私たち誰もが必要とするサポートの源

· 2017年12月14日

困難に直面しているときにも、常にあなたのためにそばにいてくれる人がいます。 そのような人は私たちの星であり、私たちが路頭に迷っている時は、道しるべになってくれます。 私たちを導き、その場にいなくなっても私たちの側にいてくれるような気がする、そんな内なる光を持っている人たちのことです。

彼らは私たちが必要なときに私たちを守ってくれ、私たちが最も必要とするときにいつも手を貸してくれます。 私たちのためにずっとそばにいてくれます。 何かがうまくいかなければ、私たちはいつもサポートと快適さを求めて、彼らに頼ることができます。

「目が覚めたとき、恐竜はまだそこにいた」

-モンテロッソ-

私のサポートの源

すべての人が、抱えている生涯を乗り越えるためにサポートの源が必要です。 これは私たちの愛する人で構成されています。 彼らは危機の時代に私たちを安定させてくれる基盤であり、私たちが取り組みを継続するための力を与えてくれます。

絆の強い姉妹、仲間の無条件の愛、友人の揺るぎないサポート これらは、私たちが人生で必然的に経験するであろう恐怖の中で私たちを安定させるのに十分すぎるものです。

月を引っ張る二人

「私にサポートの源を与えてください。そうすれば私は世界を動かすことができるから」

-アーチメデス –

私たちは日常の困難に対処するために奮闘し努力していますが、時には挫折してしまい、私たちを弱体化させることがあります。 このように堕ちてしまうことは避けられないことです。しかし、私たちをサポートしてくれる人々は、私たちが立ちなおって前進するできるように手を差し伸べてくれます。

あなたも私に頼っていい

誰かと関係を形成するということは、少なくとも二人の人間が関わっているということです。 私たちが愛する人々と形作る関係は相互作用する傾向にあります。 一方通行路ではなく、往復ルートのような関係なのです。

トランクの上で肩を組むクマのぬいぐるみ

したがって、相互作用の関係を保っていれば、自らの道を選んだとしても、私たちはいつでも彼らを見つけることができます。 そして、彼が辛いくて私たちを必要とするとき、私たちは常にそこにいます。 なぜなら、私たちは時間によって一緒になることができない時があっても、困っている時にお互いを見つけ出すことを誓っているからです。

私たちは言葉を必要としない

あなたは無限の言葉を必要としないし、あなたの気持ちを説明するために 「大好き」と宣言する必要もないのです。 時には、他人に何かを知らせるために一番重要なものは言葉ではありません一言、ジェスチャー、またはまなざしだけで、その人がどれだけ自分にとって大切なのか伝えることが可能なのです。

瞬きする女性の目

一緒にいるときに笑いがより響き合っていること。あなたの目に悲しみや喜びがあるときを簡単にわかって上げられること。それを理解していることを伝えるジェスチャーで十分なのです。 その人があなたを探しに来て、あなたもその人が必要な時そこにいるなら、あなたは幸運なのです。