賞賛に反応するための繊細な芸術

· 2018年3月27日

賞賛に対してエレガントに応答することは、簡単に習得できる技術ではありません。おそらく恥ずかしくて謙遜するか、そうでなければ傲慢でプライドが高いと取られてしまうでしょう…このバランスを見つけることはそれほど簡単ではないということです。 実際、悪い対応の仕方に陥ってしまうのも簡単です。

多くの人が、称賛される人の恩知らずを正当化しないような誉め言葉を受け取るだけであることも事実です。結局のところ、誰かを褒めることも、習得の難しい芸術の一つなのです。

私たちは、どうやって受け取っていいかわからないために、誉め言葉や他人からの称賛を居心地悪く感じることがあります。

よく考えてみれば、これが誉め言葉を否定をして、傲慢に見えないようにしようとする理由です。 私たちは、賞賛や賛辞を拒否したり割り引いたりすることがあります。しかし、私たちがするべきことは、感謝することであり、必ずしも謙虚になることではないということです。

そして、時には賞賛を逸らすためにユーモアを使うこともあれば、ただ気まずくなる場合もあるでしょう。 今からそれを見てみましょう…

なぜ時々人は賞賛を拒否したり無視したりするのか

誰かが私たちを称賛したり褒めてくれたりするとき、私たちの反応には様々な方法があります。

私たちは、賞賛を受け入れる、無視する、逸らす、または否定することさえできます。 また、自己批判、議論、交渉的に反応することもできます。

しかし、なぜ賞賛を受け入れるのが難しいのでしょうか?なぜ私たちはそれを押しのけることに長い時間を取り、自分自身を下げるようなことを言ってしまうのでしょうか?結局のところ、私たちが誰であるか、何をしているかを感謝されることは、良いことのはずです。

会話する女性

賛辞を完全に受け入れることが難しい理由のいくつかは次のとおりです。

・空虚な人に見えるのを恐れている。これは、人々が賛辞をそらせたり無視したりする最も一般的な理由です。 彼らは、自分に対する誰かの賞賛に同意することは、本質的に自分自身を賞賛し、傲慢であることであると感じているからです。

・バランスを回復する必要性。 賛辞は肯定的な行為であるため、褒め言葉を拒否したり、すぐに賛辞を言い返すことで、自分の感情のバランスをとる心理的な必要性を感じるかもしれません。

・借りを作りたくない。この懸念は、誰かが褒め言葉として何か良いことを言うなら、あなたは何か同等のものを返すべきだということを意味します。 したがって、あなたは何らかの形でその人に借りを作っているということになります。 だからそれを否定することによって、借りを作るという感覚を消したいのです。

自尊心が低い。誰かが私たちについて何か良いことを言って、私たちが信じられないと思ったら、それを否定するかもしれません。この意見に同意しないことで、その評価が間違っていることを確認する方法を探索しているのです。

・ハッキリと意見が言えない。主張出来ない人は、通常人々の賞賛を受け取ったり、それに応答することに問題があります。 したがって、より良い関係を作るために、自分の意見を言う訓練をするのがお勧めです。

賞賛する人の下心を疑う。誰かの賛辞の背後に何らかの隠された意図があると信じているなら、私たちの最初の反応はそれを拒否することでしょう。 場合によっては、これが正しいかもしれません。

・あなた自身のより良いイメージを見せたいから。人々は、自分自身のより良いイメージを提供しようとして、誤った方法で謙虚さを使用することがあります。 したがって、よく見えるように褒め言葉を軽視することもあります。

賞賛を受け取る

私たちが賞賛に感謝する前に、真にそれを受け入れることを学ばなければなりません。 褒め言葉は時には間違った意図と不誠実さを併せ持つこともありますが、ほとんどの場合、良い意図で使われているでしょう。

しかし意図が何であれ、人々は自分が与える賞賛が受け入れられることを期待しています。 そして、この応答は、(偽物ではない)本当の謙虚さと感謝の気持ちで作られなければなりません。

問題は、私たちが言ったように、人々が賛美をそらせたり無視したりすることがほとんどだということです。

仕事する男女

それが一般的な反応だからといって、正しいということを意味するわけではありません。賞賛に感謝していないということは、通常、丁寧でもスマートでもないからです。 実際に、賞賛を否定または逸らすことは、相手を矛盾させたり、怒らせたりすることを意味します。

偽りの謙虚さ抜きでどのようにうまく賞賛に応答するべきか

賞賛に応える技術とは、誠実で本当の「ありがとう」を言えることです。それほど簡単なことです。何かを正当化する必要はありません。何も追加する必要もありません。

あなたを賞賛する人は、あなたがそれを受け入れて感謝することを期待しています。 ほとんどの場合、感謝だけがあなたがしなければならないことなのです。

もちろん、私たちは非言語コミュニケーション、特に目と目のコミュニケーションの重要性を忘れることはできません。その人を見て感謝し、それが適切ならば握手することが不可欠です。

時には正しいものはハグかもしれません。これらのジェスチャーは、大抵あなたが言うことができる言葉よりもはるかに重要なのです。

賞賛が、グループで行ったことに対して贈られた場合は、他の人々、特に見過ごされている人の貢献を認識することを忘れないでください。

あなたを助け、インスパイアした人、またはあなたと何かを経験した人について言及することは、その人々の価値を認識するすばらしい方法です。

海辺で会話する二人

いずれにしても、褒め言葉を拒絶するようなことは言わないでください。「大したことじゃないよ」、「心配しないで」、「問題ないよ」などの言葉は虚偽の謙虚さを示し、賞賛してくれた彼らを拒否しているとみなされる可能性があります。

ありがとう以上に言いたいことがあれば、何かポジティブなことを言うようにしましょう。

また、賛辞を返すことによって感謝するのも避けるべきです。多くの人々は、他の褒め言葉で褒め言葉に反応することは感謝していると信じていますが、それは誠実ではないとみなされてしまうでしょう。

あなたが今の場所に入れるために努力している場合、または毎日良く見せようと見努力しているなら、他の人から得た大きなフィードバックを拒否するのはなぜですか? あなたはそれに値するのです。