幸せボトル:方法とメリット

· 2018年3月17日

面白いことに、推理小説の女王、アガサ・クリスティが言った最も美しい言葉は、ミステリーとは何の関係もありません。彼女は次のような言葉を残しました。「人生の中で起こる最も幸運なことのひとつは、幸せな子供時代を送ること。」

老若男女が幸せになる助けとなる幸せのボトルのテクニックをご紹介するのはこのためです。

ポジティブに考えるのは簡単ではありません。特に、あまりポジティブに考えない大人にとっては特にそうです。逆に、子どもはその無垢さで、もっと自然にポジティブに考えているようです。遊びたい、笑って、楽しい時間を過ごしたいといった感情です。

ポジティブな姿勢

どのような障害を乗り越えるにもポジティブな姿勢は強力な武器になることを、研究が何度も示しています。そして、子どもにポジティブな姿勢を養うように促すことはとても重要です。彼らの日々の生活において重要な財産であり、未来への希望をもたらしてくれます。

「子どもは世界で最も大事な資源で、未来への最高の希望である。」
-ジョン・F・ケネディ-

家族

幸せのボトル詰めテクニックは、多くの子どもたちが自然と持っているポジティブな姿勢を強化し、ポジティブな姿勢を持たない人にそれを作り出すお手伝いをするゲームとして説明できます。

わたしたちが思っているように、すべての子どもがやりたい放題なわけではありません。また、ポジティブな姿勢で対立や問題に直面する力を持っている子どもたちがたくさんいます。

幸せのボトルテクニックはどのように機能する?

このテクニックは、楽観的に問題に直面する方法を教えてくれるテクニックです。有名な思想家のエルサ・プンセットが、ちょっとしたゲームを考えました。

これは、家族やグループで行うゲームです。参加者一人一人がちょうどいいサイズのガラスのジャーを幸せボトルとして用意します。ジャーはみんなに見えるようにしっかりラベル付けし、家の中の見える場所に置きます。

毎日、参加者は24時間以内に起こった一番いいことを紙に書きだします

シンプルなことでいいんです。テストでいい点数だった、おいしいご飯を食べたなど、思ったよりいい結果を得たことです。優しい人に出会ったでもいいでしょう。

それから、紙を折りたたんで、幸せボトルに入れます。信じるか信じないかは別として、脳はこれらの小さなメッセージを覚えています。

6ヶ月ごとに、家族はボトルをあけます。それまでにはおそらく満杯になっているでしょう。その時に起こったポジティブなメッセージをみんなで読み上げます。

幸せボトルテクニック:ゴールは?

幸せボトルテクニックの目的は何でしょう?ただのちょっといい考え方ではありません。人間の脳がたくさんのことを学ぶことができることをわたしたちは知っています。そして、その学びは挑戦と失敗によって得られます。

とても基本的なテクニックに思われるかもしれませんが、歴史的にも試しと失敗が機能するということは明白です。

また、ポジティブな姿勢は逆境を好都合な状況に変えるのに役立つのはよく知られています。これは簡単にはいかないかもしれませんが、問題をチャンスに返す可能性を秘めています。

つまり、このテクニックは次のことを可能にします:

  • 子どもたちは自分に起こったいいことを振り返ることを学びます。時に、衝動的になり落ち着きがなくなるかもしれません。そしてすべて最悪だ、と思い込むかもしれません。このテクニックは、そのように考えることが間違っていることを子どもたちに示します。
  • 小さなことに感謝することを学びます。キス、ハグ、優しい言葉。いつでもいいことは起こります。でも、わたしたちはそれを特定するための姿勢と性質が整っているとは限らないのです。感じて、それを楽しむための姿勢です。それを脳内で矯正することで、気づかないうちにわたしたちの姿勢は変わります。
  • みんなが大きな問題と大事ではない問題の区別することを学びます。特に子どもたちです。
  • みんな、特に子どもたちが感謝することを学ぶのに有効なテクニックです
  • 家族やグループのコミュニケーションを改善させるのにも素晴らしい方法です。
    キラキラ

待ってる時間がもったいないです!幸せボトルテクニックをグループに紹介してみてください。もっとポジティブな世界を作り出しましょう。