈍らせるからです。したがって、これらの薬剤は、手術中や急性、持続性の痛み、または癌患者の生活の質の改善のために非常に有用です。

中毒者の優先事項は、日々の生活を楽にするために、購入した救済物で生活の苦痛を和らげるすることです。
ラッセル・ブランド

さらに、アヘン剤とオピオイドを区別することが重要です。「アヘン剤」は、アヘン植物から直接抽出された物質、例えばモルヒネを指します。その一方で、「オピオイド」は、天然アヘン剤と同じ効果を有する全ての合成・半合成製品を指します。

オピオイドの効果

いくつかのオピオイドは即座に作用しますが、他のオピオイドは繰り返し服用して作用します。私たちが薬を服用する時に痛みを感じているかどうかは問題ではありません。それは痛みの出現を予防し、調節します。このすべては、私たちの脳の洗練されたメカニズムによって起こります。以下の通りです

  • まず第一に、これらの薬物は私達の体に到達し、神経系や他の組織の特定のオピオイド受容体(μ、κ、δ)と結合します
  • これらの受容体はGi / oタンパク質に関連しています。次にタンパク質は、アデニル酸シクラーゼの作用を阻害し、カリウムチャンネルを開き、シナプス前カルシウム受容体を閉じることによって作用します。これにより、ニューロンの興奮性、ひいてはあらゆる種類の痛みが軽減されます。

脳

オピオイドの作用は、通常、平均して3〜4時間持続します。しかし、合成自体はずっと長く続くことがあります。これらの薬物は、平穏なリラクゼーション、不安の大幅な減退、そしてしばしば心地よい幸福感を作り出します。

これらのポジティブな側面があるにもかかわらず、効果は短く、限られており、対価が高いです。その対価は、私たちの肉体的、精神的な健康を意味します。基本的には、薬物によって生成された化学物質の流入がなくなると、脳は「パニック」モードに入ります。その後、長時間服用し続けると、免疫が発達することで、効果がすぐに切れるようになります。

オピオイドの体内への影響

アヘン剤やオピオイドの効果は、その人がどれくらいの時間服用しているかによって異なります。ただし、次の段階に分けることができます。

まず、初期段階は、

  • 皮膚の過熱
  • 口渇
  • 四肢の重さ
  • 吐き気、かゆみ

3〜5時間後、

  • 眠気
  • ミオーシス:瞳孔の収縮
  • 便秘
  • 混乱
  • 小さな視覚幻覚症状
  • めまい
  • 集中できない
  • 無関心

最後に、長期的な影響

  • 消化器疾患:食欲不振、慢性便秘
  • 心血管変化
  • 関節炎および他のリウマチの問題
  • 深刻な記憶障害、注意力と意欲の喪失
  • 幻覚、突然の気分の変化、うつ病、不安、不眠症
  • 静脈炎
  • 皮膚・白色組織の感染
  • 肝疾患
  • 呼吸器疾患

モルヒネの瓶

オピオイドの投与を規制する必要性

ヒポクラテスは、 “Divinum opus est sedare Dolores (痛みを和らげるのは神聖な仕事です)” というスローガンの下でアヘンを定義しました。しかしこの場合、残念ながら彼の意見に賛成することはできません。痛みを和らげることは、神ではなく医師の仕事であることをもう一度思い出さなければなりません。私たちの責任はこれらの物質をうまく使用することです。

事実、1ヵ月間オピオイドを使用している人の3分の1は耐性ができて、中毒になるのです。 1999年以降、アヘン剤の販売は世界中で4倍になっていることも報告されています。

製薬業界は身体的および精神的痛みを扱います。 したがって、単なる意識以上のものが必要になります。 また、政府や州政府機関、医療機関における適切な規制もまた必要です。

参考文献

Jesús Florez (2008) “Farmacología humana” Barcelona: Masson

あなたへおすすめ