性交後憂鬱:その特徴と原因とは?

性交後憂鬱を経験したことはありませんか?今回の記事で、詳しくお話ししていきます。
性交後憂鬱:その特徴と原因とは?

最後の更新: 01 4月, 2021

性交後に憂鬱になるという人が存在し、これは性交後憂鬱と呼ばれています。行為がすぐに終わったり、オーガズムを感じなかった場合、これは完全に正常なものです。

複数の研究により、人口の10%がこの性交後憂鬱を経験したことがあるというデータが出ています。これは性的関係を持った後の妙な悲しみのことです。しかし、これは行為自体とは関係ありません。それが心地よいものだったとしても、その後憂鬱になってしまうのです。

性交後憂鬱は、病気や機能不全ではありません。多くの場合、これは大きな結果を伴わないある種の感情の状態です。しかし、この状態が長く続くのであれば、問題は大きいかもしれません。

これまで、科学においてこの感情状態のすべてに注目が向けられてきたわけではありません。これに関してはいくつか理論があります。しかし、どの理論も、ある人には当てはまり、別の人には当てはまらず、すべてを説明づけるものではありません。これは、性交後憂鬱に多くの要因が関係している可能性があるためです。

性交後憂鬱

性交後憂鬱とは?

『International Journal of Sexual Health』誌に、性交後憂鬱に関する研究が掲載されました。人により異なりますが、この主症状は性交直後に感じる悲しみです。しかし、これは心地よい経験とは関係ないようで、説明できない感情だと言われます。

通常この状態は数分間続きます。しかし、数時間続くケースもあり、数日間憂鬱が続くという人もいます。

この感情は虚無感と表現されます。泣きたい気分になりますが、理由は分かりません。また、イライラし、気分を害し、一人になりたいと思うこともあるようです。

生理学的要因

この状態の研究をする医師Brian Bird、Robert Schweitzer、Donald Strassbergによると、性交時にホルモンの変化が起こると言います。そして絶頂後、体は自らを安定させようとします。この動きにより、ホルモン値が急激に下がり、憂鬱をもたらすのです。

Richard A. Friedman博士は、ウェイル・コーネル・メディカルセンター精神科の理事長です。オーガズムを迎える時扁桃体の活動に急激な低下が見られると彼は言います。扁桃体は、恐怖心を調整する脳の部位です。

性交時、恐怖心や恐怖に関係するものがすべて大きく低下します。オーガズムの後、脳は素早くこの感覚から回復しようとしますそれが生存に必要不可欠なことだからです。そのため、これらの感情からのリバウンドにより、妙な虚無感が生まれるのです。

性交後憂鬱の精神的要因

人間とは単なる生物学ではありません。そのため、私達の身に起こることは、ホルモンや神経伝達物質のみでは説明できません。もしそうであれば、誰もが性交後憂鬱を経験するはずです。しかしこれに関しては、顕著な多様性が見られます。それは、象徴的要素も感情に変換されるためです。

性交後憂鬱は、セックスに関し複雑な感情を抱える人においてより強くなると複数の精神学者は言います。時々、厳しい生い立ち、個人的な性格、そしてトラウマなどにより、セックスで快感を得ることに罪悪感を覚える人がいます。

また、オーガズムに達しなかったため、この状態になることもあります。フラストレーションを抱えて憂鬱になるのです。

性交後憂鬱

心配すべきなのはどんなとき?

この状態は男性より女性によく見られます。先にも示したように、多くの場合は正常です。数分後に気分が治るなら、心配する必要はありません

重要なのはこの感情の長さ、そして激しさです。憂鬱が長く続き、度合いが強い場合、他に隠れた問題を抱えているかもしれません。専門家の助けを必要とする、より深刻な憂鬱状態の表出である可能性があります。

また、セックスが良くなかったり、相手の態度によって悲しみが現れることもあります。この場合、憂鬱はその関係における問題の警告サインかもしれません。問題が続くようであれば、専門家に相談するのが一番です。

こちらの記事もおすすめ
うつ病の人は自分自身をどう見ている?
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
うつ病の人は自分自身をどう見ている?

私たちは皆、それぞれなにかしらと闘っています。仕事、家族、人間関係など、非常に多くの様々な方法で、新しい挑戦は毎日起こるものです。多くの場合、うつ病が停滞する原因は、自分自身との闘いであると考えられています。 うつ病 の人は 自分自身 をどう見ているのでしょうか?



  • Araya Baltra, R., Rojas Castillo, G., & Fritsch Montero, R. (2000). Depresión y género en Santiago de Chile. Acta Psiquiatr Psicol Am Lat, 46(4), 325-35.