幸せになるには予想不可能なことに対応できる余裕が必要

25 3月, 2018

私たちが予期することは起こらないものだ。なぜなら、私たちの人生が本当に変わるのは予期せぬ出来事が起きるときだからだ。そう言ったのはエウリピデスでした。

しかし、予期せぬことに対応するための余裕を持つには、受容的な心とオープンな心を必要とします。 なぜなら、そうして初めて、私たちに訪れる素晴らしい機会をつかむことが出来るからです。

よく知られているエッセイストであるナシム・ニコラス・タレブを始め、社会学者や経済学者でさえ言うのが、私たちは明日、過去、更には来週にまで何が起こるかを予測できるかのように行動するということです。

私たちの無知さ、もしくは、むしろ「すべてをコントロール出来ている」と考えたい欲求が、私たちに突然何かが起こったときにどう反応していいか分からなくするのです。

「予期せぬものを期待することは、いかにも現代の知恵である。」
-オスカーワイルド-

この行動またはこの基本的な必要性は、非常に単純な原理によって説明されます。私たちの脳は、すべてが支配下にあると感じる必要があります。 私たちが幸せでないかどうかは気にしません。 私の脳は単に私たちが「生き残る」ことを望んでいます。

だから、あなたの脳は予期しないすべてのものを脅威として解釈します。危険を知らせる旗を掲げる大隊のようです。

事実、恐怖、不安、空虚を隠す人々は、しばしば自分自身や他人をコントロールする必要性を強める傾向があります。

コントロールする人々は、不満や不幸の淵に必ず落ちてしまいます。コントロール不可能なものをコントロールしようとしたり、予期しない出来事のための心の余裕を全く残さないでいるとそうなってしまうのです。

窓辺のろうそくと蝶

子供から学びましょう:予測不可能なことが大好きな人達

赤ちゃんの注意を引きたいときは、予期しない何かを赤ちゃんに見せてみてください。彼らの目は普通以外のものに釘付けになります。赤ちゃんは明るい色とパズルのような頭を使う活動が好きです。

彼らは、自分たちの環境にとって予測不能で驚くべきものを受け入れる自然で本能的な能力を持っています。 しかし、常に合理的なレンズで見る大人はこの能力を失ってしまいました。 私たちはその能力を通して多くを学ぶことが出来たことを考えると、これは非常に残念なことです。

事実、ジョンズ・ホプキンス大学で心理学者アイメ・スタールが行った研究で説明されているように、9ヶ月から11ヶ月の乳児は論理に反するような刺激に反応する傾向があります。

これを実証するために、赤ちゃんのグループを起用して実験が行われました。 赤ちゃんたちには2つのタイプのおもちゃが提示されました。一つは壁を通り抜けるように見えるもの(錯視)ともう一つは単に彼らに跳ね返るものでした。

興味深いことに、赤ちゃんは何か不可能なこと(壁を通り抜ける錯覚のおもちゃ)に多くの興味を寄せていました。 専門家たちはこれらのテストで、子供たちは予期せぬことに注意するようプログラムされていると結論付けました。

しかし、私たちが成長するにつれ、予期せぬことはしばしば私たちのコントロールを超えたものと解釈され、危険なものだと捉えるようになるのです。

私たちが経験したことのない新しい状況に人々が巻き込まれたとき、私たちは通常、苦痛とストレスを経験します。 恐怖に陥るのではなく、しばらく子供に戻ってみましょう。 予期せぬことが私たちをもたらす、肯定的なものを受け入れましょう。

気球と二人の子供

予測不可能なものが起きても大丈夫なように余裕を持って

あなたのの扉を開いたままにして、新しい、楽しい、邪魔にならないような風が入ってくるようにしてください。 それらがあなたを傷つけることはありませんから。

予期せぬことのために、あなたの人生の一部を残しておいてください。カレンダーに書かれておらず、あなたの目標とは何の関係もないものが、あなたにとって実は有益かもしれません。

予期せぬことが、これまで考えていたよりも良いものかもしれないからです。実際、偉大な探検家は偶然、全大陸を発見しました。思わぬ偶然が私たちに歴史の最高の瞬間を与えてきたのです。

スティーブジョブズはスタンフォード大学の最近の卒業生のための講演で、人生は「ドットを結ぶ」ことを学ぶ以外の何物でもない、と述べてます。私たちの人生を通して起こる予期しないことの多くは、特定の視点から見ると意味を成すのです。

もしかしたらあなたは今の仕事が好きでないかもしれませんが、あなたの趣味を最初に教えてくれた人と良い友達になりました。それが感情面でも知性の面でも満足感があり、あなたの新しいキャリアになるかもしれません。そこで自分自身のビジネスを始めて、それがきっかけで人生の伴侶に出会うかもしれません。

手のひらの上の惑星

一つの機会は別の機会を作ることができます。私たちの人生は知らないうちに、川の中の石から石へと飛躍していくのです。

しかし、それぞれのステップの美しさと機会に感謝するには、私たちは毎日その機会に対して心を開く必要があります。そしてそれに対してポジティブな態度をもたなければなりません。自分の心を予期せぬことにオープンにする人は、幸福の機会に恵まれるからです。