浮気の後、関係を立て直すことはできる?

2019年3月4日

人生を共にするカップルが、時と共に危機を迎えることはよくあります。一緒に住むことや子どもに関してです。これらにより、二人の関係は試されますが、これが普通です。危機を迎え、危機を乗り越えようとします。ところが、普通ではない、少なくとも予想されるべきでない重大な危機につながるものがひとつだけあります。それは、浮気です。

浮気によって、関係を正常に機能させるために必要な要素である信頼が壊されます。浮気の前と後は状況がはっきりと変わります。「後」がないこともあります。ここでは、浮気の後、どのように関係を立て直すことができるかについてお話します。

 

浮気には種類がある?

答えは、イエスです。何を浮気と呼ぶかは文化により異なり、また、人にはそれぞれ限界があり、定義が異なります。実際には、99%が人との性的または親密な接触を浮気とみなすようです。しかし、次の項目に関しては意見が様々あるでしょう。

浮気をする女性

上の項目を浮気と言う人もいれば、そうでない人もいるでしょう。多くの人が性的接触は浮気と考えますが、ポルノや人との話し方については、意見が異なります。

一人一人、恋人との関係に対するアイデアや境界線が異なるということを忘れてはいけません。二人の考えが違うと、これらの問題に関する衝突や嫉妬が多くなることは少なくありません。一人が浮気だと思っても、もう一人はそうは思わないのです。関係を立て直す価値があるのか、決めかねることもあるでしょう。

 

浮気の後はどうなる?その影響は?

浮気により、二人の関係は大きな危機を迎えます。これは、親密な接触や他の人との関係が許されない「伝統的な」一夫一妻制のカップルに当てはまります。ポリアモリーのカップルはそうでありません。

「愛はあまりに短く、忘却はあまりに長い。」

-パブロ・ネルーダ-

浮気が竜巻のように二人の関係を通過すると、関係は部分的に壊れるか、消失します。裏切りが与えるネガティブな影響は最も大きく、性的、身体的にどの程度浮気をしたかより大きなものです。信頼は崩壊し、チームワークはなくなり、相手を今までと同じように見ることができなくなります。

 

浮気後の生活:浮気を乗り越えるための要因とは?

浮気を乗り越えるためには、それぞれの価値観が関係します。浮気の前から、浮気を乗り越えられるかどうかは決まっているのです。相手が恨みがましい、許し忘れることが困難…カップルはこうあるべきだという伝統的な考え方があるなどがその例です。

これらは、浮気を乗り越えるのが非常に難しい例です。二人の関係に対する考えをすべて閉ざしてしまうためです。バラバラになった破片を組み立てなおすことはとても難しく、それは自分たちの理想に反するものなのです。

また、以前にも浮気をされたことがある人は、更に許すのが難しくなるでしょう。新たな浮気が、過去の浮気の痛みや感情を思い出させます。感情が入り混じり、今の状況がより酷く破滅的だと感じます。

一方で、過去に浮気をした経験がある人にとって、浮気をされたことを許すのはそう難しくないかもしれません。理にかなっているでしょう。自分を浮気した側に置き換えて考えることができます。浮気をしてしまった背景を理解しやすいかもしれません。

三つのハート

言い換えると、今までに浮気をしたことがある人は、あなたを裏切った人に対し共感しやすいでしょう。こういった意味では、特に、浮気が一回であり、長く続かなかった場合、それを乗り越えることは比較的簡単で、不可能ではないかもしれません。一度の浮気は、一定期間に何度もあった(繰り返された)浮気より許しやすいでしょう

 

浮気と価値観

さらに、セックスの重要性は、浮気の後の生活の大事なポイントになりますセックスを愛や信頼と深く関連付けて考える人が浮気をされた場合、特に、乗り越えるのは難しいでしょう。例え、浮気を許し、関係を立て直そうとしても、心が伴わないのです。少なくとも、非常に難しいと言えるでしょう。

「あなたは私を愛しているとは思うけど、私があなたにとって十分ではないという事実からは逃げられない。」

-村上春樹-

男女平等やセクシャリティに関して大きく進歩してきましたが、男性は女性より浮気しやすいという考えは根強いものです。これは間違いで、浮気の乗り越え方に男女差はありません。性別より性格や価値観が関係します。

 

浮気の後、どのように関係を立て直すか?

まず、数日間距離をおきましょう。感じることすべてを開放するより、少しの間、悪い感情を脇に置くために、周りから距離を取った方が良いのです。でなければ、復讐を伴う行動をし、後で後悔することになるかもしれません。

次に、何をしたか、誰と、どこで、どのようになど詳細を尋ねてはいけません。浮気に関して得た情報すべてが、「イメージ」の材料になり、頭の中で繰り返してしまいます。また、ページをめくる邪魔になります。詳細を知ることで、楽にはならないでしょう。

手を取るカップル

自分の奥深い所まで潜り、事実と向き合い、生きることができるか考えましょう。あなたを縛る義務や形式(家、子ども、仕事、家族)を少しの間忘れてください。自分に正直になり、前へ進むことができるか考えましょう。

最後に、自分の居場所が分からなければ、専門家に助けを求めましょう。皆にアドバイスを求めてはいけません。友達、隣人、家族ができないことをセラピストはしてくれます。状況、性格、価値観と共に、あなたにとって何が一番良いかを見出してくれます。セラピストは過保護になったり、あなたやパートナーを批判することはありません。さらに、同じような状況で、誰かを救った経験がきっとあるでしょう。