5つの独身のタイプ

· 2017年10月16日

私達は恋愛関係を分析しがちですが、独身の場合はどうでしょうか?独身であることは私達を特徴づけたりもします。それが私達に関すること、私達がどのような人間で、どのように世界を見ており、そしてもちろん、どのように恋愛関係を見ているかを表しています。

恋愛関係に踏み切る人がいる一方で、独身でいることを決める人もいます。後者は誰からも欲しがられる人でないために一人なのだといつも信じられています。しかし、必ずしもそうだとは限りません。なぜ人が独身なのかにはいくつか理由があるかもしれないのです。

おそらく彼女は前の恋愛で苦い経験をしたので一人でいる方がずっと幸せなのでしょう。あるいは、彼女自身の自由な意志をもって一人になりたいのでしょう。

多くの人が未だに独身でいることを、故意ではないにしても不自然な状態と見ていることを覚えておきましょう。しかし、皆がこれに同意するわけではありません。

今日は、あなたもあったことのある独身の5つのタイプを発見しましょう。なぜ独身なのかには多種多様の理由があります。結局、各々が独身になる決め手となった経験を抱えているのです。

1. 苦い経験から独身でいる人

この一つ目のタイプは、苦い経験から恋愛関係を離れ気持ちを切り替えて自分自身に焦点を当てることにした人達です。新しくパートナーを持つことを考えることが拒否や疲弊の感情すら引き起こします。

通常、こうした人はとても辛い経験をしています。おそらくパートナーが不誠実であったり、無視をする人だったり、虐待するような人だったのでしょう。

こうした状況が打撃を与え、それによって苦しんだ人が傷跡を残すことは否定できません。しばしば、そうした状況は、他人と恋に落ちることに強い恐怖を覚える恋愛恐怖症の原因にもなります。

綱でがんじがらめの男性

2. 自尊心の欠如から独身でいる人

自尊心が著しく欠如している人がいます。これは感傷的な面も含めてあらゆる生活面で自分を蔑むことにつながります。こうした人は自分には愛される価値がなく、側にいる人がその価値がない自分といることで時間を無駄にしていると思うのです。

多くの場合、こうした人は相手に好きになってもらえるほど自分は魅力的ではないと信じ込んでいます。なので、自分の世話をせず他人から隠れることを選んでしまいます。この場合、彼らはシャイで未来の伴侶を拒否すらしてしまいます。

こうした態度では、自分から本当に欲しい物を奪っているだけです。この独身の形は最悪のものとみなすことができるでしょう。結局、それは彼ら自身の決断ではなく、自分自身をどう見ているかによる結果なのです。

3. 自立が欲しいために独身でいる人

自立していることが大好きな独身の人は、自分を相手に縛り留めておくような強くて真剣な絆から解放されている状態が好きです。彼らは自分の空間を保つことが大好きなのです。これには1人で所有する家、車、時間の他に、誰にも報告しなくていい気軽さや、恋愛関係による義務がないことが含まれます。

海辺の青いドレスの女性

しかし、このタイプの独身の人はこの自立の必要性の結果、2つの異なるサブカテゴリーに分けることができます。

  • 自給自足タイプ: このタイプの人は自分には自立心があると思っており、他人から自分とは異なる物などを与えてもらう必要がない人です。そのため、パートナーを持つという考え自体に無関心です。こうした人は通常多くの時間を一人で過ごしますが、そうしたいから過ごしているだけです。彼らの習慣はあまりに独立していて恋愛関係の考えとは矛盾します。
  • 孤立タイプ: これは前述のタイプの1部とも言えます。しかし、この場合は、一人でいることが好きではありません。このタイプの独身は、とても複雑ではありますが、この原動力を捨てたいと思っています。彼らは長い間ずっと孤立してきたため、相手と関わるのに必要な社交スキルが欠けています。

4. 自分のイデオロギーに忠誠なために独身でいる人

人によってはイデオロギーを掲げており、このせいで独身になっています。これは一般に世界や恋愛関係について彼らが抱いているヴィジョンと大いに関係します。こうしたものの全てが恋愛に条件を付けることになります。

例えば、宗教はとても強いイデオロギーです。時に、宗教はふさわしい人が見つかるまで独身になるきっかけとなります。パートナーは恋愛について同じヴィジョンを共有しているべきであることから、これは頻繁にかなり難しい探索の旅となります。

冠をかぶった男性

差異が生じた場合、彼らはイデオロギーによるプレッシャーと本当に欲する物との間で苦しむでしょう。こうした理由で独身にいる人には不安、心配、ストレスが間違いなく浮上してくることでしょう。

5. 悲観的な独身者

最後のタイプの独身がこれです。恋愛の世界は暗く淀んだものであると捉えている悲観的な独身者です。だからと言って、彼らは恋愛を楽しまないわけではありません。しかし、彼らは往々にして恋愛は何も提供してくれないと信じているのです。

彼らは感じる快楽の全てと利益の全ては単なる所信だと信じ込んでいます。しかしながら、少し距離を置いて見ると、恋愛は「くだらない」のです。

悲観的な独身者は、本当に自分を補ってくれる人なんて絶対に見つからないと信じている人であったりもします。こうした人はより冷めている一方で、恋愛となると自分には希望はないというひどい重圧と気持ちと共に生きているのです。

猫耳の女性と猫

総括的に、自分の経験や所信、そして世界観が自身の恋愛に大きく影響を及ぼしていることが強調できると言えます。もちろん、独身でいることは、自尊心の欠如を意味しない限り、悪い事ではありません。

独身でいることは全く妥当な選択です。更に言えば、多くの人は他人に頼ることを回避するために独りでいることを学ぶべきでしょう。そうすることで、自分独りで時間を過ごすことを学び、自分を知り、自分に頼ることができます。

これら以外にも他に独身タイプがあると思いますか?