豊かな心を育む創造性

· 2017年12月23日

創造性とは、多くの人が毎日の生活で頻繁に耳にしたり、口にする言葉です。しかし実際には、この言葉が日常生活の中でどのような意味を持つか深く考えたことはありますか?

創造性とは子供や思春期の青年のための言葉だと考えられていますが、大人になると創造力を失うという考えは間違っています。

創造性は問題解決の可能性を高める

創造性は過小評価されたり間違って評価されることが多く、創造性を偉大なる天才か、頭のおかしい人が持つ能力と考えがちです。幸いにも創造性が私たちの社会に浸透し、誰でも持っている力だという認識も徐々に広がっています。創造性がまだ自分の中で目を覚ましていない人もいれば、創造性が目を覚ましている人もいます。

 

自分の持つ創造性を目覚めさせた人々の心の中、つまり精神状態は非常に豊かです。この世界では想像力が問題解決に力を発揮したり、興味深い質問への提案を生み出します。創造性のある人々は無数の選択肢と可能性、そして一つ一つの問題に直面するアプローチ方法を蓄積する力を持っています。

「理論はA点からB点へと導く。想像力はあなたをどこへでも導く。」
-アルバート・アインシュタイン-

クリエイティブになるためには柔軟であれ

創造性は「創造する」という動詞に由来します。 「創造する」と言う行動は、何か新しいものを発明したり生み出す行為です。 一般的に考えられているように、創造性は画家、芸術家、建築家、そして音楽家が独占的に所有している能力や才能ではなく、 日常生活の中で問題に直面している時に、独自の解決法を「創造」する人すべてが創造性がある人です。また、これまで誰も考えなかった主題に関して疑問を抱き、様々な質問が頭に浮かぶのも創造性のある人です。

電球と紙のボール

 

創造性のある人は、子供時代に創造性を発達させる機会に恵まれ、 子供時代の教育に参加した周りの人々が、彼らの持つ創造性を強化しました。

例えば、羊に翼をつけた子供がいるとご想像ください。 大人は羊には羽がないことを知っていますし、羊には翼がないのは事実ですが、子供が翼のある羊を描くのがそれほど問題でしょうが?あえて検閲して注意をする必要はありますか?子供の独自の表現に対して大人がどう対応するかにより、創造性が育まれるかどうかが決まります。

創造性は褒めて励ますことが大切

小児期において大切なのは、子供が創造性を生み出すプロセスそのものであり、最終的な結果ではありません。子供の芸術的な表現方法や作品を「 良い」または「悪い」と言った言葉で分類してはいけません。この行動は子供の自発性を「罰する」ことであり、創造性を放棄しろと子供に伝えたい大人の気持ちが隠れています。

子供に自由を与え、絵を描くときに想像力を駆使して描くように見守ることで、子供が持っている能力を高めながら、人生における無限の選択肢を子供が自分の力で生み出します。

子供は徐々に、自発的に想像し、素晴らしい方法で自分を表現する力を発達させます。この瞬間に子供の創造性による作品や表現を批判して制御してしまうと、創造性の発達を妨げてしまいます。例えば「羊には翼なんてないでしょう?正しく書きなさい。さあ手伝ってあげるから翼を消しなさい」などです。子供への干渉が習慣的なものになると、子供は「本物の」方法で自分自身を表現することをやめてしまいます

「創造性とは、物事を別の観点から見るために確立されたパターンの打破を含む。」
-エドワード・ボノ –

羽の生えた鹿に乗る子供

 

解決法を導く能力を強化する

創造力を育む方法を強化すれば、子供達が自分の発想に基づいた想像力を世界に向けて提供しようと表現し続けることに役立ちます。「この自由な羊さんは空を飛びたいんだね!」「羊さんが空を飛ぶのを助けてあげたなんて優しいね!」「どこに飛ぼうとしてるんだろう?」などが良い対応方法の例です。

「人間の心ほど自由なものはない。」
– デビッド・ヒューム –

これらはすべて、子供の表現をしっかりと認め、その表現方法の価値を見出して評価しています。これによって大人の目にはただ絡まっているようにしか見えない子供の無限の想像力を向上させる効果があります。

頭がおかしい人は機知に富んでいない

 

創造性のある大人に成長した人々は、子供の頃から自分を自由に表現する機会を与えられ、それが真の表現方法だと理解しながら育ちました。逆に創造性のない大人へと成長した人たちの幼児期は、表現を抑圧されて自由に表現することを認められなかった可能性が高いでしょう。

子供の頃、大人の日常生活において価値があるとされているものに価値を見出さなかった人は「狂った人も考え」だと分類されることがありますし、自分を自由に表現すると「不適切な人」だという目で見られることがあります。水をやる子供

 

私たちは自制心が報われ、賞賛される世界に生きています。創造性が生き抜くためには現代社会では自発性が必要になります。現実と接触し、間違いの原因となったとしてもそれは必要な過程です。

何が起こるかを繰り返し考えるとき、ほとんどの場合「挑戦すること」への恐怖が存在しています。何かを試みる時に失敗することへの恐怖や、自分の真の表現方法がもたらす結果を考えてしまうのは、人生における状況や特定の作業を行う時に生まれる恐怖心が原因です。

「自分が作り出していない世界に直面するとき、私たちを動かし、私たちが「気長なせっかち」になるような好奇心が存在しなければ創造性は生まれない。私たちが作る世界は、自分の行動で今より大きくなる。」
– パウロ・フレイレ –

私たちは最も想像力豊かなアイディアを表現するため、自由の中に生まれました。

創造性のある人間であることは、私たちの心の中が豊かさに満ち溢れていることを意味し、人生の階段の一段ずつが、それぞれ可能な選択肢に満ち溢れる生活を指します。豊富な情報や鮮やかな色が生み出すコントラストなどが豊富に詰まったカバンは、実は誰もが持っています。

私たちは、構造化されて密封されたような型にはまった人間として生まれるのではなく、自分が持って生まれた創造性を発達させる巨大な力を持って自由な世界に生まれます

紙飛行機で遊ぶ子供

「創造性は芸術家だけのものではない。 創造性はすべての人のためのものだ。創造力のある人々が常に新しい観点、アイディア、そして視点をもたらすおかげで、人々は自分が興味があるかどうかをのちに選択することができるのだ。」

フィリップ・スタルク

とても美しいものを作り出し、それを解き放つことを恐れる必要はありません。その結果、自分ができるとは想像さえしなかった行動を実践している自分に気づく日がやってきます。