辛い経験から何が学べるか

2018年5月31日 in 感情 0 シェア済み
涙を流す女性

この記事のタイトルは、それ自体が実際には平和と救いを少し促してくれます。辛い経験が教訓になるという考えは、私たちに心の安らぎをもたらします。痛みの後、私たちは学んだことをその後の人生に適用することができます。

私たちは皆、終わらないと思った苦しみを経験したことがあります。それは永遠に続くように感ます。あなたの存在の深みに埋もれて、あなたの人生を困難にし、人生の道を複雑にする苦痛です。

あなたは終わりのない痛みのスパイラルに陥っています。先のことを考えれば、あなたの人生はどのようになるか想像できます。しかし、私たちが今いるこの暗い灰色の場所を離れ、自分の外から自分自身を見ることができれば、その痛みがさるのと同時に、あなたは頭の上の黒い雲にも終わりがあることに気が付くでしょう。

辛い経験から学ぶ教訓

黒い雲の下に自分自身を見つけると、その雲は激しく雨を降らせ始めます。激しい雨は私たちの骨まで濡らします。私たちは自身をさらけ出しています。私たちは冷たくなり、屋根のないこの場所でこんなに寒くなって凍死するのを恐れています。私たちは未熟です。私たちは、怒りを解消しない黒い雲の下で、裸で脆くなっているのです。

コーヒーから雲

どういうわけか、私たちは実はその黒い雲です。我々は大きな戦いを自ら招きます。私たちは自分の人生を灰色で塗りつぶします。あなたはこれまでにこのように自分自身を感じたことがありますか?あなたはこの苦しみから抜け出せないという極端な確信をあなた自身に伝えています。このような状況では、そのような痛みから回復することはできません…

あなたはまた立ち上がれます。あなたはできます。あなたが経験した痛み(別れ、戦い、失望)はあなたの一部になります

苦しい時であっても、そこから学ぶ

あなたがそれに気づいていなくても、それぞれの経験には小さな教訓があります。あなたがその学びに気が付いていなくても、それは確実に起こっています。苦痛な経験のそれぞれは、最後に意味を持つことになるのです。

われわれが学ばなければならないことを示すことに意味があり、私たちの道を歩み続け、背中の負担と限界を明確にすることです。もし自分の限界が分かっていないと、私たちは壁に突き当たり、いつも同じところを行き来することになります。一方で、私たちがアイデンティティを構築し、何ができるのかを探ると、私たちの心はもっと明快になり、私たちの道はより豊かになります。

したがって、痛みを伴う経験は、人生で何かを学ぶ機会です。すべての辛い経験には、私たちが見逃してはならない潜在的な教訓があります。私たちがそれらから学ぶまで、私たちは何度も繰り返す力が生命の中にあるのです。

経験から学ぶ:苦しみは人間

だから、たとえ灰色で暗い雲の中に自分がいて、怒りと憎しみに満ちていても、素晴らしい太陽が暖かい光をあなたに照らそうと待ち続けているのです。もちろん、あなたが雲の中にいるとき、太陽を見つけることは難しいでしょう。でも大丈夫です、すべてには時間がかかります。苦しむことは普通のことです。それが人間です。

腕組みをする女性

この苦しみから抜け出し、それから学ぶこともまた普通のことです。時々、より多くの労力と時間がかかることもあり、また逆にすぐに終わることもあります。いずれにしても、あなたが何をどう通過したのか、沈んでいるときに思ったすべてのことを忘れないでください。

あなたは今、悪い状態にあるのかもしれません。もしかしたら以前に経験のないことをしているのかもしれません。しかしルールはいつも同じです。下がるときがあれば、必ず上がるときが来ます。そして最後に、あなたは諦めなかったということに感謝します。

あなたへおすすめ