静かな精神:リラクゼーションの秘訣

· 2019年5月9日

静かな精神とは、重さがなく、透明で、自由で、海の表面のように輝くものです。身勝手さが薄れ、外的な圧力は消え、妄想の内面的な旋風やネガティブな思考は、力を失っていきます。精神と思考をリラックスさせて、混沌の中に穏やかさを見つけることほど、健全なことはありません。

有名な聴覚生態学者のゴードン・ヘンプトンは、沈黙が絶滅危機にある「種」であると話しています。さらに、自然、音、福祉に関するこの専門家によれば、沈黙と静けさは少しやりすぎに思えるかもしれませんが、現実には非常に有効で重要なものです。

「静けさは、穏やかさと穏やかな精神の認識だ。」

-デバシーシュ・ムリドゥハ-

人間は、聞く能力を失い始めています。自分の環境が教えてくれることや、外的な刺激によって生み出されるものを聞く能力のことだけではありません。人は、自分自身を聞くことすらしなくなったのです。沈黙は、 ゴードン・ヘンプトン教授によれば、今に集中して、正直でいるように人を仕向けます。これは、魂、精神を丸裸にして、真実に心を開くことです。

ここから、静かな精神を持つことは、内なる世界を広げる方法だと言えます自分を取り囲むものや、自分というものとつながる方法です。自分の健康、福祉にどう投資すべきかを明らかにします。

ボール
精神は疲労の根源

認めましょう。人の精神というものは、底なしのエネルギーを持った生き物です。疲れを知らず、すべてを食い尽くします。すべてをごちゃごちゃにして、知らぬうちに、あなたを自分自身の敵にしてしまいます。

精神は、休息など知りません。あなたをたたき起こして、眠らせず、無駄な思考や思い込みを与え続けることに、良心の呵責もありません。人間の精神は曇り、人は不安と鬱の海に迷い込むことがあります。

有名な13世紀のドイツの思想家であるマイスター・エックハルトは、内なる苦悩を落ち着かせる唯一の方法は、沈黙を受け入れることだと言いました。彼によれば、静けさと音の不在は、浄化的な炎のように機能します。これは、魂がより直感的になり、目がすっきりして、知識が深まる静かな家のようです。

エックハルトの結論には、心理的な含みがあります。歴史を通して、宗教とスピリチュアリティーは、沈黙の重要性を促進していきました。例えば、仏陀は静かな精神を実行することは、疲労や身勝手さを終わらせる方法であると説明しています。

静かな精神は、本質的に、人を現実から遠ざけたり、現実を避けたりする精神ではありません。逆に、これは常に意識をして目覚めている精神です。外的にも、内的にも、現実の本質を求めます。

「沈黙は、裏切らない唯一の友人だ。」

-孔子-

横顔
静かなる精神とリラックスした思考

人間の精神は、人間を疲弊させることがあるということは明確です。瞑想、マインドフルネス、ヨガなどを使って人は精神をリラックスさせようとします。皆さんも、瞑想を勧められたことがあるのではないでしょうか?試したこともあるかもしれません。それがうまくいかずに、これは自分には向いていないのだ、と決めつけたかもしれません。

有名ではありますが、目を閉じて行う瞑想を促進しているわけではありません。静かなる精神を実行して享受するために、静けさを生み出す方法はたくさんあります。鍵は、自分のニーズと性格に合った最高の答えを見つけることです。それでは、考えるべきいくつかの原理をご紹介します。

後ろ姿
静かなる精神を実行するための4つの原理

  • 始めの目標は、おかしなように感じるかもしれませんが、沈黙を恐れることをやめることです。認めるのは難しいかもしれませんが、これは否定できない真実です。周りに街がない場所に行ってみて、完全なる沈黙状態に陥ってみるような簡単なことでも、多くの人は恐怖を感じることがあります。
  • 沈黙は、人を丸裸にして、何かを「奪われた」かのように感じさせます。しかし、その「何か」は、自分と一緒に引きずっている表面的なものにすぎないことがほとんどです。精神に罠を仕掛けてくるものです。恐れることなく、人は沈黙に抱かれるべきです。その閉塞性を楽しみ、人生の不必要な重荷を手放しましょう。
  • 1日1時間の孤独。静かなる精神を形成するためには、1人になることを学ばなくてはいけません。決まった時間だけも、一人で過ごすことを選ぶのは、健全で、精神浄化的で、再生的です。
  • 自分自身に共感しましょう。落ち着きのない貪欲な精神やネガティブな思考を落ち着けるためには、自分自身に本気で共感する方法を学ばなくてはいけません。これを行うためには、内面に目を向けましょう。「すべて大丈夫」と語りかけてくれる「声」を見つけましょう。 「落ちついて。これらの思考について考えることをやめましょう。集中してください。すべては、今よりも良くなります。沈黙に感謝してください。」
  • 物事をスローダウンさせることは、時間を無駄にしていることではありません。一日の中で、ゆっくり物事を行うこともよい方法です。ゆっくり進むことは、必ずしも時間を無駄にしているわけではない、ということを理解しましょう。人生をスローダウンさせて、瞬間を楽しみ、精神的な静けさを育てていきましょう。

結論

最後に、静かなる精神は、ただの抽象的な概念ではありません。これは不可能ではなく、何年も瞑想を続けている人だけが達成できることでもありません。このタイプのリラックスした思考には、強い意志、自制、自己愛が必要です。自分の精神は自分自身の最悪の敵であるべきではないと、自分を納得させましょう。