スポットライト効果とは?

2019年9月7日
スポットライト効果に苦しむ人々は、常に誰かに見られ評価されているように感じ、自分の外見や行為の評価に対し自己中心的なバイアスを持っています。

スポットライト効果は、どんなに小さなものでもその欠陥を大げさに感じる場合に起こります。スポットライト現象に苦しむ人は、皆が自分に注目しているように感じます。そして人は自分が犯した小さな間違いを評価、批評すると考えてしまいます。これは10代の若者において一般的ですが、大人になってもそれに苦しんでいる人は少なくありません。

スポットライト効果に苦しむ人は、顔ににきびができるのを恐れます。誰もがその小さな不完全さに気付くと思うからです。皆が影で悪口を言っていると勘違いしてしまいます。彼らの心には、2つの矛盾する状況が発生しています。非常に低い自尊心を持っている反面、自分を中心に世界が回っているような錯覚に陥っているのです。

広告プランナーはスポットライト効果についてよく理解しています。それを利用して、特定の製品を使用せずにはいられないと思わせるコマーシャルを多く生み出しています。たとえば、ある商品を使用していないなどを理由に、ネガティブなメッセージを発したりその人を拒否したりする広告が存在します。この場合、他人の意見を常に気にしている人は、広告主にとって良い餌食となるでしょう。

スポットライト効果

こちらもご参考に:
興味深い心理的効果

スポットライト効果とは?

スポットライト効果は、自分自身の特性や個人の行動を大げさに評価する傾向のことを言います。特に、他人が自分の欠陥や間違いに非常に注目していると信じているために起こります。しかし、実際は、本人が周りに見られていると意識するほど、周りはほとんど見ていないのです。

スポットライト効果は単なる妄想の一形態であると言えます。妄想的な人は、特別だ、異なっている、選ばれたと感じています。しかし、それは過度のナルシシズムによるものではありません。むしろ、本当に気づいていない何かについて罪悪感を覚えます。そして他人に罪悪感を投影します。そのため、心の中では、常に誰かに判断されているような錯覚に陥るのです。同時に、罪悪感は優越感を感じることで消えていきます。

この効果に苦しむ人々は、他の誰よりも優れているというイメージを持ち続けます。したがって、他の人の意見を非常に気にするようになります。一方では、何らかの方法で周囲のの注意を引こうとしています。しかし、同時に他人を恐れてもいます。なぜなら、彼らの心の中では周りの人々は容赦ない裁判官だからです。

ご存知でしたか?:
ブラックフライデーが及ぼす3つの心理効果

驚くべき実験

コーネル大学でスポットライト効果に関する実験が行われました。実験は、ボランティアのグループを集めて、自分がダサいと思うシャツを選んでもらいます。それから、そのシャツを1日着用し、何人の人がそれに気づいたか数えてもらいました。

実験の後、何人の人がそのシャツに気づいたかを尋ねました。同様にそこで実際にボランティアの人と出会った観測者にも同じ質問をし、彼らの回答をボランティアの回答と比較しました。

結果、ボランティアの多くは、ダサいTシャツに気付いた人の数を実際よりはるかに多かった考えていることが明らかになりました。実際は、報告された観測者の半数未満しかシャツに気づかなかったのです。

スポットライト効果

スポットライト効果を克服する方法

あなたの無意識の中にある困難を克服するために、専門家は心理療法を受けることを推奨しています。ただし、短期的には以下に挙げる他の対策も有効であることがわかっています。

  • 仮定の妥当性を確認してください。コーネル大学の実験を個人的な規模で再現してみてください。例えば、あなたが間違えたときやばかげたことをした時に気づいたかどうかを他人に尋ねてみましょう。
  • 恥ずかしい理由を分析しましょう。間違いや欠陥が非常に深刻だと感じる理由を考えるのは良いことです。何がそんなにひどいのでしょうか。他人は、その行動に対して不寛容なのでしょうか?
  • ポジティブなことを考えてください。否定的な感情と戦うために、肯定的な何かについて考えてみましょう。あなたの価値を高めるものはなんでしょうか。顔のにきびやシャツの汚れがあなたの価値を下げるのでしょうか?

また、自分自身に対して不安に感じる理由を詳しく考えてみるのも良いでしょう。スポットライト効果は、自分自身を受け入れることができない人に現れる傾向があるからです。

  • Bleuler, E., Llopis, B., & Minkowski, E. (1969). Afectividad, sugestibilidad, paranoia. Madrid: Morata.