飛び方は教えられても、飛行は導いてあげられない

02 3月, 2019

母親になる時、あなたの中で9ケ月鼓動を打っていた自分の小さな一部がやっと出てくる時、恐怖心は大きくなります。子どもに羽を与え、飛び方を教えることほど不確かなことはないと気づきます。結局、自分の子どもが巣立つ時、子どもは自分で道を切り開いていかなければならないと、新米ママも知っているのです。

きっと、だからこそ母親になることは最も美しいと同時に恐ろしい経験でもあるのです。それは、生命を与えるだけでなく、飛び方を教えるということです。自分の不完全さや間違いに気づくことでもあります。子どもが成長するように、新米ママも一緒に成長しなければなりません。

出産の日だけが、永遠にあなたに印を残し、あなたが印をつける誰かに出会うとあなたが分っている、本当の意味での「ブラインド・デート」だ。

家族

 

出産の前、新米ママはよく疑問を抱く

出産の前、子どもが飛び始めるずっと前、初めてのママは疑問の海にいます。妊娠中、運動して良いのか、どう食べるべきか、初めての時考えることはたくさんあります。そのため、すでに母親である女性からの圧倒されるようなアドバイス、母親であることや商品に関する本もたくさん出ています。

そのアドバイスは、医学の専門家の助言と矛盾することがあります。良い母親であり、間違いをしないためには、どうしたら良いのでしょう?矛盾しているようですが、まず、誰でも必ず間違うことがあると知っておく必要があります私達は完璧でなく、私達の前の母親も皆、小さな間違いをしてきています。

母親への一番のアドバイスは、いつも、ありのままでいることです。自分の体を一番よく知っているのはあなたです。また、出産後すぐ、母親ほど赤ちゃんの泣き声の違いが分かる人もいません。あなたにも疑問が出てくるでしょうか?当然です。これは新たな経験です。医療スタッフが側にいて、最も良い方法をアドバイスし、あなたを傷つける可能性のある間違った噂からあなたを守ってくれるでしょう。

ママ、私が抱きしめてほしい時、ママの両手はいつも広がっていた。友達が欲しい時、ママの心は理解してくれた。私に指導が必要な時、ママの優しい目は厳しくなった。ママの強さと愛が私を導き、翼を与えてくれた。

母と娘

 

子どもが巣立つ時

子どもが成長すると、母親は臨機応変に対応するしかありません。人生で必要な知識すべてをもって生まれた人はいません。直面した状況やジレンマで、どうしてよいか分からないことはよくあります。人からのアドバイスやアイデアまたは自分の直感に頼り、生き抜きます。

新米ママにとってのカギは、自分が教えたい価値をもっとも反映する道を子どもに教えて、それを探検させることです。これは、母親が子どもに飛ぶ方法、道の選び方そして計画の仕方を教えますが、最終的な飛行の運命を決めるのは、子ども自身であることを意味します。

きっと、間違うでしょう。あなたが好きではない選択をすることもあるでしょう。苦しみ泣くところを見ることがあっても、笑い、成長するのを見るでしょう。これは母親になることの一番嬉しい部分であり、子どもの成長、大人になる姿を誇りに思うでしょう。自分ができる限りのことをしたから、子ども達は自分で飛ぶことができるのです。自分の運命を選ぶという厳しいタスクを背負い、責任や勇気と共に巣立つ子どもを見守ることができます。鼓動と同時に打ち始めた喜びが完成する時です。

「飛び方を教えても、

あなたの翼では飛ばないでしょう。

夢の見方を教えても、

あなたの夢は見ないでしょう。

生き方を教えても、

あなたの人生は生きないでしょう。

それでも…

飛躍のすべて、夢のすべて、人生のすべてに、

あなたは存在し続けるのです。彼らが考え学んだ道の種として。」

-マザー・テレサ-