時々、私たちは悲しい時に疲れたと言う

· 2018年4月2日

時々私達はブルーになり、人生が空で無意味であるように感じます。周りの人がどうしたのか私たちに聞くと、私たちはただ疲れていると言います。それだけで全部です。しかし、その漠然とした疲労の下には悲しみがあります。私たちの心と頭の中に家を見つけるのは、グレーな気持ちです。それは許可もなく動き回り、私たちを無関心でいっぱいにします。

私たちはみんなこれを通過したことがあることを認めましょう。私たちは、悲観的で広がりのある悲しみを感じると、すぐに「グーグル医師」の知恵を借ります。自分の症状を診断しようとするのです。「うつ病」、「貧血」、「甲状腺機能低下症」などの言葉が画面に表示されます。

「悲しみよ、おはよう。そう屋根の梁に書き込まれている。あなたは悲劇ではないかもしれないが、悲しい唇は笑顔であなたことを知らせるのだ… 」
-ポール・エリュアール-

悲しみが私たちの中に家を見つける時、私たちはすぐにそれを間違ったものと見なします。私たちはそれをできるだけ早く取り除くべき病気だと見ています。 あたかも私たちが汚れた服をはたいてほこりを取り除くかのようです。私たちはそれがきらいで、それを理解せずに自分自身を守りたいと思います。自分自身について多くを知ることになる暗い隅を掘り下げようとはしないのです。

私たちは、悲しみは精神障害ではないことを忘れています。 悲しみとうつ病は同じではないことを忘れています。 この感情があまりに長続きしたり、私たちの生活に支障をきたさない限り、それは実際にはチャンスです。 逆説的かもしれませんが、それは人として前進して成長する機会です。

ベッドのふちに座る少女

私たちはいつも疲れている。でも、その下にある何かとは

ときには、疲れて布団にもぐり、疲れたまま朝目覚める段階を経験することがあります。医者に行くこともできますが、テスト結果は異状なしと出るでしょう。ホルモンの崩れや鉄欠乏、その他の生物学的疾患はありません。医者はそれがちょうど季節の変わり目だからかもしれないと私たちに言うでしょう。それはちょっとした季節性情動障害だ、 少し錠剤を飲めば簡単に治るマイナーなものだと言うのです。

感情の問題の中には、医療的支援を必要としないものもあります。しかし、精神面の影響を体で経験するとき、私たちは恐怖を感じます。そして、根本的な問題、すなわち悲しみに向き合わずに症状だけを治療しようとするという間違いを犯すのです。

なぜ悲しい時に疲れていると感じるのか

私たちの感情の状態を制御する脳のメカニズムは、それぞれ非常に異なっています。幸福は、私たちの細胞と脳において、一連のつながりと機能亢進を引き起こします。 しかし、悲しみははるかに解体的で、特定の部分を使用します。 それでも、そこには非常に具体的な目標が存在します。それをもっと詳しく見てみましょう。

悲しみは私たちの体のエネルギーを顕著に低下させます。 また、私たちは社交を避ける必要性を感じます。それは私たちを不快にさせます。音すら不快に感じます。周りの騒音が私たちを悩ませるようになり、孤独な隅を好むようになるのです。

  • 一つ興味深いのは、私たちの脳内のこれを担当する構造が扁桃体であるということです。しかし右側だけです。
  • 私たちの脳のこの小さな領域が、孤立感、不活動感、肉体的疲労感を引き起こします…。しかしこの一連のエネルギーの低下には理由があります。自己内省を促すということです。

だから悲しみは、私たちの全ての外からの刺激に集中する能力を低下させます。それには理由があります。私たちの脳は、一旦立ち止まって考える時だと知らせているのです。私たちの人生のある側面を見つめる時なのです。

花畑に眠る少女

一過性の悲しみについて知っておくべきこと

一過性の悲しみ・・・すなわち数日間続いて疲れ、重さを感じさせ、現実との接続を断絶するタイプの悲しみにもう少し注意を払うべきです。疲労をビタミン剤で補うか、頭痛のために痛み止めを飲むなどの対処療法は可能です。しかし、問題の真の中心部分にたどり着かなければ、何の意味もありません。

「悲しみとして私にとりつく、あの甘く奇妙な感情が私は嫌いだ。」
-フランソワーズ・サガン-

もし私たちが、心を曇らせ私たちを不安にするものを立ち止まって見ようとしないなら、悲しみは成長するでしょう。ここで、悲しみについて知っておくべきことがいくつかあります。これらは、いくつかの詳細をはっきりさせるのに役立つでしょう。

花で隠れた顔

悲しみの3つの利点

悲しみは警告です。前述したとおりです:エネルギーの喪失、疲労、集中力できない。これらは、私たちが問題を抱えており、それに対処する必要があるというサインのほんの一部です。

・人と別れた時の結果としての悲しみ。 時に、私たちの脳は、私たちの意識がまだ気づいていないことについて警告してくれます。「関係を解消する時だ」「その目標は合っていない」「あなたは仕事で幸せではなく、自分自身を燃えつくしている。仕事を辞めるべきなのでは…」

・生存本能としての悲しみ。これは面白いものです。時には悲しみが私たちを「冬眠」のような状態に招くこともあります。それは、一時的に私たちの人生から切り離して、エネルギーを節約できるように促します。例えば、大きな失望を経験したときなどに一般的に見られます。可能であれば、数日の間自分の時間を持つことが助けになります。これはあなたの自尊心と完全性を保護します。

疲れが感情的であるほど肉体的でない時があります。 悲しみを治療する障害と見るのではなく、内なる声と見なすべきです。 私たちは、それを成長させるために必要な価値ある、有用な感情として見なければなりません。