愛とノスタルジーを感じる映画3選

· 2017年12月29日

恋愛関係の中には、すでに二人の関係が終わっているにもかかわらず、人生に大きな影響と強い印象を残すものがあり、恋愛で体験した感情は、ノスタルジーと呼ばれる懐かしさとして私たちの記憶に永遠に残ります。無意識のうちにこの記憶は、その後の恋愛関係において同じような失敗を避ける効果を発揮することもあります

多くの映画は懐かしさを反映しており、画面に表示される物語を通じて私たちは眠っていた感覚を呼び起こします。外見、感情の爆発、そして嘆きと言った特定の「鍵」を通じて、行動心理学者が「ノスタルジックノード」と呼ぶ私たちの行動を活性化させます。

本記事では、美しく、そして同時に痛みを伴う懐かしさを誘う3つの映画をご紹介します。

イングリッシュ・ペイシェント

恋愛映画には喜びに満ち、そしてシンプルで明るい内容のものがある反面、妥協を許さない、最も情熱的で毒のある愛を刺激的に描く、ナイフが心に刺さるような影響を与えるものがあります。

イングリッシュ・ペイシェントもその一つで、伝統を裏切った二人の恋人の隠れた恋愛を描いています。

ミステリーの不確かさの中に身を任せる、情熱的な内容です。

「愛は幻想であり、心の中で作り出す物語であり、神事ではないことを常に知っているものだ。だからその幻想を壊さないように常に大切にするのだ。」ヴァージニア・ウルフ

イングリッシュペイシェント

 

この映画の中では悲劇的な愛が描かれており、独自の情熱と運命が砂漠という設定を通じて燃え上がります。主人公の男性は砂漠の飛行機事故で全身にやけどを負い、記憶の大半を失った状態で野戦病院に運び込まれます。

映画内で使用される音楽や洞窟の暗闇も、シンプルながら映画に大きな効果を与えています。また光に照らされた状態は、彼が抱える影の多い過去を表現しています。愛により彼は痛みから救われ、真の美しさを経験したことを確信しながら、死に直面した時に自分が「安全」だと感じます。

ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイスなしに、ノスタルジーを誘う恋愛映画について語ることはできません。最も美しくノスタルジックな映画であるニュー・シネマ・パラダイスは、私たちの子供時代を思い出させます。美しい地方の景色とイタリア音楽とともに、トトとエレナという若者の最も純粋で無垢な愛を描くこの映画は、美しさと悲しみを兼ね備えています。この映画は甘い場面だけが描くのではなく、ずっと愛していた初恋の相手に傷つけられる様子も描かれています。

最後のシーンは隠喩(メタファー)として描かれており、映画の中のキスには美しさがありますが、笑いの中に隠されたメッセージも存在します。また主人公の人生において幸福の対価として現れているのも印象的に描かれています。

マディソン郡の橋

初恋が誰かの人生の記憶に一生残るとしたら、情熱を感じることなくパートナーと生きる成熟した愛との違いに気づいた瞬間、初恋の思い出にノスタルジーを感じるでしょう。

主人公の女性は、恋をした相手と出会ってから、自分が若い頃、目の前に広がっていたチャンスや可能性を思い出し、自分が社会的な慣習や責任から離れていると実感します。マディソン郡の橋は、安定した人生を送る女性の生活において、女性の本能がどう影響を及ぼすのかを描いた魅力的な物語です。

「世界中でただ一人」の男性に向き合う時、女性が人生のシンプルさを感じると同時に、その無意味を感じます。世界を旅する男性と平凡な主婦の4日間を中心に描かれます。

この映画は男女の不合理さを反映した映画であり、お互いを心から愛していない人、本当の愛を見つけた人、愛する人と別れた人などすべての人におすすめの映画です。