恋愛関係における嫉妬の狂気

2018年5月31日 in 心理学 0 シェア済み
去る男性

愛する人を他の人に奪われる恐怖を感じたことがあるか自分に尋ねてみてください。恐怖は愛の相ではありません。自分の持つものや自分という人間を失うことに恐怖を感じることがあります。それは気を付けていなければ嫉妬に変わります

嫉妬を感じた人はどのように行動するか?

嫉妬深い人はパートナーがとるすべてのステップに注目します。彼らの行動を制限するため監視しコントロールします。そうすることで、パートナーの不貞を防いだり発見したりできると思っています。パートナーが交流するすべての人を脅威に感じます:同僚、家族、友達、ちょっとした知り合いなど。出会う前のパートナーの過去の経験にすら嫉妬する人すらいます。

携帯

2つのタイプの嫉妬があります:強迫的嫉妬と妄想嫉妬です。いずれの嫉妬か両方を持っている場合もあります。

強迫的嫉妬とは?

強迫嫉妬は、パートナーの行動を承認、チェック、コントロールするような儀式を行うことに特徴づけられます。カギとなる例はこちらです:

  • パートナーのテキストメッセージ、メール、ソーシャルメディアのすべてを読む。
  • 写真、メッセージ、電話で疑わしいと思うたびにパートナーに対峙する。
  • 頻繁にパートナーに電話し、サプライズ訪問をして、相手がいるといった場所にいることを確認する。
  • メイク、髪の毛のセット、好きな服装を禁止する。これらが不貞につながると信じている。
  • いるかもしれない愛人からのメッセージを送ってくるかもしれないと信じて家族から距離を置く。
  • 浮気を防ぐため性別の違う友達から距離を置く。
  • ゲイだった可能性に備えて、同じ性別の友達からも距離を置く。

これらの行動を行う時、不安、心配、不信感をより募らせます。彼らのわい曲した考え方は、感情的な不安を引き起こします。

  • 自分は魅力的でないと感じる。
  • ひとりになるのを恐れる。
  • 自分よりいい人がいたらパートナーを奪われてしまうと思う。
  • 不安を隠し他人へ投影する。
    嫉妬する女性

妄想的嫉妬とは?

妄想的嫉妬を持つ人は、証拠がほとんどないのにパートナーの罪を信じ込みます。かなりの嫉妬心で、それは悪循環を引き起こします(どんな小さな詳細も自分の嫉妬心を正当化する理由になります)。かなり独占欲が強いです。

秘密の愛人を探している人は、そんな人が存在しないのにいると思い込みます。
シェアする

警戒心と不信感を募らせ、パートナーを控えめにしたり怒らせたりします。これによってどちらも傷つきます。お互いが相手の姿勢を強化してしまいます。嫉妬深いほうは益々警戒心を募り、パートナーはより無口になります。

パートナーを苦しませていることに罪悪感を感じますが、これによって嫉妬が引き起こされなくなることはありません。たいてい、言葉、肉体的、心理的な暴力になって表れます。落ち着いたら、サイクルの初めに戻って許しを請います。

嫉妬深い人は変われるか?

嫉妬深い人はもちろん変われます。認知行動療法テクニックは、これらの変化を起こす一番いいツールだとされています。治療をうければ、嫉妬深い人も他の人を信頼することを学び、パートナーの誠実さと一緒にいたいと願う気持ちを信じられるようになります。

ハグ

自分にも徳があり愛される価値があると理解した時、自分の弱さを変える力があると受け入れたとき、パートナーにスペースを与えることができると思ったとき、変わることができます。価値感とコントロールのセンスを得たら、その変化は安定します。

あなたへおすすめ