スティーブ・ジョブズ:なぜiPadなしで子供を育てたのか

2018年2月1日 in 好奇心 0 シェア済み
スティーブ・ジョブズと子供

最近になって、スティーブ・ジョブズが自身が作った偉大な発明品であるiPadやiPhoneなどを使うことを自分の子供達に禁止していたことがメディアによって発表されました。

どのような理由でスティーブ・ジョブズはこのようなハイテク製品から自分の子供を引き離さなければいけなかったのでしょうか?

2010年に行われたインタビューで、ジャーナリストでありニューヨークタイムズの寄稿者であるニック・ビルトンはジョブズに「あなたのお子さんはiPadが大好きなんでしょうね」と尋ねました。ジョブズは答えました。「子供達はiPadを使ったことがありません。私達は子供達が家で使えるテクノロジーを制限しています。」

スティーブ・ジョブズ1

スティーブ・ジョブズの子供がiPadを使わなかった理由

最も需要があるテクノロジーの一つを作り上げたこのクリエイターは、常用の危険性を見て取ることができた数少ない人の一人です。

私達の多くは、ジョブズの家はタッチスクリーンやセンサーなどで溢れたテクノロジー天国で、家族一人一人が各自個人のiPhoneやiPadを楽しんでいるであろうと想像します。

事実、シリコンバレーでも最も有名な会社のリーダーの多くは、自分の子供がコンピューターや電話やタブレットのスクリーンを使う時間を制限しています。となると、少なくともそうした環境下では、ジョブズが一人奇妙だったわけではなかったのです。

テクノロジーを過度に使用すると中毒につながる

例の一つとして、クリス・アンダーソンのケースがあります。彼は、3D Roboticsという会社の取締役であり、「ドローン」の生みの親であり、そして「テクノロジーの危険性」を直に経験し生きたことを告白した人物です。結果として、アンダーソンは自分の子供にテクノロジーを使わせることを制限しました。アンダーソンはインタビューでこう話しました。「私はテクノロジーの危険性を経験して、自分の子供に同じことを経験してほしくないと思うのです。」

ツイッターの共同制作者であるエヴァン・ウィリアムズは、自分の子供にはiPadなんかよりも本と共に成長していってくれることを好むと告白しています。彼と妻のサラは、子供が興味を持つような書籍を何百冊も買い、家中に置きました。

テクノロジーを過度に使用すると、人によっては、電子端末中毒になることが既に証明されています。また、暴力的で悪影響を及ぼす内容のリスクもあります。この問題に関する社会的進化は興味深いものです。今では、親は子供の注意を逸らすためにテレビではなくガジェットを頼り、iPadが教育の責任を負っています。

テーブルの上のコーヒーと携帯

テクノロジー・ツールを使うことの良い面

私達は、今日、知能を刺激し、発達させてくれる無数のアプリケーションやツールが存在していることを避けたり、否定したりすることはできません。その「闇の」側面は、徐々に人間との関わりに取って代わり、愛に基づいた教えを横に押しやるという考えと関連しています。

この情報についてあなたの意見をきいたならば、あなたはおそらく、「テクノロジーとの関わりを排除することは、厳しく過激な手段のように見える」と答えることでしょう。そして、「私達が暮らす世界の重要な一部となっていることから、理にかなっていない手段」だとも思われます。もしかすると、子供の社会的孤立につながってしまうかもしれません。

こうしたことがありながら、テクノロジーが本当に恩恵をもたらしてくれるのかという疑問を持つ親の意見が私達に深く考えさせてくれることは事実です。子供にとってのテクノロジーの使いやすさという点においては特にそうです。

おそらく、最も賢明で利点があるのはガジェットの使用を制限することでしょう。自分の子供やカップルにテクノロジーをきっぱり止めさせるエクササイズを提供してみましょう。世界と一つになり、母なる地球ともっと触れ合いましょう。それは、多くが未だに単なるユートピアとしてしか考えていないものだったりします。どう思いますか?

あなたへおすすめ