疲れの原因と良い眠りのための解決策

· 2018年10月14日

眠れない状態の要因はたくさん存在します。異常に疲れている感覚は、病気の症状かもしれないし、十分な睡眠がとれていないことによる論理的な結果かもしれません。

休息以上の睡眠や8時間以上眠る場合、それは異常な睡眠であるとされています。さらに、眠気は疲れや無気力感と混同してはいけません。これらは肉体的・精神的な占有を欠いている状態です。うつや過度のストレスも疲れの感覚の理由かもしれません。

睡眠障害

睡眠関連の病気は睡眠障害と呼ばれ、眠気を誘います。過眠症、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、不眠症、クライン・レビン症候群などが含まれます。これらの例の中でも、極端な眠気に関連しているのが過眠症、ナルコレプシー、クライン・レビン症候群です。「眠り姫症候群」とも呼ばれています。

ベッドの上の女性

 

過眠症

過眠症は、異なるグループに分類されますが、すべて日中に寝てしまう問題に関連しています。この障害は、夜の睡眠に影響を与えず、過眠症を抱える人は夜問題なく寝ることができます。

過眠症の人が経験する夢は、刺激が比較的少ない単調なシチュエーションです。このタイプの夢の例は、仕事のミーティング、映画に行くなどです。日中のお昼寝は回復のためではなく、過眠症患者は休まることがない感覚にいらだちを覚えます。 

クライン・レビン症候群

クライン・レビン症候群は、慢性的な過眠症のタイプです。この症候群は比較的珍しく、女性より男性が影響を受けます。異常な睡眠が1年の中で1~10回ほど起こり、数日や数週間続くこともあります。クライン・レビン症候群に苦しむ人は、16~18時間寝ることもあります。

ナルコレプシー

ナルコレプシー患者は、睡眠の浅い段階とレム睡眠の状態を素早く行き来します。「眠気の発作」が予期せぬ状況で起こります。この昼寝は休息的ではあるものの、眠りの必要性は2~3時間後に再びやってきます。歩いていても運転しても起こりえるため、ナルコレプシー患者の眠りたいというニーズは非常に危険です。

症状を回避したり和らげたりする方法

異常な睡眠の必要性を感じているとわかったら、専門家の相談を受けてください。睡眠障害を患っているかどうかに関わらず、良い睡眠習慣を知ることも重要です。次のガイドラインを参考にしてみてください。

  • 十分に水を飲む。水分補給ができていないと、疲れを感じます。睡眠障害を患っていたら、脱水症状でその状態を悪化させないようにしなくてはいけません。さらに、この習慣は体全体の機能を良くします。
  • ストレスを避ける。ストレスを生み出すようなシチュエーションは、休息の質に影響します。ストレスを感じている時、何時間も深く寝ているような感覚を得ます。しかし、実際にはとても浅い休息しかできていません。
  • ポジティブな感情を抱く。ネガティブな感情は疲労を生み出し、多くの場面で体に影響を及ぼします。元気がない時や動揺しているときは、ただ単に寝たくなります。
  • 健康なパターンを作る。睡眠をコントロールする良い方法は、しっかりとしたルティーンを作ることです。同じ時間にベッドへ行き、日中の長いお昼寝を避けます。こうすることで、24時間のリズムが完璧な健康状態を作り出してくれます。
    寝る

環境における異なる状況も睡眠のパターンを変えます。睡眠問題は、病気のサインでもあります。睡眠の習慣は年齢、他の習慣、環境にも寄ります。だから専門家に相談して、この記事でご紹介した方法を試してみることが重要です。