「愛してる」を伝える方法は無限にある

2018年2月5日 in 感情 0 シェア済み
砂の中のハート

愛してるよ。このシンプルな言葉は、言うのが意外と難しいものです。しかし、これは様々な方法で表すことができます。ハグ、お互いの心配をする、相手のお気に入りの料理を作る、自分の好きではない映画を一緒に見るなど。つまり、「愛してるよ」はハグであり、沈黙であり、相手の話を聞いていることを示す質問であり、愛する人がいっぱいいっぱいの時差し出す手でもあります。

この感情は、言葉だけでなく行動で示すことができます。しかし、言語を使うことでしか「話す」ことができないとわたしたちは思いがちです。それは正しくありません。相手の人の姿勢に注意すれば、その人がどのように感じているか気づくことができるからです。言葉を使わずに、「愛してるよ」と伝える方法は無限にあります。

「愛しているよ」に示唆されていること

新しい恋愛をしていて過去に何度か恋愛の壁にぶち当たったことがあるとき、自分の本当の感情をさらけ出すまでには時間が掛かります。シャイな「好き」から始まり、本当に気持ちがはっきりした時に「愛してる」と伝えます。

雲のカップル

この言葉を発すると無防備、敏感、「陳腐」になったような感覚にさらされます。また、 自分の感情を表すことで、相手も同じ気持ちであると言わせているように感じてしまいます。そのため、ハッキリとした言葉がない状態が数日、数週間、時には数か月続きます。

それぞれが「愛してる」と口にするまでの独自のペースを持っていますが、この言葉は愛情表現以上のものを含んでいます。それは献身の証です。それが、わたしたちがとりたくない賭けやステップだであることもあります。

言葉を使わずに「愛してる」という方法

わたしたちは石でできているわけではありません。こころのない感情を持たないロボットではありません。でも、言葉と感情を表現することは全く別の問題です。 パートナーに、親に、友達に、祖父母に愛していることを伝えるには「魔法の言葉」を言うしかないと思っているかもしれません。

しかし、愛情、愛、思いやりを見せる方法は無限にあります。それは他人に対する姿勢です。どのように相手を心配するか、どのように大丈夫になってほしいかなどです。毎日の行動は、大げさに「愛してる」と言い続けるよりもわたしたちの感じていることを表現してくれます。

ハートがいっぱいの朝食

「今日はどうだった?」「気を付けて運転してね。」「上着を忘れないでね。」「あなたの好きなレシピでラザニアをつくったの。」「映画はあなたが選んで。」「よく寝れた?」「子どもはわたしが面倒見るね。」「ベッドに寝てて。朝ご飯を持ってくるね。」「そのシャツよく似合ってる。」「あなたが好きなクッキーを買ってきたの。」「車で送ろうか?」「よくやったね!」「夕食おいしいよ。」リストは永遠に続けられます。

相手のことを考えると表すことがどれだけ簡単かわかりましたか?恐怖や偏見から繰り返し言う「愛してるよ」より、行動にはもっと価値があります。「一枚の絵は一千語に匹敵する」ということわざを聞いたことがあるかと思います。わたしたちが言えるのは、「思いやりのある姿勢は、愛しているという言葉やその言葉を映し出す行動が伴ったときさらに力を発揮する」ということです。

「好きだよ」VS「愛してるよ」

たくさんの人は、「好きだよ」というのは「愛してるよ」と言うまでのステップだと言います。一方で、「好きだよ」は所有物のようなニュアンスがあることを示唆しており、後者は自分自身を委ねる意味を含んている、というひともいます。いずれにせよ、唯一確かなのは私たちの気持ちを表現しているということです。

カップル

素晴らしくて、ユニークで、不思議なこの言葉を口にするのに、恥ずかしかったり、自意識過剰になったりしないでください。あなたはハッピーな気持ちになれるはずです。相手の人もハッピーになります。また、「言葉は風に弱い」ということも覚えていておいてください。この言葉が恋愛関係の基礎を築くためには、行動によってバックアップされなければなりません。

「さびしかったよ。」「大事にね。」「おやすみ。」「君のこと考えてた。」「ごはんオーブンにはいってるよ。」「家に帰ったら教えてね。」「傘持ってってね。」「コーヒーいる?」あなたは今日、どんな方法で愛を伝えますか

あなたへおすすめ