仕事環境を有害かつ非生産的に変える自己陶酔者

2019年8月28日

緊張、不安、非難、低生産性で溢れる仕事環境は、良い仕事環境からは程遠いものです。仕事場の自己陶酔的な人は、独創力や基本的な作業ですら非難します。自分が注目の的でいたいのです。すべての称賛を自分のものにしたがり、それを手に入れるための方法はかなり破壊的です。同僚の権利や健康を妨害します。

人格心理学の専門家は、どんな人も自己陶酔的になることがあるとしています。しかし、仕事場にそのような自己陶酔的な人がいると、物事はより複雑になってきます。

仕事場での時間は、一日の多くを占めます。それだけでなく、財政的にも仕事は重要で、特定のキャリアや地位のために仕事での目標を掲げている人もいるでしょう。害のある人と仕事をすることは、仕事を遂行し、自分の目標を達成することを困難にします。

「二流の人と時間を過ごすのは、有害な人と時間を過ごすことと一緒だ。自分の毛穴に相手の悪い空気が入り込んで、病気になっていることにも気づけない。」

-バーナード・ステマテス-

自己陶酔的な人に日々対応するのは簡単なことではありません。彼らの姿勢はかなり分別がなく疲労させられるものです。自分を擁護する方法を持っていないと、自分の人生の質に影響があるかもしれません。

近年イリノイ大学の研究のように自己陶酔性が減少しているという研究もありますが、自分の健康と仕事のためにも自己陶酔者への対処法を知っておくべきです。こういった人たちと共存していくための方法をいくつか見てみましょう。

音楽

仕事場での自己陶酔者の見つけ方

仕事での自己陶酔者には様々な名前があります。出世を狙う野心家、日和見主義者、ゴシップ好き、チームで仕事ができない自己中など。誰かに相談せずに決断を下します。端的に言えば、息の詰まるような非生産的な仕事環境を作り出す人です。自己陶酔者は、同僚のやる気、率先意識、働きたいという気持ちを台無しにします。

自己陶酔性に関して、明確にしておくべきことがあります。一つ二つ自己陶酔的な特徴を見せる人がいます。一方で、自己愛性パーソナリティ障害を患っている人もごく一部います。結果的に、ほとんどの人が自己陶酔の線上のどこかに当てはまるです。すべてに当てはまる人もいれば、自己陶酔的な部分だけ当てはまる人もいます。軽く自己陶酔的な人は、きちんとした意見をもらえばそのような姿勢を改善できるかもしれません。

同僚たちや企業にかなりの害を引き起こす、典型的な自己陶酔性の特徴を見てみましょう。

  • いつも注目の中心でいたい。
  • 自分こそすべての賞や報酬を得るべきだと思いこむ。
  • 欲しいもののためにはうそをつく。
  • 他人を馬鹿にしたり質問して困らせたりする。
  • 他人が何かをうまくやったことを決して認めない。
  • 自分の間違いに対して責任を取らない。状況を操作して、他の人が自分の間違いや力不足の責任を取るようにする。
  • 嫉妬深くなりがち。
  • 他人に道義に反するようなことをさせる。

ユトレヒト大学の心理学者であるサンダー・トマスとブラム・ブラッシュマンは、自己陶酔的な人ははじめとても印象が良いということを研究で発見しました。頼れる優しくてフレンドリーな同僚や上司に見えるかもしれません。しかし、本当の思惑は時間がたつにつれて明らかになってきます。

苦悩
自己陶酔的な人の仕事場での処世術

仕事場の自己陶酔的な人は、他人を燃え尽きさせ疲労させます。仕事で成長したいという欲さえ失わせてしまうかもしれません。自分の上司や管理者が自己陶酔的であなたの権利を気にしない場合は、事態がより複雑になります。極端な状況では、仕事環境の評価を依頼したり、人事課に相談したりすることをお勧めします。

日々の状況では、基本的な考えを理解しておくだけで仕事場でのやる気と目標を維持する助けになります。

相手をよく知り弱点を理解する

一つ目の方法はとても基本的です。彼らと同じようにふるまってはいけません。こういった人は称賛と認知が欲しいだけです。弱点は自尊心であるということを忘れないでおきましょう。次のことを心にとめておいてください。

自己陶酔的な人は、すぐに注目を浴びたいと思います。注目を糧にしています。だからそれを与えてはいけません。相手が自分にとって重要ではないことを分からせましょう。あなたの優先順位は仕事であり、仕事の目標です。自己陶酔的な人が上司なら、すぐにその人の要求を満たすのはやめましょう。要求が仕事に関係なかったり、困らせようとしているだけだったりする場合は、特に重要です。

自分の必要性を優先する

自己陶酔的な人は、要求し、辱め、嘘をつき、自分のことだけを考えます。自分以外のものが見えていないのです。このような姿勢に直面した時、自分の必要性や権利を思い出してください。何かがおかしいと感じたら、そう言いましょう。「わたしは」とはっきりと自分を正当化させましょう。アサーティブになって、共感の欠落を指摘してください。彼らの罠にはまってはいけません。

書面にする

自己陶酔的な人は他人に要求するだけです。そういうものであるため、一番いいのはこれらの要求を書面化すること(メモやメールなど)です。そうすることで、そのようなことがあったことを示す証明になります。要求の詳細を見せることができるのが理想です。

罠にはまらない

自己陶酔的な人は、相手のことを知りたがって、それを自分に有利になるように利用します。仲の良いふりをして情報を引き出そうとします。このような罠にはまらないようにしてください。自分の個人的な生活について話すことを避けて、意見や情報を共有する際は気を付けてください。自己陶酔的な人は、のちに情報を逆手に取ります。

コーヒー
自分の価値観と権利を明確に

このような性格に見られるもっと一般的な問題のひとつは、非道徳的なふるまいです。他人の権利を侵します。最悪なのは、他人を非合法的な活動に関わらせようとすることもあるということです。

そのため、自分の仕事場での権利を知っておくことが重要です。労働法や企業の手引きなどを見ることは可能なはずですよね。自己陶酔的な上司は、不法(非道徳的)な目標を達成するために従業員を操作する方法を知っています。アサーティブになって、自分が後で後悔するようなことをするのは避けましょう。自分の限度を伝えましょう。

自己陶酔的な人はかなりの問題になり得ます。ハラスメントやモラルハラスメントに発展することさえあります。自己陶酔的な同僚を避けるため仕事をやめる人もいます。簡単ではないですが、境界線を設定してください。このようなふるまいに決して屈してはいけません。